粋な一生(秋葉原/ラーメン)限定の特製つけ麺

秋葉原駅を昭和通り沿いに御徒町方面に歩くこと10分ぐらい。
大通りから一本入ったところに「ラーメン食堂 粋な一生」があります。


ラーメン食堂 粋な一生@秋葉原

外観は木の格子状になってて、和風な佇まい。
店頭にはラーメンののぼりが出ているのでスグにわかりますね♪


▲店内の券売機

店内に入るとまずは食券を購入。
塩 700円
味噌 750円
醤油 650円で特製醤油が750円。

つけ麺だと、
塩つけ麺 750円
特製つけ麺 780円

特製つけ麺は期間限定メニューらしく、お店の外にも案内が書かれてます。
なんでも、豚骨魚介系つけ麺らしく、ラーメンのベースである塩、味噌、醤油ではない全く別の素材のつけ麺のようだ。

豚骨好きなので、これはいちど食べてみないと〜♪

ということで、特製つけめんボタンをぽちっと押してみましたよ♪

店内は厨房に面したカウンター席とテーブル席が準備されてる。

あいているカウンター席へ座り、食券を渡します。
15:00までは小ライス無料サービスらしいので、当然お願いしてみましたYO!


味噌ラーメン

まわりのお客さんを見ると、やはり味噌ラーメンをすすられてる方が多いいようですね。
やはり一番人気は味噌ラーメンみたい。美味しいですもんね〜♪

そして15分ほどで、特製つけめんが供されました。


特製つけ麺

おおお〜!

濃厚そうなつけ汁の色をしてますね〜。
麺は楕円の皿にしっかり多めに盛られてます。


▲つけ汁

まずはつけ汁に浸して頂いてみた。

豚骨の優しいうま味に、魚介の香りがふんわりと漂います。
そして全体をキリリとシメる塩の感じもしますね。

サラサラとしたつけ汁で、麺への絡みは少ないのだが、豚骨のうま味と魚介の風味が口の中に漂います。

うまい!

豚骨も魚介も濃厚とまではいかないが、どちらも突出することなく、濃厚ではないが非常にバランスのとれたつけ汁です。


▲麺

麺は中太のストレート麺。少し黄色味を帯びてる。
若干ウエーブがかかってて、口に含むとプリプリとしてて、小麦の香りが広がる。

サラサラ目のつけ汁だが、この麺がうまくつけ汁をたぐり寄せてくれるなぁ。

つけ麺だからか、味噌ラーメンの時より若干コシが強く感じる。

麺の上には、大判チャーシュー1マイ、ほうれん草、細切りメンマ、刻み海苔がトッピングされてる。

チャーシューはバラロールみたいで、そのまま食べると、ほぼ生に近い状態。
つけ汁の中にと入れて、チョイ温めて食べるとイイカンジだ。
口の中でほろっとくずれる柔らかさ。

ほうれん草は、独特のアノ苦味がアクセントになってます。
白い茎の部分は更に苦味が強く、青梗菜の茎のような苦さもありますね♪

細切りメンマは、くにゅっとした食感で、つけ麺の中にない食感がいいですね。
メンマの香り自体は意外とおさえめかな。

そして最後はつけ汁をそのまますすりながら、無料のライスとともに頂いた。

つけ汁は、そのまま飲んでも十分に美味しく、濃度も濃すぎずイイカンジだ。
でも、最後はやはり定例の儀式としてシメのスープ割りを頂いたお♪

いいね〜♪
シメのスープ割りにすると、塩のきりりとした感じがマイルドになり、
魚介の感じがほんのりとするシメのスープ割りとして美味しく頂けました。

食べてみると、豚骨魚介つけ麺ということだったが、豚骨も魚介もどちらも突出したインパクトはないものの、見事に調和がとれたつけ汁に大満足。

味噌ラーメンを食べた時にも思ったが、濃厚さに頼ることなく、素材の旨味をバランスよく引き出す「粋な一生」さんの粋な心意気をつけ麺でも感じることができた。

やはり「粋な一生」さんはどのメニューを食してもカナリ満足度が高いなぁ。。と改めて思った。

アキバに行くときはまたお邪魔したいと思います。
次回は塩のつけ麺も食べてみたいなぁ。

ご馳走様でした〜♪

店名:粋な一生
TEL:03-3837-8117
住所:東京都台東区台東1-27-2 竹善ビル 1F
最寄駅:秋葉原
営業時間:11:00~22:00,土日祝11:00~20:00
定休日:無休(※要確認)

粋な一生@味噌ラーメンの記事

スポンサーリンク

 関連記事