一「はじめ」(原宿/ラーメン、つけ麺)

原宿、明治神宮前駅から歩いて5分ぐらい。
明治通り沿いに新宿方面にすこし歩いたところに「中華蕎麦 つけ麺 一 hajime
(はじめ)」はありました。


一「はじめ」@原宿

お店はビルの地下1階にあり、店頭には「つけ麺」の立看板があるのでスグにわかりますね。

明治通りの一本裏路地のオサレな原宿商店街の方からも入店可能です。

けっこう狭い階段を下り、店内に入るとまずは食券を購入します。

メニューは、
つけ麺 780円
濃厚魚介ラーメン 780円
鶏そば 730円
生姜醤油ラーメン 730円
が、基本のメニューのようだ。

どのメニューも「特製」の設定もあり200円アップでチャーシュー2枚と半熟卵トッピング付き。

麺の量はつけ麺のみ大盛りまで無料の設定があり、
麺の量は、並盛200g、中盛250g、大盛300gまで無料。
特盛400gになると100円アップだ。

お昼時11:00〜16:00のランチセットはご飯付きにしたり、「まかない肉めし」や「鶏そぼろめし」などをお得にセット化できるようだ。

16:00までやられているので、遅めのランチにも使えそうですね。

今回は初訪問ということもあり、基本メニューでありそうな「つけ麺」を押してみました。
席に座り食券を渡すときに、麺の量をオーダーします。

もちろん大盛りだす♪

店内では若い男子店員さんが元気よく接客されてて、なんだか気持ちがいいですね。

原宿というオサレな街ということもあり、お客さんはリーマンの方よりもオサレな感じの若い男女が多いなぁ。

そしてオーダーから15分ぐらいでつけ麺が供されました。


つけ麺 大盛り300g

濃厚そうなつけ汁が美味しそうですね〜。

平皿に盛られた大盛りの麺は、大盛りとはいえどチョト少なく見えるかな。。

まずはつけ汁に浸して頂いてみた。

鶏をベースとした豚骨魚介のつけ汁で、粘度は意外と低めでサラサラとしてる。

豚骨も魚介も濃度的には意外とおさえめで、抜きん出た特徴が出てる感じはないが、豚骨と魚介が適度にバランス良くまとまったつけ汁という感じだ。

バランスが取れてる分「インパクト」という意味では、印象がやや薄いかなぁ。

麺は中太ストレート麺。

若干黄味がかった麺で、ツルツルとライト目な感じで頂ける。

芯のあるガッツリ太い麺と違い、サクッ食べやすく頂ける麺だ。
これなら大盛り300gでもサクッとお腹におさまりそうだ。。

トッピングは麺の上に盛られた、チャーシューとシナチク。

チャーシューは提供前に炙られてるようで、炙りの香ばしい香りとともに味わえる。
脂身も程よくのっており、炙りで加えられた脂の甘みがイイカンジだ。

メンマは少量だが麺の脇に盛られてますね。
コリコリっとした食感で、メンマ独特の香りがいい塩梅。

食べ進めると、素材の旨味がバランス良くまとまったつけ汁なんで、最後まで味変しなくても飽きずに楽しめるつけ麺だった。

そして、麺も食べ終え、最後はシメのスープ割りを頂いてみた。
つけ汁自体の濃度はそこまで高くないので、そのままでも頂けそうな感じだが、いちおうつけ麺の儀式として。。

カウンター上のポットからセルフでスープを入れるのだが、つけ汁がそこまで濃厚でない分、ほんの少量のスープ追加でイイカンジに仕上がりますね。

食べてみると、いわゆる豚骨魚介のつけ麺で、マイルドなベースの豚骨と、おさえめな魚介の感じが融合して、食べやすいつけ麺に仕上がってた。

素材として何か1つ突出した特徴があるわけではないが、「つけ麺」というジャンルの食べ物として、うまくまとまった感じで美味しく頂けた。

つけ麺のみだが、大盛りまで麺の量が無料で選択できるのは嬉しいサービスだ。
ただ、300gだと普通のつけ麺のチョイ多いくらいの感覚なんで、ガッツリ麺を食べたい男女は100円アップの特盛400gは必須かもしれない。。

通常つけ麺業界の「大盛」だと、だいたい400gオーバー級の店が多いので、300gだと中盛りぐらいの感覚ですね。。
まぁ、オサレな街「原宿」なんで、300gあたりが大盛りに匹敵するのかもしれない。。

次回は、このバランスの良さに期待して「鶏そば」を試してみたいと思います。

ご馳走様でした〜♪

店名:中華蕎麦 つけ麺 一 hajime「はじめ」
TEL:03-5772-5800
住所:東京都渋谷区神宮前3-23-1 NODERA BLDG B1F
最寄駅:原宿 明治神宮前
営業時間:11:00~16:00 18:00~22:00,土休日前11:00~22:00
日祝11:00~19:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事