カレーうどん390円という選択!カレー出汁が何気にタマラン!丸亀製麺

marugame-seimen-curry-udon2725-icon

東京横浜のベッドタウン、港北ニュータウン。
その中央に位置するセンター南駅近くに丸亀製麺さんはあります。

スポンサーリンク

讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺@コーナン港北センター南店

丸亀製麺@コーナン港北センター南店

休日ともなると、家族連れでごったがえす港北ニュータウン。

センター南のホームセンターコーナンの外観

その港北ニュータウンの中心でもあるセンター南駅近くのホームセンターコーナンのフードコートに丸亀製麺はあります。

港北コーナンの丸亀製麺

丸亀製麺というと、セルフうどんの大御所で、だいたいどこの街にいっても見かけるうどんの有名店。
ホームページ見ると全国で700店舗以上あるみたい。。47都道府県の数から考えてもメチャクチャ多い!まじかよっ!

一時はザルうどんビーカー問題や、本社所在地問題、丸亀と言う名前を俺たち以外が使うな!問題とか、とかく話題に事欠かない、突っ込みどころ満載のうどんチェーン店。運営はトリドールという会社だ。どうでもいいけど、ワシの大ファンなトリンドル玲奈に名前が似とるなぁ♪

まぁ何にせよ、じつは普段からお世話になってるし、たまには変わったウドンでも食べてみようと訪問してみた。

スポンサーリンク

メニュー

丸亀製麺のメニュー

  • 釜あげうどん 280円
  • かけうどん 280円
  • ざるうどん 280円
  • 釜玉うどん 340円
  • 明太釜玉うどん 400円

などなどのラインナップ。壮絶に安い。
しかも大盛りにしても100円アップやから、がっつり逝ってもワンコインぐらい。

タル鶏天ぶっかけのメニュー案内

季節限定メニューもあるようで、この日は「タル鶏天ぶっかけ」らしきメニューがおすすめのようだ。チキン南蛮的ニオイのするガッツリ感漂うメニューだ。

だいたいいつも、かけうどん大盛りに、天ぷら1種追加して、ワンコイン500円ぐらいでお腹いっぱいにさせてくれる丸亀製麺さん。

メニューをよーく見ると、一番目立たないメニューの最終部分に「カレーうどん390円」を発見!

うおっ!ベースのかけうどんが280円なのも驚きだが、カレーうどん390円もカナリ安い。ダシがカレーになるだけで110円アップとは、これはスバラシイ!

関東カレーうどん市場(しじょう)からしてもコレはかなり安いし、大盛りにしてもワンコイン以下490円。

全然イチオシ感のないさりげない立ち位置のカレーうどん。
そのさり気なさゆえ、コレまたムショーに気になり期待感が高まる!

というわけでカレーうどんをオーダーだ。

うどんコーナーの受け渡し口上のメニュー

まずはうどんをオーダーし、出来上がりを受け取る。

トレーに載せズルズルと動きながら、好きな天ぷらやオニギリをチョイスする。
今回はカレーに合いそうな「鶏天」を1個頂いてみた。

うどんを受けとった後の天ぷらオニギリ選択コーナー

トレーをズルズルと押していき、最後はレジでお会計だ。
このトレーをずらして行くときの天ぷら選びのワクワク感がナンカ楽しいなぁ!

ネギ、天かす、釜玉うどんのダシを入れるセルフのカウンター

ネギとか天かすは別途セルフコーナーに置かれてるので、好きなように掛けて頂く。とりあえずネギを少々。。

セルフのカウンターに置かれたネギ、天かす、生姜

そして開いてる席に座り早速実食だ。

カレーうどん並盛り@390円

ネギをトッピングしたカレーうどん

うどん麺がカレーから少し顔を覗かせてて、ウドンの量の多さが見た目にも分かる。

まずは一口頂いてみた。

カレー出汁が絡むうどん麺

おおっ!
若干トロミの効いたカレー出汁は、カレーの味わいも濃厚ではあるが、優しいダシ汁で割られててマイルドだ。

はじめは辛さ自体はほとんど感じられないのだが、食べ続けるごとにジョジョに辛さが効いてくる。それでも辛すぎることはなく、カレーでいうと中辛以下かなぁ。まぁ、カレーうどんとしての辛さはこのくらいがキホンだろう。

ドロリとカレーが絡む麺は、意外にモッチリとしていて、ビローンと持ち上げると、麺同士が絡まってしまうこともしばしば。

カレー自体は野菜は見えないぐらいに煮込まれてて、溶ける寸前の甘味のあるタマネギと肉の細切れが丼の底に溜ってる感じだ。

カレー出汁から盛り上がったうどん麺

食べ応えはカナリ高く、フツーのかけうどんとか釜揚げうどんの1玉に比べ多く感じる。やはり、カレーのトロミがプラスαで追加されて、腹持ちがいいのかなぁ。

追加トッピングした鶏天

追加トッピングの鶏天は、下味が染みこんでてそのままでもウマイが、やはりカレーうどんに投入してナンボ!
唐揚げカレーうどん的な感じになりグッドジョブなトッピングだった。

鶏天をのせたカレーうどん。まさに唐揚げカレーうどんだ。

最後はうどん麺をすすり食べ終わるのだが、カレー出汁がけっこうな勢いで残ってる。

最後はズズズッとカレーのみで啜りあげるのだが、お腹に少し余裕があれば、ご飯など投入してカレーリゾット化するのも良さそうなカレー出汁だ。
しかし、並盛りとはいえ、カナリの量のうどん麺とカレーでお腹いっぱい。次回もっとガッツリ行くときまでライス投入はおあずけだ。。

トレーに載せられた丸亀製麺のカレーうどん

食べてみると、

やさしいカレー出汁が絡む、もっちりとしたうどん麺。
390円という価格からは想定できないほど、しっかりとした味わいと食べ応えで大満足。
カレーうどん市場でも並盛り390円はカナリ安い設定やし、もっちり感あるうどん麺もナカナカ食べ応えがあった。

タル鶏天ぶっかけの案内

以前食べたことのあるカレーうどん専門店の500円ぐらいのカレーうどんに比べても格段にうまいし、丸亀製麺の中でもイチオシ感のないメニューにしてはバツグンのウマサだった。

カレーとうどんを組み合わせたカレーうどん。
シンプルな組み合わせだが、日本を代表するうどん麺と出汁で割った和製カレーが見事に絡み合い、400円以下なのだから何ともありがたい価格設定だ。

うどん屋さんのカレーうどんとなると、時としてかけ「かけうどん価格」に比べかなり高価な価格設定であることもあるが、基本のかけうどん280円に対し、カレーうどん並盛り390円、大盛りでも490円という安さ。
まさにビューティフルなカレーうどん!田中星児にも教えてあげたいくらいやし、カレーうどんファンにはマジでたまらないお値段ではなかろうか。

お店の奥にある製麺室

最近では郊外型だけでなく、東京都内の主要駅やビジネス街には必ずあるし、最近は空の玄関口「羽田空港」なんかにも出店してる丸亀製麺さん。しかも羽田空港のお店でも、空港利用者の足元を見た価格吊り上げはなく、通常店と同じ「かけうどん280円、カレーうどん390円」のスタイルを貫いてる。スバラシすぎる。

メインは釜あげうどんや釜玉うどんかもしれないが、できればカレーうどんフェチのビジネスマンやOLさんのためにも、紙エプロンサービスがあると、ありがたいなぁ。(後日、渋谷の丸亀製麺でカレーうどんを食べてみたら、紙エプロンが付いてました。半年前ぐらいからのサービスとの事。お店によりサービスが違うのかも。。2014/12追記)

フードコートの案内

まぁ、何にせよ食べ応えのあるカレーうどんが390円で食べられて大大満足♪

うどん気分の時はまたおじゃましたいな。

セルフ釜揚げうどん280円と書かれた店頭のノボリ

次回は「明太釜玉うどん」も試してみたいなぁ。

ご馳走様でした~♪

店名:讃岐うどん 丸亀製麺 コーナン港北センター南店「まるがめせいめん」
TEL:045-948-6858
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央53-1 コーナン港北センター南 1F
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅
営業時間:10:00〜20:30(LO8:00)
定休日:年中無休(※要確認)

スポンサーリンク
marugame-seimen-curry-udon2725-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!