激戦区に長浜ラーメンで殴りこみ!まるむら東陽町店(木場/ラーメン)

IMG_0323-01-icon

木場駅から東陽町方面に歩くこと5分ぐらい。
永代通りに面したまさにラーメン激戦区の中に「本場博多 長浜ラーメン まるむら」はあります。

スポンサーリンク

長浜ラーメンまるむら 東陽町店@木場

黄色い看板のラーメンまるむら

ロケーション的にはまさに塩ラーメンの「美学屋」のとなり。
まさにラーメン系の激戦区で、近くにはタンメンのトナリ、吉左右、◯心厨房、などなど強者揃いだ。

以前この場所は「ラーメン五鐵」があった場所で、その以前は「東陽そば」だったかな?

外観は黄色い看板が目立ってて、丸の中に「村」というロゴが目立ってる。
看板には「650円から」の文字が強調してあり、なんとなく安心感がある。

店内にある券売機メニュー

店内に入るとまずは食券を購入します。

スポンサーリンク

メニュー

  • 長浜ラーメン 650円
  • チャーシューメン 850円

の2種類だ。

トッピングはオール100円で、ネギ、玉子、キクラゲ、のり、生ニラ、などが準備されてる。

替玉は100円で博多価格で提供されてる。食券を購入しなくても席での現金決済もOKなので、一杯目を食べてから決めることも可能だ。

「博多冷麺700円」なるメニューもあるようで、夏用メニューなのかまだボタンは押せない。これは楽しみだ。

長浜ラーメンの食券

今回は初訪問なんで、基本であろう「長浜らーめん」をポチッとおしてみた。
席につき食券を渡す際に麺の硬さを告げます。
食券には、カタ・フツウ・ヤワ、と書かれてるが、バリカタの注文も可能だ。とりあえず定例のバリカタでお願いしてみた。

ランチタイムはライス無料で付けてもらえるので、当然お願いしてみた♪

店内は厨房に面したカウンター席のみの構成で、ブリキのトタンのような壁に、木のテーブル。
どことなく長浜にある屋台を彷彿とさせる佇まいだ。

店内には開店時の祝い花が置かれていて最近オープンしたてのようだ。まだキレイめの店内は初々しさがありますね。

カウンター上の卓上調味料類

テーブル上の卓上調味料類は、紅ショウガ、辛子高菜、ゴマ、コショウ、そしてラーメンのタレまで揃ってる。

そして5分ほどでラーメンが供された。

長浜ラーメン

長浜ラーメン

肌色の豚骨スープがなんとも美味そうだ。
まずはスープを一口頂いてみた。

レンゲに乗せたスープ

豚骨臭は意外と抑えめで食べやすい系。豚骨の旨味はしっかり詰まっとる。

久留米ラーメンや博多ラーメンのようなガツンとパンチのある豚骨と違い、あっさりと頂ける長浜屋台のようなあっさり豚骨。
呑んだあとのシメの一杯なんかにもイイカンジだろうな。

博多極細ストレート麺

麺は博多極細ストレート麺。
粉っぽさも残っててワシワシ啜れてうまい。粉っぽい感じが嫌いな人にもヤワメでチュルンと啜れそうなナカナカ美味い麺だ。

トッピングはチャーシュー、ネギ、キクラゲだ。

チャーシュー

チャーシューは脂身の乗りもよく柔らかめでテロンと頂ける。
大ぶりで長さのあるチャーシュー2枚だが、カナリの薄切り感。チャーシュー好きはチャーシューメンの選択は必須かもしれない。

キクラゲはノーマルラーメンとは思えぬほど大量に入っとる。
柔らかめで適度にコリコリ感があり、ラーメンを啜る途中の箸休め的にもイイカンジだ♪

ライスに辛子高菜をのせた

サービスライスは普通の大きさよりチョイ小さめの茶碗に一杯。
卓上の辛子高菜をのせて頂いてみたが、これがナカナカうまい。

卓上の辛子高菜と紅ショウガ

博多のラーメン屋にある唐辛子まみれの辛子高菜と違い、高菜の旨味を残して辛さはやや抑えめ。
まさにラーメンよりもご飯に合う辛子高菜だ。

そして麺も啜りおわり替玉をバリカタでお願いしてみた。現金決済で100円をカウンター上にオン♪

店内に書かれた現金決済の案内

すぐに替玉が替玉が供された。

湯切りのザルでラーメン丼にそのまま投入してくれる長浜スタイルやな〜♪

湯切りのザルからラーメン丼に直接替玉を入れてます

ラーメンのタレをチョイ入れで、辛子高菜を投入。
辛さ抑えめの辛子高菜なんで、かなり大量に入れてみた。

替玉に辛子高菜投入

麺はバリカタで粉っぽさアリアリで、ワシワシ頂けてウマイ!カタメン好きにはこりゃタマラン♪
一杯目のと違い、辛子高菜の風味もプラスされてイイカンジに啜れる替玉だ。一杯目の麺量より明らかに多い。

食べた終えた食器はカウンターの上に置く案内

食べてみると、

豚骨がガツンと来るタイプではないが、豚骨臭がおさえめの比較的食べやすい豚骨ラーメンという感じだった。
店の雰囲気や替玉提供の感じなど、どことなく長浜の屋台を彷彿とさせる感じが印象的。

特筆すべきは麺の旨さだろう。
本場の博多極細ストレート麺がかなり旨く、ワシワシ啜れてイイカンジだった。
好みに合わせて麺の硬さがオーダーできるのも本場ならでわでアリガタイ。

長浜ラーメンと書かれた店頭の赤ちょうちん

また、ラーメン650円から提供されてて、関東豚骨ラーメン市場(しじょう)においてもかなり頑張ってると思う。

博多地元価格とまでは行かないが、東京という地で650円でこの旨さならパフォーマンス的にもお得感がある。
(ワンコイン替え玉無料の博多天神長◯ラーメンとか関東発祥の似非ラーメンは比較検討外)

大将にいろいろとお話を聞いたのだが、
・東陽町店と書いてあるが、この店が初出店のお店。(もしかしたら、これから展開するのかも。)

・大将は小倉生まれの博多育ち。豚骨はいろいろ食べ歩いてるみたい。

・東銀座にあるラーメン山ちゃんの店長だった。(本店は福岡の長浜公園の横。まるむらは山ちゃんとの関連はないらしい?)

店頭の赤いラーメンののれん

木場というラーメンつけ麺激戦区で、長浜ラーメンで殴りこみをかけた「ラーメンまるむら」さん。
ピュア豚骨という大好きなジャンルなだけに、ぜひとも頑張ってもらいたい。

木場に来る時はまたおじゃましたい。

次回はチャーシューメンを食べてみたいなぁ。

ご馳走様でした〜♪

店名:まるむら 東陽町店
TEL:03-3646-7999
住所:東京都江東区東陽3-17-14
最寄駅:木場、東陽町
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:日曜日(※要確認)

スポンサーリンク
IMG_0323-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!