エビのサイズが規格外!わらじエビフライが特大すぎる!ひょうたんや(名古屋)

名古屋駅から地下鉄東山線で2駅の本陣駅。
都会の喧騒から離れた静かな住宅街の中に「ひょうたんや」さんはあります。

スポンサーリンク

ひょうたんや@名古屋 本陣駅

ひょうたんや@名古屋 お店の外観

店頭には「とんかつ ひょうたんや」と看板が掲げられてて、キホンテキにはとんかつ屋さんだ。

店頭のサンプルケース

店頭のサンプルケースには名古屋らしいエビフライを筆頭に、オムライスなどもあるようで、街の定食屋的ニオイが漂う。

「とんかつ ひょうたんや」と書かれた青いノレン

まずはノレンをくぐり入店してみた。

店内はテーブル席をはじめ小上がり席が準備されてて、とんかつ屋らしい和風な佇まいだ。

店内の壁に貼られた芸能人のサイン色紙

壁には訪れた芸能人のサイン色紙が貼られてて、人気の高さが伺える。

まずは空いているテーブル席に座り、メニュー見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

とんかつ屋なのだが、エビフライが筆頭メニューになってて、じつに名古屋らしい。

海老フライ、肉肴料理、ご飯、丼ものメニュー

エビフライメニューとしては、、

  • 大エビフライ 2400円
  • 中エビフライ 1800円
  • エビフライ 1150円
  • わらじフライ 1700円

単品価格になるので、ごはんと赤だしセットにすると350円UP。

エビフライが基本のミックスフライも設定されてて、基本メニュープラス大中小の海老のサイズをセレクトできるようになってる。

組み合わせできるミックスメニュー

そのほか、店名にもなってるトンカツをはじめ、名古屋らしい味噌カツ、洋食屋っぽいハンバーグ、オムライス、中華風な中華そば、チャーハンなどなど。

定食屋と洋食屋を足して2で割ったようなメニュー内容になってて、普段使いとしては飽きのこないメニュー構成だ。

ランチメニュー

その他、オトクなランチメニューもあるようだ。

大エビフライにもトキメクが、「わらじフライ」という響きがどうしても気になり、わらじエビフライを御飯付きの定食でオーダーしてみた。

店内の様子

ランチタイムの店内は満席状態。
地元の方を中心に結構人気が高いようだ。

お客様専用駐車場と書かれた看板

すぐ脇には駐車場も準備されてて、車で外回りのサラリーマンの方や、ガテン系の方など、エビフライ好きのマダムなど、客層はかなり様々。ジモティに愛され続けてる定食屋という感じだ。

皆さん、お好みの定食をオーダーされてるようだが、エビフライは必須といえるほどトッピングに追加しているようで、エビフライの人気の高さが伺える。

店先にある、市バス中村公園北口のバス停

名古屋名物といえば、鰻ひつまぶし、味噌煮込みうどん、手羽先などが筆頭格に上がるが、名古屋人いわくエビフライは名物ではなく、普段使いの食べ物であって、海老の消費量が多いだけとのことだ。。。

普段メシだからこそ、名物だと思うのだが。。。

昔は普段メシであったのだろうが、やはりタモリが発した「えびふりゃー」という響きが、普段メシたる名古屋エビフライ文化を全国区に広めたのだろうか。。

そんなこんなで考えてると、20分ほどでわらじエビフライが供された。

わらじエビフライ

わらじエビフライ定食

ぬぅおおおおおおおお〜〜!!!
ワラジ〜〜!

楕円皿いっぱいに載せられた揚げ物のカタマリ!シッポがなければ、まさにトンカツだ!!

特大わらじ海老フライ

一見、尻尾が付いてるので魚系だとはわかるが、特大のアジフライか魚フライのような形相!
手のひらサイズなんて優に超えてて、厚みも2センチぐらいで相当なデカさだ!

ゴハンや赤だし、漬物がミニチュア化されて見えてしまうほどエビフライがデカイww

これまでも名古屋でジャンボなエビフライを食べたことはあるが、長さがあるものが多く、わらじビジュアルのエビフライは初めてだぜ。。

シッポが大きすぎる特大わらじエビフライ

ボディーもデカイのだが、シッポの大きさがカナリやばいことになってて、こんなシッポのエビなんて伊勢海老ぐらいでしか見たことない感じだ。

添えられたナイフとフォークで切って頂くようで、まさに「洋食かよ!w」という感じだ。

ナイフで切ったエビフライの断面。エビがゴロゴロ入ってる。

ザクザクの衣の中には、エビが開かれた状態で入っていてカナリのデカさ。

ひとくち食べてみると、サクサクの衣とプリプリのエビの身が口の中で踊る。これはイイ。

揚げたてアツアツなので、ハフハフ言いながら食べられる一品だ。

エビフライの下で押しつぶされてるレタスとサラスパ

エビフライの大きさで気づかなかっただが、エビフライの下にはレタスなどの野菜やサラスパ、そしてエビフライの相棒タルタルソースが鎮座している。

いや鎮座してるのではなく、エビフライに押しつぶされてるというのが正しい表記だw

小皿にはポン酢と紅葉おろしネギなどの薬味が添えられてる。エビフライにポン酢ってどうなん?と思って試してみたが、これが意外にもさっぱりと頂けてナカナカの美味。

エビを開いてる分、表面部分にあたる衣の多いので、むしろポン酢でさっぱり食べたほうがいいのかも。。

エビフライの相棒タルタルソースでもイイカンジに頂ける。

ごはん 赤だしの味噌汁

定食で付けた御飯は、ふっくらとした炊きあがりで、とんかつ屋らしい炊きあがりだ。赤だしもナカナカうまい。

わらじフライのボディー

そして、ナイフで切りながら食べ進めるのだが、大きさゆえナカナカ減らない。

わらじフライのデカイシッポ

最後はシッポのところまで到達するのだが、シッポの大きさに再度驚いてしまう。。

添えられたレモンと比較したらレモンより大きいエビのシッポ。。尋常ではないよぉ〜w

大きさがレモンを超えてる海老のシッポ。

食べてみると、、

特大わらじサイズのエビフライ。

一見エビだとは分からないほどのデカさで、「でかいアジフライかよっ!!」と思わず叫んでしまいそうなビジュアルだった。

お味の方もプリプリの大型エビで大満足の一品で、ビジュアルもよし、舌にも楽しめる、「特大わらじエビフライ」に大大満足だった。

ひょうたんやのホームページの案内

特筆すべきは、「ひょうたんや」のエビフライの絶大なる人気度だ。

注文する方のほぼ全員がエビフライを付けて注文してるし、本来とんかつ屋ではあるのだが、完全にエビフライ屋と化してる。。エビフライ以外のメニューもあるのにだ。。

エビフライ文化が根強い名古屋という側面もあるが、「ひょうたんや」の尋常でない大きさのエビフライが「名古屋のエビフライフェチ」のハートを鷲づかみにしてるのかと思われた。

店頭にかけられた営業時間の案内。発泡スチロールのトレーに書かれてる。

エビフライの単品メニューであれば、大エビフライのエビなんて30センチ超えが2本とか当たり前に出て来るし、わらじフライのビジュアルを凌ぐ圧巻のボリューム感。海老フライ好きであれば大エビフライ1択もアリかと思われた。

名古屋駅から2駅の静かな住宅街で本陣駅からも若干歩くのだが、エビフライ好きであれば是非一度は試してみてはいかがだろうか。。

「とんかつ ひょうたんや」と書かれた店頭の看板

名古屋に来るときはまたお邪魔したいな。

次回はぜひ大エビフライを試してみたいなぁ。。

ご馳走様でした〜!

店名:とんかつ ひょうたんや
TEL:052-481-2519
住所:愛知県名古屋市中村区本陣通5-34-2
最寄駅:名古屋地下鉄東山線 本陣駅(名古屋駅より2駅)
名古屋市バス「中村公園北口」バス停前
駐車場:あり
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30) ,18:00~21:00(L.O.20:30)
土日祝11:30~14:00(L.O.13:30) ,17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:水曜・第3木曜(※連休あり。要確認)

スポンサーリンク

 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!