麺屋 みちしるべ(二子玉川/ラーメン)特製中華そば

二子玉川駅から246号線の方に歩くこと5分ぐらい。
大通りから少し入り込んだ細い路地に「麺屋 みちしるべ」はありました。


麺屋 みちしるべ@二子玉川

外観は和風な木を使った佇まいで、新しいお店なのか、けっこうキレイなお店ですね。
店頭にはランチタイム限定の「麺大盛り無料」の文字や、「駒沢大学生限定、麺大盛り&小ライス無料」の立看板が目立ってます。

店内に入るとまずは食券を購入します。

メニューは基本構成としては、中華そば、つけ麺、まぜそばの3つのラインナップで、
中華そば 680円
特製中華そば 880円
つけ麺 700円
特製つけ麺 900円
まぜそば 750円

麺の大盛りは100円増し、つけ麺のみだが特盛は200円アップだ。

基本メニューは中華そばのようだが、メニューの写真を見ると特製のトッピングがカナリ豪華そうなので「特製中華そば」880円をぽちっと押してみました。

店内は厨房に面したカウンター席が中心。
厨房内は若い男子二人で切り盛りされてます。
お客さんは会社帰りのサラリーマンの方や学生さん、若い女性二人の方など、意外と幅広いなぁ。

そして15分ほどで特製中華そばが供されました。


特製中華そば

まずはスープを一口いただいてみた。

ふわっと魚介の風味を感じて、口に広がるベースの鶏ガラ、豚骨を感じる。
店頭に書いてあった「白濁動物系をブレンドした濃厚Wスープ」というほど濃厚ではないが、
ベースの鶏ガラ、豚骨、のうまみが詰まってる感じだ。

麺は三河屋製麺製の中太麺。
ぷりっとした食感で、芯をを残さない茹で加減。

中華そばとしてはこのくらいのプリプリ感あって、ズルズルイケるのがイイですね。

トッピングはチャーシュー3マイ、2つに割られた味玉、メンマ、海苔だ。

チャーシューはホロホロに煮込まれていて、ツルッと食べられるチャーシューだ。

味玉は味付けはおさえめで、味玉と言うより煮玉子という感じだろうか。

メンマは太めのタイプでゴリッとした食感。
香りのいいメンマで、口から鼻にかけてメンマの芳醇な香りが広がる。

そして、麺をすすりながら、スープも味わってると、なんだか味が単調な感じがしてきた。

ベースのうま味はあるのだが、何か1つインパクトみたいなものがなく、ちょい飽きがでてくる。

さっそく卓上に置かれた魚粉を投入して味変を試してみた。

おおおっ!
魚介のパンチがさらに加わってコレはうまい。

フツーのラーメン屋に置いてあるパウダー状の魚粉と違い、乾燥した魚の細切れみたいなのも入ってる。
口の中でツブツブの魚の粒を噛んでみると、口の中でぶは〜っと濃厚な魚の感じが広がる。

これこれ!濃厚魚介に早変わりです♪
濃厚な魚介系の中華そばに味変して、最後のスープまで美味しく完飲することができましたYO〜♪

食べてみると、魚介系の中華そばということだったが、ノーマルの状態だとカナリ優しい味わいの中華そばだった。
鶏ガラや豚骨など、ベースにあたる部分のうまみはしっかり出てるんだけど、濃厚魚介系というにはパンチ力が少ない気がした。

やはり二子玉川というハイソな土地柄、優しめの中華そばがウケるのかもしれないが、インパクトという部分ではチョト物足りなかったなぁ。

やはりココは卓上の魚粉がいい味を出してくれてると思う。
パウダー状のよくあるアレとは違い、濃厚な魚のエキスが凝縮されたツブツブが、濃厚な魚介感を出してくれる。

ベースの鶏ガラや豚骨はしっかり出てるので、お好みに合わせて魚粉で調整するのがベストかと。。

ニコタマでラーメン気分の時はまたお邪魔したいと思う。
次回はまぜそばの方を試してみたい。

ご馳走様でした〜♪

店名:麺屋 みちしるべ
TEL:03-3700-1830
住所:東京都世田谷区玉川3-13-4 第一玉川ビル1F
最寄駅:二子玉川
営業時間:11:00~25:00,日祝11:00~22:30
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事