大盛りカツカレー600円!スタンドカレーの名店!上野クラウンエース

crown-ueno-katsucurry2669-icon

上野駅からアメ横方面に歩くこと1分ぐらい。
ちょうどJRガード下のユニクロの真裏に「クラウンエース」さんはあります。

スポンサーリンク

カレー専門店 クラウンエース@上野アメ横

カレー専門店クラウンエースの外観

お店の前にはカレー屋らしく黄色い看板が出てるのでスグにわかりますね。

クラウンエースの裏側からののお店の外観

ガード下に位置するクラウンエースさんの入口は2つあり、キャラクターショップのヤマシロヤ側と反対側の細い道からもアクセス可能だ。

店頭のカレーのサンプルケース

なんとも歴史を感じる佇まいで、店頭のサンプルケースがレトロ感アリアリだ。
オレンジジュースのサンプルが、瓶入りのHI-Cなのがなんともノスタルジーさを醸し出してる。

まずは店内に入ると食券を購入します。

スポンサーリンク

メニュー

券売機メニュー
  • チキンカレー 400円
  • ポークカレー 400円
  • ビーフカレー 450円
  • カツカレー 500円
  • 大盛りカツカレー 600円

などなどのラインナップ。安い。壮絶に安い!

キホンと思われるビーフカレーが450円と、ワンコインでもお釣りが来るウレシイ価格設定だ。

大盛り設定してあるボタンもあるが、別途大盛券ボタンもあるので、組み合わせて購入も可能。間違ってフツー盛りを押しても、後から大盛り追加救済もOK!

トッピングなんかも準備されてて、
生卵、チーズ、コーン、フランクフルト、あさり、などから選択可能だ。

以前訪問した時はカツカレー普通盛り500円だったので、今回は大盛り感を確かめるべく、カツカレー大盛り600円をポチッと押してみた。

カレー専門店クラウンエースの黄色い看板

たしか、以前訪問したときは8%増税前に訪問したのだが、あの時と全く価格が変わっていない。なんか企業努力の賜物のスペシャルサービス価格としか言い様がないなぁ。
マジ安い!。。

店内は厨房を置くに構える感じで、カウンター席のみでコの字よりも更に長く伸びるカウンターのみ。

テーブルの上に置かれたスプーンとお冷

開いている席には、紙ナフキンにスプーンが置かれてる。
着席すると食券と引き換えにお冷が供される。

椅子は丸椅子になってるんだけど、完全固定式で動かない。
隣に体格のイイ方が座ると、肩同士が当たりそうな勢いだ。

JRガード下にあるクラウンエースの渋い外観

時が止まったかのような昔ながらの空気が流れる店内。
ガード下ながらの電車の通り過ぎるたびに聞こえる線路の重低音。

かかってるBGMもナカナカ哀愁があり、欧陽菲菲のラブイズオーバーとか今井美樹のプライドとか、80年〜90年なのか、懐かしいというジャンルなんだけど、曲に一貫性がないなぁ。おそらく有線のそういうチャンネルだろう。

そしてオーダーから3分ほどで、カツカレー大盛りが供された。

カツカレー大盛り

クラウンエースのカツカレー大盛り@600円

おおおお〜!

こんがりキツネ色に揚がったカツの上から、若干黒ずんだカレールーがかかってる。

以前食べたノーマルサイズの皿より一回り大きい。
ごはんの量も見た目で分かるほどの多さだ。

まずはカレーを一口頂いてみた。

キツネ色に揚げられたカツ

若干トロリとしたカレールーで、辛さは比較的抑えめ。
食べるにつれ少しづつ辛さが増してくる。でも辛すぎることはない。中辛より若干マイルドかな。

大盛りの皿の割に意外と大きいカツ

キツネ糸に揚がったカツは、カレーがかかると衣がシンナリと剥がれてしまうデリケートなカツだ。

カツ自体も薄めで衣と合わせて1センチあるかないかぐらい。

カレールーでカツの衣をしんなりさせ、ライスと共にかき込むとコレがナカナカうまい。

クタウンエースのカツカレー大盛り

豚肉独特の香りと衣に残るラードの香り。
そこに辛さ抑えめのカレールーが絡んで、イイ味わいや。

今回発見したのだが、カツの大きさが以前に比べ若干大きくなってる気がした。正確に言うと面積。
日によってブレがあるのかもしれないが、なんだかウレシイなぁ♥厚みはいつもどおりやけど。。

肉は薄いが、衣にカレーを絡めることで絶品化するカツ

ライスはカレー専門店らしく、若干硬めの炊き加減。
とろりとしたカレールーともバッチリ合う感じだ。

大盛りになってるライスに対して、カレールーが若干足りない感じなので、ルー多めでシャバシャバ食べる派には注意が必要だ。まぁでも少なすぎることはないので、最後のほうで微調整やね。

卓上の福神漬とらっきょう

卓上にはカレーのお供の必須アイテム、福神漬とラッキョウが置かれてる。

福神漬は真っ赤なタイプでなく、自然な色合いの福神漬だ。
らっきょうは若干小ぶりだが、カレーの箸休めとして美味しく頂ける。

福神漬けとキューリのキューちゃんミジン切りの席もある

座る場所によっては、福神漬+ラッキョウだったり、福神漬+キュウリのキューちゃんのミジン切り、だったりするので、着席時には注意が必要だ。

なんとなく両方手が届くところに座るのが良さそうやな。

そして最後は福神漬けとラッキョウを楽しみながら、カレーを完食だ。

以前食べたフツー盛りのカツカレーに比べ、食べ応えはカナリ高く、食べ盛り男女の胃袋を満たしてくれるのは間違いないだろう。しかも600円なのだから♪

カレー専門店クラウンエースの裏路地の外観

食べてみると、

わりとマイルドなカレーを提供してくれるクラウンエースさん。

カレー屋として、スパイスが効いてるとかインド風とか、抜きん出た特徴があるわけではないが、やさしい辛さの昔懐かしいカレーの味わい。時が止まったかのようなレトロな店内。

この空間で食べるカレーこそが、クラウンエースさんのカレーの醍醐味なんだと、勝手に思ったりした。

レトロ感溢れるサンプルケースの瓶入りHI-Cオレンジ

特筆すべきは、そのお値段だろう。
キホンのビーフカレーだと450円。カツを乗っけても500円。安い。
ポークカレー、チキンカレーに至っては400円だ。

そして、昔ながらの変わらない雰囲気と価格。

時代の流れにとらわれることなく、昔ながらの店内で昔と変わらぬカレーを提供し続けるクラウンエースさん。

安くてウマイというジャンルで捉えるなら、まさに上野B級グルメの王道と言っても過言ではないだろう。

提供時間や価格帯を考えると、忙しいサラリーマンにはもってこいのカレーやと思うし、レトロ感が好きな方には最高のカレータイムになること間違いなしだ。

上野でカレー気分の時は、またお邪魔したい。

次回はキーマ風カレーを食べてみたいな♪サンプルケースにないし無性に気になる。
ご馳走様でした〜♪

店名:カレー専門店 クラウンエース 上野店
TEL:03-3831-6721
住所:東京都台東区上野6-12-11
最寄駅:上野駅
営業時間:10:30~21:30
定休日:不定休(※要確認)

スポンサーリンク
crown-ueno-katsucurry2669-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!