東京駅でカレー290円!ハイジにも教えたくなるカレーの名店!アルプス

R0001346df-icon

東京駅の八重洲口から直通の八重洲地下街。通称ヤエチカ。
そのヤエチカの割と大丸に近いところに「カレーショップ アルプス」さんはあります。

スポンサーリンク

カレーショップ アルプス@東京駅八重洲地下街

カレーショツプ アルプス@東京駅八重洲地下街

外観は赤と黄色を貴重としたメニュー内容が貼りだされてて、かなり目立ってる。

写真付きメニューとBIGマンデー500円のチラシ4連発

アルプスさんの周りには飲食店が割と多いのだが、角地に位置するアルプスさんは独特の安いぜオーラを放ってる。

東京駅というと、日本全国の美味しいものが一同に集い、だいたい何でも揃ってるビッグステーションなのだが、どこで食べても割と値が張る=高い。

そんな中、こちらのカレーショップアルプスさんは、お手頃価格でサクっとカレーをかきこめる、カレー専門店だ。

スポンサーリンク

メニュー

店頭には写真付きのメニューや券売機が置かれてるので明朗会計。安心して入店可能だ。

店頭の券売機メニュー
  • ポークカレー 400円
  • カツカレー 470円
  • 野菜カレー 470円

などなどの基本ラインナップ。今回新しく発見したのは「ぽてハム」カレーで、なにやら「ボリュームあります」の文字が輝いてる。

その他、BIGカレーシリーズは通常570円で、

  • チキンカツ
  • カツ
  • ハンバーグ
  • とんチキ

から選択可能だ。訪問した日は月曜日で「BIGマンデー」と称してBIGシリーズがお得に500円で頂けるようだ。

券売機が2台並んだ上には、これでもかと言わんばかりのBIGマンデーチラシ4連発 BIGマンデーの赤いポスター4連発

券売機の上には、これでもかと言わんばかりの「BIGマンデー」の文字がペタペタと貼ってある。「大事なことなんで4回言いました」とでも言わんばかりで、夢にも出てきそうな勢いだ。。w

タイムサービス290円の店頭のノボリ

お店の前には「えっ!?東京駅でこの価格??? タイムサービス290円」とデカデカと貼りだされてる。独特のオーラの原因はコレざますねぇ~♪

よく見ると「厳選3種カレー、コロッケカレー、チキンカレー、チーズカレー」が290円で頂けるようだ。

ただのプレーンなカレーが300円以下なら分からなくもないが、トッピング付きのカレーが東京駅で290円かよっ!マジで壮絶に安い!

前回食べた280円時代のコロッケカレー

以前にも280円時代にコロッケカレーを頂いたのだが、300円以下とは思えぬパフォーマンスに驚いたのは記憶にあたらしい。

消費税が5%から8%に上がったが、それでも280円時代のコロッケカレーから10円アップの290円はスバラシすぎるとしか言い様がない。

つい押してしまうタイムサービスの券売機のボタン

月曜日BIGマンデーのデカイカツカレーにもトキメクが、いちど290円の文字を見てしまうとBIGマンデーの500円がむしろ高く感じてしまう。。。

くぅ〜っ!東京駅でカレーが290円でいいんですか?いーんです。。むむむ!

いてもたってもいられず、タイムサービス290円のボタンをポチッとな!(テイクアウトの窓口で1万円両替したのに、コノ有り様。。たまりませんね〜)

食券を握りしめ、イザ店内へ。

店内のカレー受け渡し口カウンター

店内は、食券を渡し、受け渡しのカウンターからカレーを受け取り、自分て席で食べるセルフ方式。

まずはタイムサービスと書かれた食券を渡す。このときにコロッケ、チキン、チーズを宣告する。今回は「チキンカレー」をば。。

トレーと先割れスプーンか標準スプーンかを選択し、カレーを受け取る。

先割れスプーンは、昭和給食もしくは大衆食堂の証♪ステキすぎるぜ!

ムダなサービスは一切ないが、イサギヨイ価格からするとむしろサービスのなさが心地よく感じてしまう。東京駅でワンコイン以下、300円以下のカレーに過剰なサービスは不要だ。

店内は全てカウンター席。椅子はある。

そして開いてる席でカレーを頂いてみた。

チキンカレー290円@タイムサービス

タイムサービス290円のチキンカレー

おおお~!
楕円皿に盛られたチキンカレー。先割れスプーンのビジュアルが何ともタマランですYo〜!

チキンがゴロリと入ってるのが見た目にも分かる。

まずはカレーとライスを絡めて頂いてみた。

トロッとしたカレールーにはチキンが入ってる

カレーは若干とろみのある感じで、初めは辛味が全然感じないのだが、徐々に辛さが効いてくる。

辛いのは辛いのだが、インド風とかスパイシーとかではなく、ピリピリと舌先からノドの奥を刺激する辛さ。

一口サイズのチキンをスプーンですくってみた

カレーの中には一口サイズのチキンが3個ほど入ってる。
シッカリ噛みごたえのあるタイプで、ササミ的ヘルシーチキン、バッサリという感じ。

カレーに入ってる大きめのチキンをスプーンですくってみた

鶏肉が入ってた感はしっかり実感できる、チキンがキチント入ってる感じだ。うまい&安い!

本格派のカレーではないが、これはまさしく「THE和製スタンドカレー」と名付けたい味わい。ウマイ!

なんというか、唐辛子系なのか塩系なのか。。キリリと来るオトナの辛さというインパクト。
「さわやかな大人の辛さ」という言葉がピッタリのカレーだ。ハァ~!!(千葉真一風)

カウンター上の調味料類とナフキン

店内はタイムサービス290円派と、月曜BIGマンデー500円派のお客さんが半々ぐらいなのだが、明らかにBIGマンデー派の器が大きく、ドヤ顔な感じで勝ち誇られてる感じだ。マジ器デカクテ、ウラヤマシイ♥

タイムサービス派は一回り小さい皿なのだが、みなさん満足度がかなり高いようだ。サラリーマンの方もいれば自由業的な方、旅行かばんを持ってる人もいる。

カウンター前の消しガラス越しの店内

タイムサービス時間は15時~19時までなのだが、今回訪問したのがジャスト15時チョイすぎ。

大人でも子供でもオヤツタイムなはずの時間帯なのに、店内は満席状態でみなさんタイムサービスのカレーをガッツリ食らってる。

しかも半数がタイムサービスカレーという、まさにタイムサービス狙い撃ち状態で食らってる方が多い。アルプスさん的には、まさにリンダ困っちゃう状態だろう。

卓上に置かれた自然な色合いの福神漬け

そして、卓上に置かれた福神漬けで味変しながらカレーを頂く。

福神漬は真っ赤な毒々しい色合いではなく、やさしい自然な色合い。

カレーの上にタップリ盛った福神漬け

アルプスさんの価格破壊力の勢いからするとドギツイ赤の福神漬けが合いそうだが、やはり体に良い物をという心遣いが福神漬けにも現れてるのか。。

価格は超安いのだが、こうゆう見えない部分での健康を気遣う感じが何ともウレシイなぁ。。

ライスはやや少なめなので、大盛り派は追加が必須

ライスはカレーにふさわしい、ちょい固めの炊き加減。
国産米使用との表記もあり、カレールーとの相性もナカナカイイカンジだ。

290円のタイムサービス品だからかもしれないが、フツー盛りだとライスが若干少なく感じた。

大盛り100円、特盛り200円もオプションであるので、お腹の空き具合に合わせてチョイスするのもよさそうだ。

ベースのカレーは290円なので、大盛り追加でもノープロブレムだろう。

チキンカレー290円@タイムサービス

食べてみると、

東京駅という人種のるつぼで、「早い、安い、うまい」の三拍子そろったカレーを提供するアルプスさん。

旅路派も、ビジネス派も納得のスタンドカレー「アルプス」さん。

まさに東京駅という日本の中心から日本経済を支えてるといっても過言ではないカレー専門店やと思う。

ガッツリいこうBIGマンデーと書かれた店頭のノボリ

特筆すべきは、そのカレーのお安いお値段だろう。
日本の中枢たる東京駅というロケーションで、カレーがだいたいワンコイン500円前後。運が良ければタイムサービス290円。安い。

しかも税込みなのだから、マジ胸キュンモードだ。
安すぎて「ここは学食かよ!」とマジ目を疑う価格に大満足だ!

さらに、何も乗っかってないノーマルなカレーでなく、コロッケ、チキン、チーズの中から選べるトッピングありきで、290円だろぅ。

「えっ!東京駅でこの価格!タイムサービス290円」と書かれたノボリ

もうマジでアルプスの少女ハイジに教えてあげたいぐらいやし、ウマウマで超安いカレーに大満足!
なんでこんなに安いのか、お爺さんに教えてほしいくらいだぜ〜♪

東京駅でカレー気分の時は、またおじゃましたいな。

月曜日のBIGマンデーのカレーのサンプル。

次回は新メニューの「ぽてハム」カレーを食べてみたいなぁ。なんやねん「ぽてハム」って。。

ご馳走様でした〜♪

店名:カレーショップ アルプス
TEL:03-3274-4002
住所:東京都中央区八重洲地下街北1号 八重洲地下街 オレンジロード
最寄駅:東京駅(八重洲口地下街、通称ヤエチカ内)
営業時間:10:00~21:30,土日祝10:00~21:00(タイムサービス的なカレーは15:00〜19:00)
定休日;無休(※要確認)

スポンサーリンク
R0001346df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!