半チャーハンセットという満腹系コーデ!どさんこ大将蓬莱店(溝の口)

GR0004427df-icon3

溝の口駅から歩くこと5分ぐらい。
ポレポレ通りから一本入った飲食店が多く立ち並ぶ中に「どさんこ大将蓬莱店」はあります。

スポンサーリンク

どさんこ大将蓬莱店@溝の口

どさんこ大将蓬莱溝の口店のお店の外観

周囲は全国チェーンの飲食店や、溝の口に幅広く展開する居酒屋チェーン「タマイ系」の店が立ち並ぶ中。

わりと質素な外観で、うっかりすると見逃してしまいそうな佇まいだ。

店頭の看板には「札幌ラーメン 中華料理 蓬莱」と書かれてて、キホンテキには札幌ラーメンがウリのようだ。

外から見ると一見ラーメン屋のような感じもするが、店頭に掲げられたメニュー看板からキホンテキには中華料理店だということがわかる。

店頭に置かれた立看板。脇には野菜などの入ったダンボールが積み重なってる。

店頭には仕入れた野菜などのダンボール箱が雑然と置かれてたり、ビニール袋などがぶら下がってる。

お世辞にもきれいなお店とは言いがたい外観だが、こうゆうお店は意外と味は上々なことが多い。ハズ♪

独特の外観から入店するのにチョットためらうが、意を決して入店してみた。

店内のカウンター上。調味料と割り箸が置かれてる。

店内は厨房に面したカウンター席と奥にテーブル席が数卓あり、かなり狭いお店。

入店はお昼すぎだったが、席はホボ満席状態で、溝の口のジモティ感ある方が多く、昼飲みされてる人もチラホラ。。

まずは席に座りメニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

カウンター上のメニュー1 カウンター上のメニュー2
  • チャーハン 650円
  • 味噌ラーメン 650円
  • タンメン 700円
  • 野菜炒めライス 800円
  • 生姜焼きライス 880円

などなどのラインナップ。

タンメン、広東麺、ネギラーメンの写真付きメニュー マーボーラーメン、もやしそば、タンメンの写真付きメニュー

ラーメンなどの麺もの、チャーハンなどのご飯物、一品中華にライスを付けた定食ものなど、大衆中華定食屋としてのラインナップが凄まじく揃ってる。

しかも単品メニューの筆頭格がチャーハンなのが何とも気になる。。

お店一番人気のメニューには「キャベラ」なる変わった名前のメニューもあり、よく読んでみると「肉とキャベツの味噌炒めとライス」のようだ。キャベツとライスを合わせて「キャベラ」なのだろう。。。

ビールセットのメニュー

お得そうなビールセットなるものも準備されてて、中華をつつきながら一杯やるのも良さそう♪

メニューはカウンターの前に貼られてるが、振り返った後ろの壁の一面にも貼られてて、コレでもかと言わんばかりの数だ。

壁一面に貼られたメニュー

お店のオススメメニューやランキングなんかも貼られてて、料理を選ぶのが非常に悩ましい。。。

店頭に書かれたセットものメニュー

アレも食べたい、コレも食べたいと悩むのだが、入店するときに店頭のメニューの一番上に書かれてた「半チャーハンセット」を思い出し、早速お願いしてみた。

半チャーハン、半味噌ラーメン、餃子3個で800円というスペシャルセットのようだ。

店頭にたなびく「手作り餃子 持ち帰れます」とかかれた赤いノボリ

厨房内は割りと女性の方が多く調理されてて、女将なのか元気なお客さんへの掛け声が店内に響いてる。

他のお客さんのオーダーを聞いてると、どうもチャーハンやかた焼きそば系が人気があるようで、皆さん思い思いに食べられてる。

どうでもいいのだが「どさんこ」というと、一時期はラーメン屋としてその名を馳せた時期があるが、最近では街でもあまり見かけることがない。。。

もしかしたら、ここ溝の口の蓬莱店は「どさんこ」グループとしては貴重な存在なのかもしれない。

そんなことを考えてると、5分ぐらいでまずはラーメンが供された。キホンテキに料理はできた順から提供されるようだ。

ラーメン

味噌ラーメン

赤みを帯びた濃い目の味噌ラーメンで、もやしやコーンが大量に乗ってる。

ラーメン丼に書かれた「ザ・ラーメン」の文字が何とも印象的で、ラーメンに対するプライドみたいなものを感じる。

まずはスープを頂いてみた。

味噌ラーメンのスープをレンゲですくってみた

味噌ベースのハッキリした味わいのスープだが、脂のクドさがなくサクっと啜れるスープだ。

味噌ラーメンの細麺を箸で持ち上げてみた

麺は細めんを使ってあり、加水率多めでプリッとした食感がイイカンジだ。

野菜はもやしが中心で、シャキシャキとしていい塩梅。

ニンジンやコーンなども入ってて、セットもののラーメンとはいえ手抜きのない感じがうかがえる。

ノーマルの味噌ラーメンなのだが、バターなんかのコクがあるとヨサゲな感じだ。

そして次にチャーハンが供された。

チャーハン

チャーハン

丸くコンモリと盛られたチャーハン。半チャーハンということだが、ナカナカの量だ。

大き目の叉焼がたくさん入ってて、見た目に具材多め感がわかる。

チャーハンをレンゲですくってみた

レンゲで一口頂いてみると大衆中華のチャーハンの味わいそのもので、大衆中華の味付けとしてはあまり濃くない。

大衆中華のチャーハン独特のふわっとしたアノの香りが鼻孔をくすぐり、イイカンジにガツガツ食べられるチャーハン。

大衆中華のチャーハンだと油ギッシュな仕上がりな店も多いのだが、蓬莱さんのチャーハンは油分少なめでパラパラの仕上がり。ゆえにガシガシとかきこめるチャーハンだ。

叉焼と玉子多めのチャーハンの山

具材は叉焼、玉子、ネギとシンプルなのだが、チャーシューが割りと多めに入ってて、味付けにも一役買ってる感じだ。

ひとくち食べるごとにフワッとしたアノ味わいと、チャーシューのうまみが口に広がる。

これはもしかしないでも、チャーハン単品でもかなり満足度が高いのではないかと思われた。

そして、餃子3個が最後に到着した。(ラーメンと餃子の多さに、実は忘れかけてた。。)

餃子

大き目の餃子が3個

標準サイズの餃子よりチョイ大き目のものが3個。

ぷっくり膨れ上がったボディーを見ると、その具材の多さが見た目にもわかる。

まずは皿の脇に酢醤油+ラー油を作り頂いてみた。

酢醤油+ラー油につけた餃子

皮はモッチリとしてるが、焦げ目はあまりカリカリとせず、口当たりソフトな餃子。

具材は肉や野菜などがかなり小さくなるまで刻まれてて、ペースト状に近いところまで小さい。

餡に味付け自体はあまりついてなく、肉と野菜のうまみをストレートに酢醤油に合わせられる、

ニンニクの効き具合も上々で、これならビールやライスと合わせても間違いない餃子だ。

店頭に貼られた写真付きメニューなどの数々

そして、味噌ラーメン、チャーハン、餃子が揃い食べ進めるのだが、どれもしっかりした量なので食べ応えがかなり高い。

最初に出されたラーメンは麺も多く食べ応えがあり、チャーハンもしかり、餃子も大物3個。

かなりの食べ応えなのだが、麺、メシ、餃子と黄金の中華定食ユニットなので、どれを食べても飽きることがなく食べ進められる。

最後はラーメンの残り汁の味噌スープとチャーハンを合わせて頂く。

ふわっとした香りで叉焼多めのチャーハン。チョイこってりな味噌ラーメンスープで流し込みながら完食だ。

どさんこ大将蓬莱溝の口店の店頭の通り

食べてみると、

今回初訪問でセットもの筆頭メニューでもある「半チャーハンセット」を頂いたが、どさんこ大将蓬莱さんの得意分野の集大成といえる内容かと思われた。

麺もの、メシもの、そして餃子。

どれも街の大衆中華としてのパフォーマンスはかなり高く、特にチャーハンの旨さは大衆中華の香りも残しつつ、具材も多くパラパラ仕様。

まさに、単品メニューの筆頭格であることが納得の内容だったし、「蓬莱さんのチャーハン」という一つのジャンルをを確立できるのではないかと思われた。

溝の口駅前からポレポレ通りに向かう交差点

特筆すべきは、溝の口にある「どさんこ大将蓬莱」さんの存在感だろう。

開発が進み、駅の周辺もガラリと変わった溝の口。

高いビルや商業施設が乱立し、飲食店も大手チェーン店が参入してくるなど、地元飲食店の存在が薄れつつある昨今。

溝の口駅前のマルイとNOCTYのビル群

そんな中、独特のオーラを発しながらジモティの方を中心に人気が絶えない「どさんこ大将蓬莱」さん。

外観や店内はお世辞にもキレイと言いがたい独特の感じはあるものの、味わいとボリュームは全国チェーン店の追従を許さない「地元中華屋のプライド」みたいなものを感じた。

線路脇の飲み屋街とJR総武線

店内で食べられてるお客さんも、溝の口ジモティの常連さんやサラリーマンの方が多く、やはり昔ながらのリピートの客足が途絶えないのだろう。

今回食べたのは「半チャーハンセット」と言う名のメニューだったが、ラーメン、チャーハン、餃子という街の大衆中華の代名詞をセットにして800円。

まさに蓬莱さんの得意分野が凝縮された最高のコーデ(コーディネート)だった♪

しかもかなりボリュームがあることを考えると、まさに溝の口のガッツリB級グルメの代名詞といえるのではなかろうか。

東急東横線、大井町線、溝の口駅ホームの駅名看板

溝の口で中華気分の時は、またおじゃましたい。

次回は筆頭メニューにもなってるチャーハン単品を食べてみたいな♪

ご馳走様でした~♪

店名:どさんこ大将 蓬莱店
TEL:044-844-0345
住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-14-1
最寄駅:溝の口 武蔵溝ノ口
営業時間:11:00~翌1:00、火11:00~17:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0004427df-icon3

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!