カレーハウスデリー(溝の口/カレー、定食)歴史の詰まったカツカレー

溝の口の西口から歩くこと1分ぐらい。
東急田園都市線の並びに「カレーハウス デリー」はありました。
ちょうど南武線脇のディープな立ち飲み屋地帯が近くにあるところですね。


カレーハウス デリー@溝の口

外観は赤いテントに「カレーライス 定食 カレーハウス デリー」と書かれてますね。


▲店頭のメニュー

店頭にはメニュー内容が書かれてますので明朗会計で安心して入店できますね、

店内は厨房に面したカウンター席と、壁に向かったカウンター席。
「カレーハウス」という店名から、スタンドカレー店のような感じかと思ったが、店内はまさに定食屋という感じだ。
どの席に座っても、壁に向かって食べる感じなので、一人メシにはいいかも。


▲店内のメニュー

まずはメニューを見てみました。

基本のカレーライス 600円
カツカレー 780円
エビフライカレー 780円
カキフライカレー 680円

などなどのトッピングで分類されたカレーが揃ってます。
単品トッピングも150円ぐらいで設定があるので、自分好みのオリジナルカレーなんてのも選べそうだ。

定食メニューもあり、
生姜焼定食 850円
鶏唐揚げ定食 950円
カレー類の価格からすると定食だとチョト高い気がするなぁ。

まずは初訪問なのでトッピング系カレーの定番「カツカレー」をお願いしてみた。

厨房内ではオーダーを受けてからカツを揚げられてます。
揚げ置きでなく1つ1つのオーダー毎に揚げ物を揚げてくれるので、なんだか安心感がありますね。

そして10分ほどでカツカレーが供されました。


カツカレー

銀色のステンレスプレートに黒ぽいカレールー。脇にはキャベツが少量盛られてます。
どことなくゴーゴーカレーとかの金沢カレーを彷彿とさせるルックスですね♪

まずはカレーを一口頂いてみた。

おおおっ!

野菜など全てが溶け込んだカレーはドロッとして粘度が高く、しっかりとしたコクがあります。
初めは辛さは殆ど感じないが、食べ続けるとジワジワと辛さが効いてきますね〜♪

定食屋さんっぽい感じもあり、B級グルメ的な匂いもするお店だったが、これはナカナカうまいカレーです。

欧風カレーぽい感じもあり、金沢カレーぽい感じもする。
スパイスの効いたインドカレーとかの部類でもない。。
スパイシーさもソコソコあり、なんだか不思議なウマさです♪

まさしくこれは「カレーハウス デリー」ならではの、オリジナルカレーだ。

カツは一口サイズに小さめに切られていて、ライスとカレールーとカツをスプーンにのせて一緒に食べられる。
厚みはソコソコだが、しっかりとした噛みごたえのお肉。
衣にしんなりとカレーが絡んでイイカンジだ♪

揚げ色は黒っぽくなるぐらいまで揚げてあるが、スピード勝負のカレー屋なんで高速高温揚げでアリだと思う。
いや、むしろこのくらいのB級グルメっぽさもあっていいのではなかろうか。
揚げすぎ感のコクも味の一つなのかもしれない。

カレーと一緒に持ってきてもらえる福神漬は、赤々とした着色系だが、食べてみるとバサツキ感もなく意外とイケる。
よくある着色系バリバリの既成品と違い、割とアッサリでヘルシーに頂けた。

キャベツはカレーに対してはかなり少量。
なぜだかこのキャベツが金沢カレーを彷彿とさせますね〜♪

食べてみると、ドロっとしたカレールーは、まったりとしたコクがあり、後から襲ってくる辛さと相まって、不思議な感じだったがカナリ旨かった。
カツの揚げすぎ感は否めないが、むしろこのカレーなら、この揚げ過ぎ感があっているのかもしれない。

お店の雰囲気からB級グルメ的な匂いもするカレーハウスデリーさんだったが、欧風カレーでもなく、金沢カレーでもなく、インドカレーでもない、まさにデリーさんのカレー溝の口にあり、という感じだった。

店員さん曰く「40年カレー1本でやってます」と言われてたので、40年分の汗と努力の結晶がこのカツカレーに詰まってるのだと思う。

溝の口に来る時は、またおぢゃましたいと思います。
次回はオススメ品でもあった「生姜焼き定食」を食べてみたいと思う。

ご馳走様でした〜♪

店名:カレーハウスデリー
TEL:044-833-0058
住所:神奈川県川崎市高津区溝口2丁目7-3
最寄駅:東急田園都市線 溝の口
JR南武線 武蔵溝ノ口

スポンサーリンク

 関連記事