THE大衆食堂!オサレな恵比寿の行列ができる定食屋!めし処 こづち

kozuchi-ebisu-teishyokuy-07-icon

恵比寿駅から歩いて2分ぐらい。
バス通りに面した比較的大きな通りに「めし処こづち」さんはあります。

スポンサーリンク

めし処 こづち@恵比寿

めし処こづち@恵比寿

外観は飾らない感じの質素な佇まい。
「めし処 こづち」のノレンや赤ちょうちんがあるのでスグにわかりますね。

店頭の定食メニュー案内

店頭には定食類のメニューが掲げてあり、明朗会計。
安心して入店できますね。

本日の日替り定食案内。ワンコイン500円

その他、本日の定食の案内も書かれてて、ワンコイン500円と恵比寿のランチとしてはカナリの破格感だ。

恵比寿というとオシャレなカフェや飲食店が多く、代官山や広尾も近いことからカナリハイソなお店が乱立してる街だ。

そんな中にある「めし処 こづち」さん。恵比寿という街で、質素な定食屋の佇まいを見るだけで、なんだかホッとするなぁ。

めし処こづちのノレン

ノレンをくぐり早速入店。
お昼前の訪問だったが、すでに行列ができとるで〜。すげぇ〜!

店内の壁に貼られたメニュー

店内は厨房に面したL字のカウンター席のみ。
間口は狭く、奥に長く伸びる店内では、活気のある定食屋さんの空気が流れてる。

満席の店内では、みなさん一心不乱に定食を食べられてて、静まり返ってます。

スポンサーリンク

メニュー

厨房上に貼られたメニュー案内
  • とんかつ 800円
  • 肉生姜定食 800円
  • 牛バラ定食 800円
  • ハンバーグ定食 850円
  • チャーハン 600円 大630円
  • カレーライス 600円 大630円

などなどのラインナップ。
そして日替わり定食がワンコイン500円と、恵比寿のランチ価格としては、どの料理もかなり安いよなぁ。

その他、一品ものもあり

  • ハムエッグ 390円
  • ポテトサラダ 150円
  • 肉豆腐 200円

などなどもあるようだ。

メニューの中から、定食屋の定番「生姜焼き定食」と思われる「肉生姜定食」をオーダーしてみた♪

厨房内では複数の店員さんが、それぞれの持ち場をテキパキとこなされてる。
焼き物、揚げ物、ご飯をよそう方、などなど。行列のできる定食屋さんとして、ムダのないオペレーションが繰り広げられてる。

店内のお客さんは、意外とサラリーマンの方が多いのだが、ガテン系の方、タクシーの運転手さんぽい方、デザイナーぽい方、いろんな方が定食をワシワシ食べられてる。

カウンター席は隣の人と肩があたるぐらいの距離感。丸椅子は固定式なんで、右に左に動くことはできない。

恵比寿という立地の定食屋で、値段も安いし、席の狭さなんて文句言っちゃあいけない。。これが大都会東京の中にある定食屋だ。。。

そして5分ほどで肉生姜定食が供された。

肉生姜定食

生姜焼き定食と思われる「肉生姜定食」

ぬぅおおおお〜!

手のひらサイズよりデカイ一枚肉を焼き上げられてて、かなり圧巻のサイズ。
肉の厚みもかなりあり、生姜焼き定食とは思えぬ、豚生姜ステーキ定食とでも言えるサイズ感だ。しかも焼きたてアツアツ出来立てだ〜♪

焼き上げられたあとで、一口サイズにカットされ食べやすくなってる。

まずは肉を頂いてみた。

厚みの肉を一枚焼きされた逸品

厚みのある柔らかい肉で、生姜の味わいは若干抑えめ。
独特の甘みのある醤油の感じと、ほんのりと効いた生姜の感じがカナリご飯を進めてくれる。

うまい!

マイルドな生姜の風味と醤油の味付けがシンプルでうまい

大判の豚肉一切れを食べるごとに、ご飯をかき込む。
優しい味わいの生姜の風味と、豚肉のワイルドな感じ。メシがワシワシすすむなぁ。

豚肉は脂も若干乗ってるが、意外とヘルシー。
大判とはいえ、パクパクと進む感じだ。

付け合せはキャベツの千切りとポテトサラダ。

皿の脇に盛られたポテトサラダ

このポテトサラダが、これまた絶品。

なんだか家庭的で素朴な味わいだ。
ポテトサラダ単品での設定もあることが納得のポテサラ。うまい!

大きめの茶碗に盛られたご飯

ご飯は定食屋らしく若干硬めの炊き加減でうまい。
今回の生姜焼きとのマッチングは良すぎるし、このライスならカレーにも良さそうやし、チャーハンのメシとしてもグッドジョブな感じだ。。

ライスは何も言わなければ、大きめの丼にカナリ多め。
常連さんなんかは「ごはん少なめ!」とかでオーダーされてるほどだ。

味噌汁

味噌汁は定食屋らしい若干煮詰まったワカメの味噌汁。

定食屋らしい味噌汁というと、普段はあまり感動がないのだが、この恵比寿というハイソな立地にある定食屋さんだと、なんだか感動もひとしお。定食屋の味噌汁はこれでなくちゃねぇ〜。

卓上取り放題の漬物キューちゃん

最後はカウンターの上に置かれた、食べ放題の漬物でライスをかき込む。
キューリのキューちゃんぽい漬物だが、ニンジンなども入ってて、キューちゃんに比べるとマイルドな漬け感。
これがまたライスを加速してくれて、イイカンジに完食だ。

めし処こづちの赤ちょうちん

食べてみると、

大判の一枚肉を優しい生姜風味で味付けされた「肉生姜定食」。
ライス加速前提のその味付けは、「定食屋として満足すぎる!」の一言しか思い浮かばないレベルのウマサだった。

特筆すべきは、この「めし処こづち」の存在感だろう。
恵比寿というと、お洒落なカフェや大手チェーン店的な飲食店でランチを食らうことはいくらでも可能だ。

そんな恵比寿の街で、かなり長いこと「めし処」として君臨している「こづち」さんにはマジで感動覚えた。

店頭の立看板

日々、進化してる恵比寿という街で、昔から変わらないものをずっと続けてること。これ以上の感動はないだろう。

食堂でも、定食屋でも、お食事処でもなく、「めし処」なのが何ともピッタリの「こづち」さん。まさに昭和の大衆食堂という感じだ。

こんな定食屋が近くにあったら、日替わり定食めざして毎日でも通ってしまうよなぁ。

まさにサラリーマンやガテン系、その他の定食好きの方にはオアシスと思える「めし処 こづち」。

お昼時の店頭の行列

恵比寿でランチの時はまたおぢゃましたい。
というか、行かない理由が見つからない。。

「めし処こづちに」向かう恵比寿一丁目の交差点

店頭にあるバス停

次回は常連さんがひっきりなしに注文してた、「チャーハン大」を食べてみたいな。
隣のお客さんのチャーハンの盛りが尋常じゃなかったしぃ。。♪

恵比寿駅

ご馳走様でした〜♪

恵比寿駅を通過する、お昼時の湘南新宿ライン

店名:めし処こづち
TEL:03-3444-3763
住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-6
最寄駅:JR 東京メト日比谷線 恵比寿駅
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜(※要確認)

スポンサーリンク
kozuchi-ebisu-teishyokuy-07-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!