狸穴「まみあな」(池袋/濃厚魚介つけ麺)大盛り特盛まで無料でガッツリ

池袋から歩くこと5分ぐらい。
ビッグカメラの前を通って少し歩いたところの豊島区役所の一本裏路地に「狸穴(まみあな)」はありました。


狸穴「まみあな」@池袋

狸穴って店名は一回ではナカナカ覚えられず、どうしても「たぬきのあな」と覚えてしまいます。
口に出して「マミアナ」って呼んでみると、なんとなく英語のような響きでコジャレた感じもするなぁ。。

店頭には木製の看板が掲げてあり、「つけ麺」の提灯がかけてあります。
お店の外にはメニューも書かれてますので、明朗会計で安心して入店できます。

店内に入るとまずは食券を購入します。

濃厚つけ麺 780円
肉盛つけ蕎麦 880円(冷汁、玉子付き)
辛つけ麺 880円
特製つけ麺 980円
中華蕎麦 680円(大盛り780円)

麺の量はつけ麺に限り並盛、大盛り、特盛無料のようですね〜♪これはウレシイ!

ちなみに麺の量は、
つけ麺だと並240g、大盛り360g、特盛480gの設定だ。

肉そばだと並250g、大盛り300g、特盛350g

中華蕎麦だと並180g、大盛り260g(100円アップ)

女性のお客様に限り麺少なめも対応可能みたいだ。

まずは初訪問なので、デフォルトであろう「つけ麺」の大盛り360gでいってみようと券売機の前まで来たが、
同じ価格なら多い方がいい!と特盛ボタンを指が勝手に押してしまいました。

店内はコの字のカウンター席で12人ぐらいでイッパイになる狭い店内です。
目の前のカウンターはカナリ高い設定になっています。
あいている席に座り食券を渡します。

店員さんは比較的若い方を中心に4名ほど。
みなさん無言でつけ麺つくりに集中されてます。

そして15分ほどで濃厚つけ麺特盛が供されました。


濃厚つけ麺 特盛

ぬううおおお〜。

圧巻の特盛480gですよ〜

麺はラーメンどんぶりのチョイでかいサイズにこんもりと盛られてます。
大盛りの器とは違うようで、特盛以上はワンランク上の大きめの丼になるようだ。

まずはつけ汁に浸して頂いてみた。

つけ汁は黒ずんだ茶色い感じで濃厚。豚骨魚介ですね。
甘みのある豚骨より魚介のほうが少し強めの感じで、いわゆるつけ麺らしいつけ麺と言ってしまえばそれまでだが、コレがナカナカ癖になりそうなウマさなのだ。。

ドロドロとまではいかないが、粘度もソコソコあり麺への絡みもイイカンジだす。

つけ汁の中には一口大のチャーシュー、平たいメンマがはいってますね。
チャーシューは柔らかく口に含むとホロッと崩れそうな感じ。味付けもシッカリ目だが、つけ汁の濃厚さからそこまで味は感じられない。
平たいメンマはコリコリ感があり、メンマのもついい香りが口から鼻にかけて広がる。

そして圧巻の特盛の麺は少しザラツキ感のある太麺。
断面は四角い感じで、よく見るとエッジが立ってるが、口に含んでも角を感じることはない。

もっちりした麺の食感と、食べ応えのあるどっしり感。

つけ汁の絡みも良く、麺も結構な量なので、どんどんつけ汁が減っていきます。

麺を2/3ぐらい食べたあたりで結構お腹いっぱいになってきます。
大盛り360gでもカナリの量ということですね〜♪

そして最後のラストスパートでつけ汁をたっぷり付けつつ、完食しました。

最後はもちろんスープ割りを頂きました。

豚骨の濃度がやわらいで、若干魚介のほうが立った優しめのスープでシメることが出来ました。
スープ割の時は柚子の皮を入れてくれるので、サッパリとした香りも楽しめていいですね。

食べてみると、いわゆる濃厚豚骨魚介のつけ麺でしたが、魚介のパンチがけっこう効いたつけ麺だった。つけ汁の粘度もトロリとしていて、麺への絡みも良く、麺にズルズルとつけ汁が絡み付いてナカナカ楽しめるつけ麺だった。

やはり特筆すべきは麺の量だろう。
つけ麺業界では「大盛りまで無料」のお店はよくあるが、ワンランク上の特盛まで並盛と同じ価格で頂けるのは嬉しいかぎりだ。
太めの食感のイイ麺を、ガッツリ食べたい成人男女にはたまらないサービスだ。

濃厚なつけ汁で、麺の量もガッツリで大満足の「狸穴(まみあな)」さんでした。

池袋でガッツリ魚介つけ麺気分の時は、またお邪魔したいと思う。
次回は辛つけ麺の方も試してみたいな。。

ご馳走様でした〜♪

店名:馳走麺 狸穴 「まみあな」
TEL:03-3982-4055
住所:東京都豊島区東池袋1-32-2 小川ビル 1F
最寄駅:池袋駅 東口側
営業時間:11:00~22:00
定休日:日曜日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事