Mサイズの意味っていったい何なの!?カツカレーMで既にデカ盛り!どん八 山下町店

r0005967_mini

みなとみらい線の日本大通駅から歩くこと5分ぐらい。
横浜産業貿易センタービルの地下飲食フロアに、どん八はあります。

スポンサーリンク

どん八 山下町店@日本大通り

どん八の外観

最寄り駅だと日本大通なんだけど、元町中華街や、JRや横浜市営地下鉄の関内駅からも徒歩圏内。

産業貿易センタービルの外観

ビル自体はまさにTHEオフィスビルという感じで、2Fには横浜パスポートセンターがある、横浜の方なら知る人も多いビルだろう。横浜山下公園も目の前だ。

ビル内の案内板。2Fパスポートセンター、B1Fレストラン街と書かれてる

その地下の飲食街「ヨコハマベイス」の中に「どん八」はあります。

レストラン街の案内板

店頭のノレンには「とんかつ どん八」と書かれてて、キホンテキにはトンカツ屋のようだ。

店頭に掛けられたノレン

まずはノレンをくぐり早速入店してみた。

卓上の調味料類

店内は奥に厨房を構える形で、壁に向かったカウンター席とテーブル席が準備されてる。
雰囲気的にはトンカツ屋というよりは定食屋的なニオイがする感じだ。

まずはテーブルに置かれたメニュ ーを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

どん八のメニュー
筆頭メニューはカツカレーが一押しメニューになってて、、

  • ロースカツカレー
  • ヒレカツカレー
  • ロースカツ・ヒレカツコンビ

などなどから選択が可能。カツカレーの主賓であるカツの選択ができるあたりは、とんかつ屋らしいラインナップだ。

その他、普通のトンカツ定食のメニューもあり

  • ロースカツセット
  • ヒレカツセット
  • カツ丼セット

などなどの、とんかつ屋ならではのラインナップも揃う。

その他、チーズカレーなどもあるようだ。

お冷とおしぼり

サイズは、カツカレー、チーズカレーともにS、M、Lから、値段ステップアップ方式で選択可能。

まずは初訪問なので、筆頭メニューでありオススメ品であろう「ロースカツカレー」をお願いしてみた。サイズは中間をとってMで。。

メニューの下には注意書きが書かれ てて、「Lサイズは大盛りで量があります!!」と書かれてる。

まぁサイズ感的には中間のMだし、Lが大盛りであれば大丈夫だろうという安易な発想のもとの発注だった。。

店頭の写真付きメニューとテイクアウトお弁当の案内

店内は、サラリーマンの方がほとんどで、皆さんトンカツ定食やカツカレーを食べられてる。

営業時間的には11時~14時までの平日のみの営業で、まさにビジネスランチ専用のスタイルだ。

店頭の黄色い看板

カウンター席で隣に座った方のカツカレーSが先に供されたのだが、なかなか多めのようだ。

気になって店内で食べられてる方を観察してみたのだが、トンカツ定食かカツカレーSを食べられてる方が多いようだ。なぜかMサイズ以上を食べてる方はいない。。

そして5分ほどでトレーに乗せられたカツカレーMが供された。

カツカレーM

カツカレーMサイズ

ぬぅぅおおおお~~!! !

どこがMサイズやねん!!
と、突っ込みを入れたくなるほどのボリューム感w

顔の大きさを遥かに超える楕円皿に盛られてて、明らかにデカ盛りの領域に入ってる。

この皿の大きさはフツーの1人前用の皿ではなく、オードブルとかを盛りつけるタイプのアレだ!

カツカレーのとんかつ

脇に乗せられたトンカツの大きさが非常に小さく見えるのだが、とんかつの大きさは至ってフツーサイズ。トンカツが小さいんぢゃなく、皿がデカ過ぎてカレーが多いのだ。

カツカレーMの大皿とスプーン

皿の大きさゆえ、スプーンもデザート用のスプーンに見えるし、箸だって短く見えてしまう。。。

あきらかに「Mサイズ」がおかしいサイズ感になってるww

まずはスプーンでカレーをすくって頂いてみた。

カレーをスプーンですくってみた

若干トロミのついたルーは、辛さは抑えめの優しい味わい。どことなくオウチカレーを彷彿とさせるような、優しい味わいだ。

ルーの中には半分溶けかけてるタマネギが多めに入ってて、甘みとコクが出てナカナカうまい。

ライスは皿の中心に盛られてるのだが、カレールーが全体に満遍なくかけてあり、その姿が見えない。

カレーを横から見た高さ

皿の大きさゆえ高さが無いように見えるライスだが、横から見ると若干盛り上がってて、皿の大きさゆえの面積×高さから、かなりの量だ。

とんかつの断面

トンカツは衣がキツネ色に揚がっていて、サクッとした衣にカレールーが絡んでくる。

カレーを絡めたカツ
カツとカレーのコラボがナカナカ絶妙で、辛さ抑えめで甘みのあるカレールーに非常に合ってるカツという感じだ。

トンカツのみでも食べてみたが、ロースとはいえど脂身は少なめでナカナカヘルシーなトンカツ。

カレーとのマッチングから、もしかするとカツカレー用のロースなのかも、と思えるぐらいだ。

千切りキャベツ

皿の脇にはキャベツも盛られてて、野菜補給もバッチリだ。

カレーの多さから少なめに見えるキャベツなのだが、トンカツに付属してる量と何ら変わりないぐらい、しっかり多めに盛られてる。

大皿に盛られたカツカレーM

そしてカレーを食べ進めるのだが、食べても食べてもライスがなかなか減らない。。

半分ぐらい食べた時点で、明らかに大盛りの域は超えてしまってるし、もう満腹状態。
そのあと、8割ぐらい食べたところでスプーンの勢いが止まってしまう。。

なんやろう、コノとんでもないMサイズカツカレー。。

福神漬け

箸休めならぬスプーン休めに添えられた福神漬けも加えてみたが、やはりライスの量がハンパなく多く 、最後がかなりキツい。

小学生の頃に給食を食べるのが遅く、昼休みまで食べてた輩もいたが、今は彼らの気持ちがものすごく分かる気がする。。
カツカレーが嫌いとかではなく、ただ単に量がモノスゴイだけなのに。。

そして最後は多めに盛られた福神漬けのアシストで、なんとか完食。

食べ終えた時には、体重が増えてる自覚症状が間違いなくあり、駅までの道が非常に遠く感じた。。

どん八の箸袋

 

食べてみると、

中間サイズの「M」という基準を考え、フツーに食べられると思っていたが、明らかにデカ盛りの域に達していて、かなり満腹指数が高いカツカレーだった。。

産業貿易センタービルの入り口

隣で食べていた方のSサイズも、ナカナカボリューム感があったし、「どん八」さんでカツカレーを初めて食べるならSサイズありき!と、しかと心に刻まれた。

地下レストラン街への入り口

でも、大盛り派な方や、かなりハラペコモードならMサイズもありかも。。

レストラン街の看板

特筆すべきは、「どん八」さんのカツカレーの独自のサイズ感だ。

今回食べたMサイズは、フツーに大盛りの域を明らかに超えてて、超特盛りと称してもおかしくないレベルの盛りだった。重量の表記は無いが、茶碗めしサイズだと7杯ぐらいはあった気がした。。

山下公園から見たみなとみらいのビル群

しかも、このMサイズの上には更に多いLサイズも存在し、そして現在は販売終了となってるLLサイズ(平成28年5月31日終了とメニューに掲載)も過去にあったようだし、明らかに盛りの基準がデカ盛り店と言えるレベルだ。

大盛り上等!な方や、ハラペコでガッツリ行きたい人には、Mサイズからのスタートはアリかもしれないが、フツーに食べるのであれば、まずはSサイズを選ぶのが懸命かと思う。

どん八のノレン
ネットやSNS全盛の昨今、サイズ感などは事前に写真を見て訪問することが可能だが、どん八さんのカツカレーは、まずSサイズからステップアップしていくのが良いかと。。

かくいうワタクシも事前に写真を見てMサイズを注文したが、想定以上に量が多く、実物のMサイズは写真よりもかなりヤバいレベルの盛りであった。。。

カツカレー好きな方で大盛り派閥に属する方は、ぜひ「どん八」のカツカレーMサイズを試してみてはいかがだろうか。

横浜でカツカレー気分の時は、またお邪魔したいなぁ。
次回はヒレカツカレーの方で試してみたい。昼から動けなくなるので、サイズはSかな。。

ご馳走さまでした~!

店名:どん八 山下町店
住所:神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービルB1
最寄駅:日本大通り駅 元町中華街駅 関内駅
電話:045-671-7013
営業時間:11:00〜14:00(カレーがなくなり次第閉店)
定休日:日祭日(※要確認)

スポンサーリンク
r0005967_mini

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!