明太子好きなら1度は食っとくべきウドン!THE明太釜玉うどん!丸亀製麺

R0000852df-icon

東京横浜のベッドタウン、港北ニュータウン。
その中心に位置するセンター南駅のすぐそばに、丸亀製麺はあります。

スポンサーリンク

讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺@コーナン港北センター南店

讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺@コーナン港北センター南店

丸亀製麺というと、郊外の路面店やショッピングセンター内フードコートを中心に展開しているうどん屋さん。

最近では都心のオフィス街や空港なんかに出店してる人気のうどん屋さんだ。

今回訪問したのは、都心のベッドタウンともいえる港北センター南店。

休日ともなると、どこの飲食店も家族連れでごったがえすのだが、こちらの丸亀製麺さんも行列のできる人気店だ。

丸亀製麺のお店の看板

まずは行列に並び、うどんをオーダーする。

スポンサーリンク

メニュー

丸亀製麺のメニュー
  • かけうどん(温) 280円
  • ぶっかけうどん(冷) 280円
  • 釜揚げうどん 280円

などなどの基本ラインナップ。とりあえず300円あるやつは、食いっぱぐれることのない、スペシャル安いラインナップだ。

しかも、大盛りは全て100円アップで対応だ♪

注文口のメニューの数々1

その他、

  • 釜玉うどん 340円
  • とろ玉うどん 390円
  • とろろ醤油うどん 340円

などなどのラインナップだ。しかし、安いよなぁ。。

注文口のメニューの数々2

以前食べたカレーうどんが何気にハイパー旨かったのは記憶に新しいが、今回はレギュラーメニューの中でも最高峰の価格を誇る「明太釜玉うどん」をお願いしてみた。

価格は400円+大盛り100円=500円ワンコインだ!うほっ!

厨房内では、ウドンのオーダーが通ると、1食分のザルに入れてうどんを温められてる。うどんを温める傍らでは、うどんの器も同時に温められてる。

チェーン店とはいえ、こうゆう細かい心配りは、目にしっかり焼きつくんだよなぁ。なんだか期待感UPするなぁ。。

丼にうどんが注がれ、明太子などのトッピングがほどこされる。

生玉子と温泉玉子から選べるようで、なんとなく温泉玉子でお願いしてみた。

天ぷらなどが並べられた、丸亀製麺のカウンター

そして明太子がたっぷりと乗せられ、きざみ海苔がふりかけられ、完成だ。
うどんを受け取ると、天ぷらやオニギリなどのコーナーへとススム。

揚げたてで美味そうな天ぷら達が、オレを誘惑してくる。でも今日はリッチに明太釜玉大盛りなんだ!ww

今日はウドンに集中させてくれww、、ということど揚げ物スルーでお会計♪

ネギと天かす入れ放題コーナー

お会計が終わると、トッピングコーナーに饂飩をもっていく。
ネギ、天かす、おろし生姜、などなどを好きにトッピングしていく。

フードコート内にある、調味料コーナー

ネギとだし醤油をたらりと掛け、開いてる席に移動だ。
どの席もテーブル席になってて、まさに「THEフードコート」という雰囲気だ。

テーブル席がメインのフードコート内

さっそくウドンを頂いてみた。

明太釜玉うどん

明太釜玉うどん

ぬおおお〜!

明太子のビビッドな赤い色合いと温泉玉子のビジュアルがなんとも美しい。

真っ赤な明太子たっぷり

さすが丸亀製麺の最高峰メニューはリッチ感がちがう♪

温泉卵を割ってみた。黄色い黄身が流れだしてる

まずは温泉玉子を「プチュ〜」と割り、明太子とまぜまぜして頂いてみた。

明太子のキリリとした辛さと塩分に、温泉卵のマイルドな味わいがが絶妙に絡む。

釜玉うどんのダシ醤油

だし醤油もタラリと掛けてみたが、この明太子の持ってる味わいだけでも、温泉卵と絡むだけでカナリいい味に仕上がってる。ウマイ!

うどん麺の上にある明太子と温泉卵

なんやろう、魚の玉子と鳥の玉子の絶妙なW玉子コラボレーション。
まさに玉子がダブルでウレシサ2倍2倍〜♪モードだ。

よーく混ぜて、麺を持ち上げてみた

うどん麺はエッジの立った噛みごたえしっかりの弾力があるタイプ。

明太子と玉子を混ぜあわせた、明太釜玉うどん

温かい汁に入れられたうどんにくらべ、本来もってるウドンの弾力感がそのまま味わえる感じだ。ナイスなコシですねぇ♪

麺を持ち上げてみた2

この麺に絡んでくる、明太子のツブツブと温泉卵のトロリ感がいい塩梅。

刻み海苔もいい仕事しててくれて、明太と玉子の中に割り込んで来てくれて、磯の香りをフワ~っと広げてくれる。

明太子と玉子がトロリと絶妙に絡んだうどん

明太子は辛すぎることはないが、やはり辛子明太子なんで、適度なオトナの辛さはある感じだ。小さいお子様や辛いものが苦手な人には、チョト注意が必要かな。

そして、うどんを最後まで啜り上げると、明太と玉子の絡んだ汁が、丼の底にたまってる。意外と汁が多くて最後は残ってしまうほどに十分入ってる。

最後はズズズっと汁を啜るのだが、結構濃い目でナカナカ味わい深い汁なんで白飯に合わせても良さそうだ。

このあたりは、前回食べたカレーうどんに似てるなぁ。

黒いトレーに載せた、明太釜玉うどん

食べてみると、

明太子と玉子のダブルたまごのコラボレーションうどん。明太釜玉うどん。

麺に絡むスペシャルコラボなW玉子がサイコーのうどんで、丸亀製麺のレギュラーメニューの最高峰であることが納得の一杯だった。

ひとつ気になったのは、このうどんにもダシ醤油は掛けるべきか、疑問が残った。

釜玉うどんにダシ醤油は要りそうだが、この明太釜玉うどんには、明太の味わいや塩分がそもそも乗っかってるので、だし醤油を掛けるべきなのか、チョト疑問が残った。オレは無くてもイイ派に1票だな。。

フードコート内の丸亀製麺

特筆すべきは、丸亀製麺レギュラーの最高峰「明太釜玉うどん」の立ち位置だろう。
並盛りで400円、大盛りで500円で供される明太釜玉うどん。

レギュラーメニューの中でも最高にエクスペンシブな価格帯やし、この味わいで大盛り500円は、スバラシイとしか言い様がない。

知床いくらうどんの案内

昨今では、「知床いくらうどん」や「カツカレーうどん」などワンコインオーバーする期間限定品もあるが、レギュラーメニューたる明太釜玉うどんは、良い意味で価格に見合ってないし、レギュラーメニューではあるが、スペシャルうどんかの一員ではないかと思われた。

昨今ではデフレスパイラルで、下げ過ぎた牛丼価格がいきなり80円値上がりしたりと、わけのわからない値上げが横行してる大手外食産業。

店内にある、うどん麺を打つところ

そんな中、讃岐うどんを提供する丸亀製麺さんは、レギュラメニュー価格はわりと安定してるし、今回食べたスペシャル最高峰レギュラーメニュー「明太釜玉うどん」は、むしろワンコイン以下でいいのぉ〜?と疑問を抱くぐらいの内容だった。

明太子好きな方にはツボにはまりそうな味わいやし、ぜひ一度喰ってみるべきうどんやと思うなぁ。

しかも大盛り上等派でも、ワンコイン以下で楽しめてヨサゲな感じの「明太釜玉うどん」やったなぁ。

うどん気分の時は、また利用したいな。
次回はフツーの釜玉うどんも試してみたい。

ご馳走様でした〜♪

店名:讃岐うどん 丸亀製麺 コーナン港北センター南店
TEL:045-948-6858
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央53-1 コーナン港北センター南 1F
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅
営業時間:10:00〜20:30(LO8:00)
定休日:年中無休(※要確認)

スポンサーリンク
R0000852df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!