厚切りロースかつ定食1300円!お値段以上のガッツリ系とんかつ!まるや(浜松町)

GR0003271df-icon

浜松町駅の北口から歩いて1分ぐらい。
駅前にそびえたつ「汐留ビルディング」の1F飲食フロア「ハマサイトグルメ」に、まるやさんはあります。

スポンサーリンク

とんかつ まるや@浜松町店

とんかつ まるや@浜松町店

お店の前には、デカデカと書かれた「ロースかつ定食700円」の文字がキラリ輝いてる。

ロースかつ700円と書かれた立看板

まずは白いノレンをくぐり、早速入店してみた。

店内のカウンター席

店内は大き目のカウンター席をメインとした感じで、テーブル席も準備されてる。

木を使った佇まいで、とんかつ屋さんらしい和風な雰囲気だ。

まずは、メニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

壁に掛けられた定食のメニュー
  • ロースかつ定食 700円
  • 海老カツ定食 800円
  • メンチカツ定食 800円
  • ヒレカツ定食 1000円

などなどのラインナップ。

ランチタイム11時〜14時は、ロースかつ、ヒレカツ、海老カツなどの5品限定のメニューだが、14時をすぎると定食メニュー全てが選択可能。

今回は遅めのランチということもあり、普段食べてるロースかつ定食700円以外を食べてみることにした。

ランチタイム以外の豪華版メニューとしては、

  • ロースミックスかつ定食 1300円
  • 厚切りロースかつ定食 1300円
  • ヒレカツ1.5倍定食 1300円
  • デラックスかつ定食 1600円

やはり、脂身の少ないヒレカツにもトキメクが、やはり長年食べ続けてるトンカツでもロース定食だけは外すことができない。。ライスとともにかき込むアノロースの甘味が味わいたい!

というわけで、厚切りロースかつをオーダーしてみた。
メニューの脇には「限定」の文字もあり、なんだかテンションがあがるなぁ♪

一品物と飲み物メニュー 卓上の一品物、定食トッピング、飲み物メニュー

トッピング追加メニューや夜の単品メニューもあり、昼夜問わず楽しめそうだ。

卓上のソースの入った壺と調味料類

店内はランチタイムを過ぎてるからか、比較的空いてて半分ぐらいの席の埋まり様。

やはりロースかつ定食が一番人気のようだ。カウンター席で遅めのランチを楽しむサラリーマンの方が多い。

店頭のテイクアウトお弁当コーナー

店頭には、お持ち帰りテイクアウトのお弁当も売られてて、ランチタイム時の人気の高さがわかる。おそらくランチタイム真っ盛りの時間帯は、このでかい汐留ビルディングの人たちで、ごったがえしてるのがわかる。

汐留ビルディングのハマサイトグルメの案内板

とんかつの「まるや」さんというと、新橋、有楽町、青山一丁目など、いうたらサラリーマンの多い街に店舗展開してるトンカツ屋さん。

これまでも、新橋や有楽町店では、ガッツリとランチかつを堪能したことは記憶に新しいが、浜松町の汐留ビルディングにもあるとは知らなかった。

駅からも徒歩1分ぐらいやし、とんかつ補給するには絶好のロケーションだ。

そしてオーダーから10分ほどで、厚切りロースかつ定食が供された。

厚切りロースかつ定食

厚切りロースかつ定食

ぬおおおお〜!

いつも食べてる700円のロースかつと明らかに大きさが違い、手のひらサイズを優に超えてる♪
フツーの700円ロースかつだと小さめの白い皿だが、厚切りになると皿も大きくなり皿のグレードも高くなるようだ!

厚切りロースかつの断面

厚みは2センチ前後というところだろうか。
ノーマルのロースかつの2倍はあるなぁ。

揚げ色はキツネ色を若干通り越した、シッカリ揚げ感で、キメの細かいパン粉の衣が何とも美しい。

卓上のとんかつ用の塩

いつもはソーズぶっかけでカラシで頂くまるやのトンカツだが、値段もソコソコ張る厚切りなんで、まずは塩で試してみた。

厚切りロースかつを箸でもちあげてみた

厚みのある肉は割りとシッカリとした噛みごたえで、塩と合わさると肉の中にある脂の甘味が溢れだす。うまい。

厚切りとんかつの断面

断面を見ると、ロースかつ特有の豚の脂のカタマリは少なく、肉そのものに脂の刺しが入ってる感じ。

ストレートなロース脂の洗礼はないが、どことなくヒレに近いヘルシー感があるロースかつ。

塩をつけた、ロースかつの断面

ノーマル700円のロースかつとは肉が違うのか、ちょっと上質な感じの食感だなぁ。

ソースの壺から杓子ですくいあげるところ 卓上に置かれた黄色いからし

そしていつものソース&カラシでも頂いてみた。

やはり厚切りになっても、まるやさんのトンカツはソースが非常に合う。

ソースがしたたり落ちるとんかつ

ソースの酸味とロース脂が合わさると、ごはんの相棒として最高のパフォーマンスを発揮する。

マジでゴハンがワシワシススムぜぇ〜!

御飯と味噌汁はお代わり無料なんで、早速頂く。

大き目の茶碗に盛られた御飯

ごはんは、ふっくら炊きたてアツアツで、米の光沢感が何とも美しい。

大き目の茶碗に盛られてるので、一杯だけでもけっこうな量だが、ソース&トンカツの御飯ありきの内容なんで、当然お代わりモードだ。

お代わりの時は、御飯の量をオーダーできるので、半分とかフツーとかでオーダーする。とりあえずトンカツうまいので、フツー盛りお代わり♪

赤だしのシジミの味噌汁

味噌汁はシジミの入った赤だしの味噌汁。

シジミのエキスがよーく出た、なんともホッとする味わい。アルコールで酷使してる肝臓くんにジンワリ染みわたる感じがいいなぁ〜♪

まさにビジネス街を中心に展開する「まるや」さんならではの味噌汁といえるなぁ。

ゆず風味の大根の漬け物

漬け物は大根の漬け物が付いてて、ほんのり柚子風味。
ソースとかつをガッツリ食らったあとは、やさしい味わいのコノ漬け物がなんとも味わい深いなぁ。

厚切りロースかつ 厚切りのところに印が付けられた、お会計の伝票。

食べてみると、

厚みしっかりで、かなり大判のロースかつにマジ大満足!

700円のノーマルロースかつに比べ、厚み大きさともに2倍近く楽しめたが、ノーマルのロースに比べ脂のノリは意外と抑えめだったので、ヘルシーかつを多めにガッツリかつを喰らいたい方には、かなりオススメの厚切りロースかと思われた。

店頭に貼られた「ロースかつ700円、ごはん味噌汁お代わり自由」と書かれたポスター

特筆すべきは、御飯と味噌汁のお代わり無料の「まるや」さんの心意気だろう。

700円から食べられるロースかつも、1000円オーバーの厚切りロースかつも、全ての定食に標準装備されてる「御飯、味噌汁お代わり無料」。

人生カツを食らって勝つ!!と書かれた壁の額

東京でとんかつを食べるとなると、それなりの価格、1000円前後になるのが世の常だが、ロースかつが700円から食べられて、定食のラインナップ全てにお代わり無料が標準装備されてる。

いうたら、ごはんとシジミの味噌汁のお代わりありきで、ロースかつ定食や海老カツ定食をつまみ、お腹いっぱいになるという方程式もあり得るのだ。

浜松町駅前にそびえたつ、汐留ビルディング

ビジネス街のなかで「とんかつ」という位置づけは、普通の定食に比べ若干スペシャル感漂うおかずやと思うし、まさに午前中の仕事に対する自分へのご褒美、もしくは昼からの仕事に対する自分への投資とでもいえるのではなかろうか。。

汐留ビルディングからみた浜松町駅

財布の中のフトコロ事情は皆違うが、誰もが「まるや」さんの定食をガッツリ食らって、東京から日本経済を支えてるのだろう、、と思ったりした。

浜松町北口前のガード下

浜松町でとんかつ気分の時は、またおじゃましたい。

店内の角ハイボールのメニュー

夜も営業されてるようなので、ハイボールでトンカツなんかを食べてみたいなぁ。

浜松町駅北口

ご馳走様でした〜!

店名:とんかつ まるや 浜松町店
TEL:03-6432-4550
住所:東京都港区海岸1-2-20 汐留ビル 1F
最寄駅:浜松町駅(JR,東京モノレール),大門浜松町(都営大江戸線)
営業時間:11:00~22:00,土日祝11:00~20:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0003271df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!