ジャンカレー 東陽店(木場/カレー)大盛りライス標準のガッツリカレー

jan-curry-kiba1-01-icon

木場駅から永代通り沿いに東陽町方面に歩くこと5分ぐらい。
ラーメン美学屋とか明太子食べ放題のやまやの近くに「ジャンカレー東陽店」はあります。

スポンサーリンク

ジャンカレー東陽店@木場

赤い看板のジャンカレー

外観は赤い看板が目立っていて、カレーの立看板があるのでスグにわかりますね。

店頭にかけられたカレーメニュー

店頭にはカレーの価格一覧も出ていますので明朗会計。
安心して入店できますね。

店内の券売機です。

店内に入るとまずは食券を購入します。

スポンサーリンク

メニュー

  • ジャンカレー 500円
  • 大辛カレー 600円
  • エビカレー 690円
  • ハンバーグカレー 740円
  • コロッケカレー 590円
  • カツカレー 780円

などなどの価格設定。

壁に貼られたメニュー。

お好みのトッピングも追加できるようで、カキフライ、メンチカツ、チーズなどなど、いろいろ選べるようだ。

基本のカレーがワンコイン500円から頂ける有難い設定だが、なんだかお店イチオシのカレーは「カツカレー」のようで、ポチッと押してみました。

店内に貼られた大辛のススメ。

店内はコの字のカウンター席のみで、けっこう広め。
奥に厨房があるようで、どことなく吉野家とかの牛丼店のようなスタイル。

カツカレーのカツは、注文が入ってから揚げるようで、少し時間がかかるようだ。
なにもトッピングされてないジャンカレーのお客さんは提供時間が早い感じですね。

店頭に書かれたテイクアウトの案内

待ってる間にテイクアウトのお客さんがケッコウ入店しているみたいで、ほとんどの方がジャンカレーを頼まれてるみたいです。

そして10分ぐらいでカツカレーが供されました。

カツカレー並盛り

楕円の皿にたっぷり盛られたカツカレー

楕円より長方形に近い大きめのカレー皿で提供されます。
カレールーも結構多いが、カツの下にあるライスの多さは、通常のスタンドカレーなんかの並盛りより明らかに多い感じだ。

まずはカレーを一口いただいてみた。
野菜などは全て煮込まれていて、姿が見えない。
典型的なスタンドカレーの味わいのルーだが、スパイスの効きもイイカンジだ。

本格的なインドカレーのようなスパイスとはいかないが、スタンドカレーとしてはなかなかイイカンジのルーだ。
辛さは中辛ぐらいのレベルななので、辛いものが好きな人は大辛のオプションは必須かもしれない。

揚げたてサクサクのカツ

カツはさっくり衣を厚めにして揚げられてて、カツカレーのかつとしていい塩梅。
カレーと絡んだ衣が若干しんなりとなってる。

カツカレーのカツの断面

大きさも結構あり、手のひらサイズくらいカツだ。

これぞスタンドカレーのカツカレー!という感じだ。

ライスは普通盛りだが、結構な量。
フツーのスタンドカレー店の1.3〜1.5倍ぐらいありそうな食べ応えだ。

卓上には福神漬も準備されてるので、カレーのお供にも事欠かない感じだ。

店頭のカレーの立看板

食べてみると、

お店おすすめのカツカレーだったが、スタンドカレーらしい中辛ベースのカレールーに、揚げたてサクサクのカツがいい塩梅に絡んで、美味しく頂けるカツカレーだった。ルーに関しては中辛レベルなので、意外と万人受けしそうな辛さだった。

ライスの盛りに関してはカナリいい感じだ。
大盛りの追加は今回しなかったが、並盛でもフツーのスタンドカレーの並盛以上の多さで、がっつり食べられた。
ワンランク上にある大盛りの量は、かなりのガッツリ感があるのかと思われた。

やはりお店おすすめというだけあって、ナカナカ食べ応えのあるカツカレーだったなぁ。

なんとなくだか、メニュー内の「大辛」の辛さオプションが100円アップなのに違和感を覚えた。「大辛はスパイスの量は違う」との案内は書かれていたが、辛さの好みは人それぞれなんで、辛いもの好きにも同じ値段で提供してもらえるとアリガタイなぁ。。

店頭の「カレー専門店ジャンカレー」と書かれたのぼり

木場でカレー気分のときは、またお邪魔したいと思う。

次回はカツカレーにチーズトッピングしてみたいなぁ。。

ご馳走様でした〜♪

店名:ジャンカレー 東陽店
TEL:03-3647-4839
住所:東京都江東区東陽3-19-8
最寄駅:木場駅 東陽町駅
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休 (第3日曜日定休※要確認)

スポンサーリンク
jan-curry-kiba1-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!