THEウインナー炒め定食!子供心くすぐるオトナのゴチソウ!かんだ食堂(秋葉原)

秋葉原駅から歩くこと3分ぐらい。
中央通りから一本入った秋葉原UDXのそばに「かんだ食堂」はあります。

スポンサーリンク

かんだ食堂@秋葉原

かんだ食堂の外観

周囲は高層ビルなどが立ち並ぶのだが、黄色い「アキバの老舗 かんだ食堂」の看板は、まさに威風堂々という感じで、独特のオーラを放ってるざますよ。

その歴史はカナリ古く1958年創業で、ほぼ60年という老舗食堂だ。

高層ビル群に囲まれるように立つ、かんだ食堂

近くにはパソコンパーツの店やAKB48劇場の入るドンキホーテなんかもあり、THEオタク文化の空気が流れる。

店頭には定食のメニューも掲げられてて明朗会計。

メニューには「味とボリュウムの定食」と書かれて、「ボリューム」ではなく「ボリュウム」なのが何とも心くすぐる。

かんだ食堂の青いノレン

まずはノレンをくぐり入店してみた。

店内はテーブル席が多く、厨房に面したカウンター席が数席の構成。混雑時のテーブル席は相席必至だ。

まずメニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

かんだ食堂のメニュー。一番上に「味とボリュウムの定食」と書かれてる
  • 豚生姜焼定食 750円
  • 肉野菜炒め定食 750円
  • ウインナー炒定食 750円
  • とり唐揚げ定食 750円
  • とんかつ定食 780円
  • カレーライス 540円

などなどのラインナップ。

おかず単品注文の設定もあり、ライスの要らない呑兵衛や糖質ダイエッターにも優しいメニュー内容だ。

単品、アラカルトメニュー

その他一品アラカルトも準備されてて、

  • ポテトサラダ 280円
  • ハムエッグ 350円
  • 厚焼き玉子 200円
  • 納豆 80円

もう一品欲しいときのアイテムや呑みのツマミとして重宝しそうだ。

そのほか、日替定食なのか、本日のサービス品もあるようだ。
店頭に書かれた本日のサービス品メニュー

以前訪問した時は、豚生姜焼き定食を頂いたのだが、ガッツリとした肉の洗礼を受けたのは記憶に新しい。

豚生姜焼や唐揚げ定食にもトキメクが、以前からどうしても気になってるメニュー「ウインナー炒め定食」を、意を決して注文してみた。

ウインナーがメインの定食とは、いかがなものだろうか。。楽しみだ。

店内のカウンター席。上には短冊メニューがずらりと並ぶ。

厨房内では男子店員さんが勢いよく定食を作られてて、ホールのオバちゃんたちも元気よく迎えてくれる。

テーブル上の調味料類

卓上には調味料類もたくさん置かれてて、味の変化球にも対応可能みたいだ。

よく考えると、この界隈もかなり高層ビルができて近代化されてきた。
UDXやドンキホーテの近くに「かんだ食堂」があるのではなく、歴史的に考えると「かんだ食堂」の近くにUDXなどができたのが正解だな。

そんなこんなで考えてると、オーダーから5分ほどでウインナー定食が供された。

ウインナー炒め定食

ウインナー炒め定食

おおおおお〜〜!!すばらしいビジュアル!こうゆうのがイイんです!

ウインナーが大量に盛られてて、ウインナー好きの小生としては、まさに子供に帰った気分だ。

まずはウインナーを一口頂いてみた。

ウインナー炒め

表面をこんがり焼かれたウインナーは、口に含むとふわっと皮の香ばしさが広がり、中身がなにげにジューシー。

ウインナーやソーセージといえば、安っぽくチープな味わいのものも世にあるが、ナカナカ粗挽きで味わい深いウインナーだ。

ウインナー炒めのアップ

シンプルにウインナーだけなのだが、これがライスによく合う。うまい。

注文時は「ウインナーだけだと少ないんじゃね?」とも思ったが、なかなかどうして、8本も入っててカナリ食べごたえのあるウインナー陣だ。

通常ウインナーと言えば、お弁当やおかずの中でも脇役的立ち位置が多い存在だが、ウインナー定食はウインナーが主役。

ウインナー炒めを箸で持ち上げてみた

脇役だと見えなかったウインナーの良さ!
初めて感じる香ばしさやジューシーさ!

普段は脇役として軽く見ていたのだが、ウインナーと真摯に向き合うことで、本来のウインナーの良さがわシミジミわかる。

香ばしく焼かれたウインナー炒め

しかも何か味付けされてるのではなく、フツーに炒めただけのウインナー。直球勝負。どストライク!

付け合せは他の定食同様、キャベツの千切り。これもかなりの量なので、野菜不足の心配もナッシングだ。

ドンブリに入れられた御飯

御飯は大きめの茶碗というか、むしろドンブリと呼べそうな器にスリキリ一杯。

YES!ボリュウム満点!という感じだ。

味噌汁

味噌汁は豆腐とワカメの味噌汁。

定食屋でよくある煮詰まった感じではなく、わりと優しい味わいの味噌汁だ。ポタージュ味噌汁とでも命名したいくらい。

御飯に乗せたウインナー炒め

そしてウインナーでライスをかき込むのだが、ナカナカの多さのウインナーで、ライスの多さもありカナリ満腹状態で完食。

「味とボリュウムの店」の名に偽りなしという感じだ。

かんだ食堂の立て看板

食べてみると、

ウインナーと真摯に向き合う、ウインナー炒め定食。

定食屋のメニューの中でもナカナカ珍しいウインナー炒め定食だが、ウインナーの良さが再発見できた。

しかも御飯とシンプルにかき込んでこそ、ウインナーの主役の真価が発揮されることがわかった。

脇役でもよし、主役でもよし。まさにアカデミー賞をあげたいぐらいのウインナー定食だったなぁ。

かんだ食堂の外観2

ウインナーと言えば、誰もが子供の頃から大好きな一品。

お弁当やお子様ランチなんかで、僕も私も脳裏に刷り込まれてきたヒーローだ。

そのウインナーを、定食のメインおかずとして食べられるウインナー定食。なんだか子供心がよみがえる感じでワクワク感が止まらない一品だった。

以前食べた生姜焼き定食に比べれば、もちろんボリュームは抑え気味かもしれないが、ウインナー好きの方であれば、ぜひ一度は試してみるべきかと思う。

アキバで定食気分のときは、またおじゃましたいな。

次回はウインナー単品をツマミに一杯やりたいなぁ。

ご馳走様でした〜!!

店名:かんだ食堂
TEL:03-3253-6255
住所:東京都千代田区外神田4-4-9 角豊前川ビル 1F
最寄駅;JR 東京メトロ日比谷線 秋葉原駅、東京メトロ銀座線 末広町駅
営業時間:11:00~15:30,17:00~22:30(L.O.22:00),土11:00~16:00
定休日:日祝日

スポンサーリンク

 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!