移転先でもアノ名店の味!博多ラーメン 赤のれん節ちゃん 天神本店

hakata-akanoren-ramen085-03-icon

福岡の中心街、天神。
その天神の西通り付近に赤のれん節ちゃんラーメンはあります。

スポンサーリンク

元祖赤のれん節ちゃんラーメン@天神本店

元祖赤のれん節ちゃんラーメン@天神本店のお店の外観

岩田屋とかがある天神西通りから一本入ったところにあり、西鉄グランドホテルの一本裏通り。
天神の中心地から歩いて3分くらいで、アクセスも良好な場所だ。

天神西通り、岩田屋Z-SODEの近く

西鉄グランドホテルの一本裏の道。西通りからつるやゴルフの過度を曲がる

店頭の看板には「創業昭和21年 元祖 赤のれん 節ちゃんラーメン 三代目」とかかれてる。

以前のお店に行く博多大丸前の交差点

移転前のお店の跡地は更地になって100円パーキングになってる

以前は渡辺通りに近い大丸のスグ近くにあったのだが、いつのまにやら移転されてるみたい。
前のお店のあったところは、更地になって100円パーキングになっとるなぁ。。(浦島太郎状態。。)

店頭には立看板にかかれたメニューが出されてるので明朗会計。安心して入店可能だ。

赤のれん節ちゃんラーメンの店頭の赤いのれん

まずは赤いノレンをくぐり、入店だ。

店内は奥に長く伸びてて、けっこう広い。

けっこう広めの店内

厨房に面したカウンター席、相席必至の大きな長テーブル席、そして4人がけのテーブル席の構成だ。
以前の大丸の近くのお店に比べ若干オサレな感じになってて、若者の街「天神西通り」ということを考えるとこうなるのかなぁ。

まずはノドが乾いたのでビールをば。

キンキンに冷えたグラスでビールを頂きます。

明るい時間の昼飲みは効くねぇ〜!くぅ〜♪

スポンサーリンク

メニュー

ラーメン、ラーメンセット、麺類、定食のメニュー
  • ラーメン並550円 大680円
  • ちゃんぽん 650円
  • 皿うどん柔麺 650円
  • 焼めし 550円
  • 餃子 400円

などなどのラインナップ。

メニューの中からビールのツマミに合いそうな「ニラレバー炒め」をお願いしてみた。

焼めし、中華単品、ドリンクメニュー

赤のれん節ちゃんは、基本ラーメン屋なんだけど、中華系の一品料理や定食、アルコールなんかも充実していて、ラーメン屋飲みとしても使えるのだ。

店内に書かれてる日替わりオススメメニューと定休日の案内

まずはニラレバーが供された。

ニラレバー炒め

ニラレバー炒め

楕円の皿に盛られたニラレバ炒め。
大きく切られたレバーが結構な量で入ってて、見た目にも満足感が高い。

まずは一口頂いてみた。

レバーがゴロッと入ったレバニラ炒め

うほほっ!うまい!
レバーの濃厚な旨味が口いっぱいに広がる。
軽く衣を付けてタレと絡めてあり、タレの旨味がレバーの衣に染み渡っとる。

タレは甘辛く濃い目な感じで、ビールや白飯との相性が良さそうな味わい。
シャキシャキの野菜は、もやしが中心で、ニラの濃厚な香りも漂うなぁ。

瓶ビールとレバニラ

うーん!ビールにニラレバ。最高のコラボレーションやなぁ。うまい

ニラレバでビールが進んでしまい、ハイボールをオーダーだ♪

ハイボール

ハイボール

濃い目のアルコールがいい感じに酔わせてくれるなぁ。。ハイボール飲んでウェーイ♪ちがう、キリンだ。。。

卓上調味料と紅ショウガ

店内は15時すぎなのだが、ランチタイムを過ぎてるのに続々とお客さんが詰めかけてる。

ほとんどの方がラーメンかラーメン定食をオーダーされてて、赤のれん節ちゃんの人気の高さがうかがえる。(ちなみに昼飲みしてるのは、ワタクシのみ。。。スイマセン。)

ニラレバでチョイお腹もふくれたので、シメのラーメンをお願いしてみた。麺の硬さはカタで!
3分ほどでラーメンが供された。

ラーメン

ラーメン

うっすらと脂の浮いたスープは、なんともウマそうな色合いだ。

ラーメンのスープをレンゲですくってみた

一口スープをすすると、やはり昔ながらの赤のれんの味。うまい。

豚骨の芯がクッキリ立ってて濃厚。
豚骨は効いてるんだけど、豚骨くささは若干抑え気味かな。

博多極細ストレートの平打ち麺

麺は博多極細ストレート麺。
平打ちになってるストレート麺は、普通の博多ラーメンのような粉っぽさが抑えめで、カタメンでもチュルチュルと啜れるなぁ。

トッピングはチャーシューとメンマが少々。

とろりんチャーシュー

脂のノリがいいチャーシューは、ぱさつき感がほとんどなく、てろんと食べれる一品。
このチャーシューならチャーシュメンも一度は試してみたいなぁ。

メンマはフツーに細切りのメンマ。
なんとなく、スープと麺のインパクトから、メンマの存在感はうすいなぁ。

赤のれんのラーメン丼。底には豚骨の髄が溜ってる

そして最後はスープを完飲。
ラーメン丼の底には、濃厚な豚骨の証、豚骨の髄が残っとうよ♪

卓上の取り放題の紅ショウガ

食べてみると、

相変わらず安定感のある博多ラーメン「赤のれん節ちゃん」。
今回はニラレバ呑み&シメラーメンで行ってみたが、まさに食べても良し、呑んでも良し、啜っても良しの三拍子揃った感じで大大満足。

博多ラーメンの赤ちょうちん

なんだか移転前のお店のアノ味と変わらず、ホッとひと安心。やっぱりこのラーメン食べると「福岡に来たなぁ♪」と思えるラーメンだった。

今回おやつタイムの時間帯に、のんべんだらりと呑みながら訪問したのだが、サラリーマンの方や学生さんなどのお客さんが続々入店していて、みなさんラーメンを啜られてた。お昼時をすぎてもラーメンを食べる。なんだか福岡のラーメン屋の姿を久々に見た気がした。

福岡でラーメンというと、主食でもあるが、おやつでもある。
「腹が減ったらラーメンやろ!安いし!足りんかったら替玉!」これが、福岡のラーメン感やと思う。

若かりし頃は、腹をすかせてはラーメン食べて替玉して、ランチに、オヤツに、飲んだあとのシメに、赤のれん節ちゃんにもホント世話になったもんだ。

創業昭和21年で福岡の地で70年近く伝統のラーメンを提供し続けてる「赤のれん節ちゃん」。
これからも地元で愛される博多ラーメンとして、移転先でも頑張ってもらいたいなぁ。

旧店舗近くの三越のある渡辺通りと国体道路の交差点

ラーメン気分の時はまたお邪魔したいなぁ。

次回は久々にチャーハンとセットになったラーメン定食を食べてみたいなぁ。

近くの警固神社

ご馳走様でした〜♪

店名:元祖赤のれん 節ちゃんラーメン 天神本店
TEL:092-741-0267
住所:福岡県福岡市中央区大名2-6-4
最寄駅:西鉄福岡(天神)駅 地下鉄天神駅
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:不定休(基本的には火曜日、火曜日が祝日の時は翌日に振替みたい。※要確認)

スポンサーリンク
hakata-akanoren-ramen085-03-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!