満来(新宿/ラーメン、つけ麺)大盛りすぎるチャーシューざる

新宿西口から歩くこと3分ぐらい。
ちょうど小田急ハルクの裏の通りに「満来」はありました。


満来「まんらい」@新宿

外観は木を使った和風な佇まいで、白い暖簾がかかってますね。

店内に入るとまずは食券を購入します。どのボタンもでかくて、どれもオススメのようだ。

らあめん 850円
納豆らあめん 1000円
ちゃーしゅーらあめん 1400円
ざる 900円
納豆ざる 1050円
メンマざる 1150円
チャーシューざる 1200円
大盛り 250円

満来さんではつけ麺のことを「ざる」と呼んでいるようですね。
メニュー構成からすると、納豆とチャーシューがどうも売りのようなんだけど、どのメニューも若干高い感じがするなぁ。。

メニューの中からチャーシューざる1200円を押してみた。

あいている席に座り、食券を渡します。「チャーざる一丁〜!」てな具合にオーダーが通ります。

店内は厨房に面したカウンター席のみで、席の後ろには待ちの席も準備されてますね。

厨房内では2人の男子店員さんと女性店員さんの3名で切り盛りされてます。
麺茹ではタイマーなどで時間を計るのではなく、店員さんの指先で茹で具合を決められてます。
なんだか職人気質な感じですね〜♪

そして10分ほどでチャーシューざる、略してちゃーざるが供されました。


チャーシューざる(チャーざる)1200円

ぬううおおお〜♪

つけ汁の中に入ってるチャーシューの量がハンパない!
これでもかと言わんばかりのチャーシュー盛りですよ〜。

麺は平皿にこんもりと山のように盛られてます。
頂上には大きめに刻まれた海苔がのせられてますね〜。

つけ汁はチャーシューの隙間から見える程度で、琥珀色で透明な汁だ。
チャーシューの多さに「つけ汁として、足りないんでないの〜、、」と心配してしまいます。

まずはチャーシューを頂いてみた。。というよりチャーシュー食べないと、つけ汁に麺が付けられないのだ〜。
つけ汁の器を横から見ると、チャーシューがこんもりと盛り上がってる。。

器の底からずっしりと積み重なったチャーシュー。
1枚あたりの厚みも1センチ級で食べごたえもありますね〜。

肉質は柔らかく、しっかりとした噛みごたえもある。
部位によっては、繊維に沿って崩れてしまいそうなほど。
赤身の部分、脂身の部分がそれぞれ入っていて柔らかく美味しいチャーシューだ〜♪

チャーシュー3枚ぐらい食べたあたりで、やっとつけ汁に麺を投入です(汗)

麺は中太平打ち縮れ麺。
普通盛りでも結構な量だが、ピロピロした食感の麺でスルスル入る感じです。

つけ汁は少し酸味の効いた醤油ベース。
昨今ハヤリの魚介系とは違い、昔ながらの醤油味という感じだ。

それからしばらくチャーシューとの格闘が続きます。
食べても食べてもなかなか減らないチャーシュー盛り。。圧巻としか言いようがないなぁ〜。。

つけ汁の中にはメンマも入ってるんだけど、くにゅっとした食感が良く、メンマの芳醇な香りが口から鼻にかけて広がる。
これはイイですね。メンマ多めのメンマざるもきっとイケてるだろう。

そして圧巻のチャーシュー盛りも完食して、最後はシメのスープ割りを頂きました。

スープで割ると、つけ汁がかなりマイルドな感じになり、アッサリ目のスープで美味しくシメられました。

食べてみると、細身のピロピロした麺とあっさり醤油テイストのつけ汁で、なんだか昔ながらの「つけそば」という感じがするつけ麺だった。
見た目結構な盛りだった麺は、ピロピロして食べやすく、あっさりしたつけ汁と相まって、サクッと食べられる感じだった。。。

麺もさることながら、特筆すべきはヤハリ圧巻のチャーシューの盛りだろう。
一般的なつけ麺のチャーシュー増しとはレベルが明らかに違い、器の底からギッシリと詰まってて、チャーシュー好きにはホントたまらない一品になるだろう。

食べる前は、価格的にチョット高い気がしたが、これだけのチャーシューがガッツリ食べられる喜びを考えると、全然高くない気がする。
いや、むしろ安いのではなかろうか。。

ノーマルな「ざる」が900円ということを考えると、300円アップでこの圧巻のチャーシュー盛りはアリですね。

新宿に行くときはまたお邪魔したいと思います♪
次回はラーメンの方も食べてみたいですね。。チャーシュー盛りで、、♪

ご馳走様でした〜!

店名:満来 「まんらい」
TEL:03-3348-5470
住所:東京都新宿区西新宿1-4-10
最寄駅:新宿
営業時間:11:00~19:00
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事