黒田屋の博多チャンポン(天神、赤坂/博多皿うどん)

博多皿うどんがCP良く美味。ジモティに人気の「黒田屋」@赤坂

お店の外観です

休日の11:30頃に訪問。

警固の交差点からチョット入ったビルの1Fにありました。店の前には駐車場が3台分確保されてます。

店の外には「博多ちゃんぽん」のぼりが掲げてあり期待感が高まります。

店内の様子

お店に入るとこの時間なのに8割がた席が埋まっていて、このお店の人気度が伺えます。高齢の方や若いカップル等年齢層も幅広い感じです。

メニュー 曜日限定のらーめんメニュー

カウンター席に座りメニューの中から「皿うどん」を大盛りでオーダー。念のため若い店員さん(まじめな矢口真里風)に「麺と具材を絡めたやつですよね?」と確認したところ「そうですけど〜」と不思議そうに答えられた。

実は博多で皿うどんといえば麺と具材を絡めたものが当たり前なんですね。他県では柔麺の皿うどんは麺の上にとろみの付いた餡をかける方式が多いんです。

壁に貼られた写真付きメニュー

メニューは他に「チャンポン」、「皿うどん」を基本に、「焼きそば」や「ちんめん」なるものもありました。どれも安いです。

店内で待っている間にも続々とお客さんが入店されてます。みなさん常連さんのようで、この界隈では人気店のようでした。

博多皿うどん。具材が麺に絡めてあります こんもりと盛りがいい博多皿うどんです 野菜もたっぷり、ピンクカマボコも入ってます もっちりした麺

そして10分ほどで皿うどんが供されました。具材と麺を絡めた博多皿うどんです。麺はモッチリ感のあるチャンポン麺にキャベツ、モヤシ、タコ、豚肉、ピンクカマボコなどがどっさり入っています。一口頂くと塩味だけで絡められた感があり、豚肉や野菜の旨味だけが染み出したシンプルな味わいで美味しいです。油の量も少なくスルスル〜と入ります。半分位食べたところでテーブル上のお酢をちょっとかけて食べます。元々の味にさらにサッパリ感が加わりスルスルーと美味しく頂けます。

テーブル上の調味料。皿うどんに酢をかけるとサッパリ美味しくいただけます

大盛りで注文してみましたが、量は結構あったもののシンプルな素材感が際立つ味でしたのでサクッと完食できました。

食べ残しの持ち帰りはダメですよ〜の張り紙

博多では普通に麺を絡めた皿うどんですが、久々に食べる博多皿うどんが懐かしく感動してしまいました。

次回は木〜土曜限定の豚骨ラーメンも食べてみたいと思います。

店名:黒田屋の博多チャンポン
TEL:092-733-9449
住所:福岡県福岡市中央区赤坂1-3-14
最寄駅:福岡市営地下鉄赤坂、天神駅
営業時間:11:00〜21:00
定休日:日曜日

スポンサーリンク

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!