おかず不要!福岡の絶品駅弁!折尾名物かしわめし弁当 東筑軒(博多駅)

IMG_2397dpp-01-icon

旅の移動中の楽しみといえば、やはり駅弁だろう。
ご当地名物の弁当が食べられて、なんだかその街の食文化にも触れることができて楽しいですよね♪

折尾名物かしわめしのロゴ
スポンサーリンク

東筑軒かしわめし弁当

今回は福岡県北九州市にある折尾駅の名物の駅弁、東筑軒のかしわめし弁当を頂くことにした。

北九州にある折尾駅の駅弁なんだけど、小倉駅や博多駅なんかでも購入可能だ。

スポンサーリンク

博多駅コンコース内キヨスク

博多駅コンコース内キヨスクで売られてるのだが、人気の弁当らしくこの日は売り切れ。。orz。。

駅コンコースのキヨスク

キヨスクの弁当ケース内の東筑軒かしわめしコーナー

残る駅弁売り場「新幹線構内の売店」に望みを託しイザ。。

博多駅新幹線構内駅弁売店

博多駅新幹線乗り場入り口

新幹線構内売店

あった!新幹線構内の売店で東筑軒のかしわめしゲット!

新幹線構内売店の弁当コーナーに並ぶ東筑軒かしわめし

博多駅だとコンコース内にあるキオスクか新幹線コンコース内にある弁当売店で購入可能だ。

ちなみに「かしわめし」と名の付く弁当は「東筑軒」意外にも数種類があるが、筆者イチオシは東筑軒だ。

博多駅の新幹線N700系のぞみ

うんちくはさておき、かしわめし弁当を買い込み、早速新幹線で頂こう!

折尾名物かしわめし@東筑軒

折尾名物かしわめしのパッケージ

カラフルなパッケージのかしわめし弁当。
赤い丸にデカデカと書かれた「折尾名物かしわめし」の文字が印象的だ。

折尾駅を中心としたJRの駅名が書かれてる

折尾駅を中心とした駅名が書かれていて、右上にはなにやらウンチクが書かれている。

パッケージに書かれてるウンチク

関門トンネルを出ると、緑と太陽の国「九州」に入る。そこには僕の楽しみの1つである東筑軒の「かしわめし」が待っている。この駅弁の味から、夢多き九州の旅が始まるのである。 石黒敬七談 ”東筑軒かしわめしパッケージより引用

ふむふむ、、なるほど、、
九州の旅のお供に「かしわめし」ということやな。

かしわめしの入った四角い弁当箱

早速フタをあけて頂いてみた。

かしわめし@東筑軒

東筑軒かしわめし

ぬおおお〜!

鶏肉、錦糸卵、刻み海苔の3色のコントラストが美しい

大きめの四角い弁当の半分以上を占拠する「かしわめし」

ごはんの上にビッシリと敷き詰められた鶏肉、錦糸卵、刻み海苔のコントラストがなんともキレイだ!

甘辛く煮込まれた刻み鶏肉

まずは鶏肉の部分から頂いてみた。
ご飯はうっすらと甘めの味付けがされていて、その上に乗った刻まれた鶏肉にはシッカリとした甘味のある味付けがされてる。

鶏肉を甘く炊いた刻みかしわと、うっすら甘めのかしわご飯。
どちらも突出した主張はないものの、2つが合わさることで絶妙な味わいが生まれとる。うまか〜!

かしわめしの刻み鶏肉の部分を箸で持ち上げた

ごはんの味付けも、かしわ(鶏肉)の味付けも甘さが効いた九州仕様の味付け

しっかり濃い目の辛い醤油の味付けとは違い、あっさり甘めの感じ。
この感じが昔から食べている「かしわ飯弁当の味」だ。

ふわふわの錦糸卵 ふわふわの錦糸卵の部分を箸で持ち上げてみた

錦糸卵ゾーン。
繊細な糸のような錦糸卵がフワフワの仕上がりで、うっすら甘めのご飯と食べると、甘めのご飯の味わいがしっかり感じられる。

錦糸卵自体の味付けは、薄味甘めのご飯よりも抑えめなので、ご飯自体の甘味がしっかりと立ってくる。

かしわめし全体 刻み海苔部分を持ち上げてみた

そして、刻み海苔ゾーン
うっすらと甘味のあるかしわ飯に磯の香りがふわ~っと漂いますねー♪

うぐいす豆

付け合せは奈良漬け、紅ショウガ、昆布の佃煮、甘いウグイス豆、、、以上。。
東筑軒の「かしわめし弁当」は、基本的におかずが付いていない。

シンプルかつ味わい深い「かしわめし」におかずは不要だろう。
かしわめしが楽しめればそれでいいのだ♪

かしわめし弁当におかずは必要ない

おかずは無いのだが、弁当としての食べ応えはカナリ高い。
量的にも、かしわご飯だけで、弁当箱の半分以上入ってるので、けっこうお腹いっぱいになる。

しかも駅弁価格として750円という、かなり安い部類に入ると思う。

いやー、久々に東筑軒のかしわめし食べたけど、昔と変わらぬ旨さに大満足♪

福岡の郷土料理として愛され続けてる「かしわめし」。

甘辛く味付けされた「かしわ」が絶品やし、価格もお手頃な駅弁だ。

折尾名物かしわめしと書かれた箱サイド

じつは、福岡の名物といえば、ラーメン、もつ鍋、明太子、などなどが有名だが、意外と知られていない福岡のソウルフードといえば「かしわめし」だ。うどんもね。

福岡では鶏肉のことを「かしわ」と呼び、鶏肉を甘めに味付けして、ご飯と混ぜ合わせた、いわゆる炊き込みご飯のことを「かしわめし」と呼ぶ。

福岡のソウルフードでもあるうどん屋さんには必ず「かしわご飯」もしくは「かしわのオニギリ」が置かれてるほど、福岡では当たり前の炊き込みご飯なのだ。

福岡の各家庭でもフツーに食べてる「かしわ飯」。
それぞれの家にごとに独自の作り方やレシピがあり、味付けも様々。

まさに「かしわめし」は福岡県のソウルフードと言って過言はないだろう。。

東筑軒のロゴ

福岡で駅弁気分の時は、また食べてみたいな。
こんどは東筑軒の本場、折尾でも食べてみたい。。

ご馳走様でした〜♪大満足〜♪

商品名:折尾名物かしわめし
発売元:東筑軒
本社:福岡県北九州市八幡西区堀川町4番1号
TEL:093-601-2345
売店:折尾駅、黒崎駅、八幡駅、戸畑駅、赤間駅、福間駅、若松駅、直方駅、
新幹線小倉駅、博多駅コンコース売店、博多大丸、小倉コレット、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、(※要確認)

スポンサーリンク
IMG_2397dpp-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!