長崎亭(福岡薬院/ちゃんぽん,ラーメン)玉子入り大盛りちゃんぽん!

nagasakitei-yakuin-chanpon02-icon

薬院駅から歩いて5分ぐらい。
城東橋を渡って薬院大通の方に歩いて行って、三菱自動車の目の前ぐらいに「長崎亭」さんはあります。

スポンサーリンク

長崎亭@薬院

長崎亭薬院店

ちょうど6差路(?)の角地にあるお店で、赤い看板に「長崎チャンポン・ラーメン 長崎亭」と書かれてるのですぐわかりますね。

こちらの長崎亭薬院店さんは、福重にあるチャンポンが有名なお店の薬院店ですね。
福重の方ではラーメンを食べたことがあったが、チャンポンは初体験なんでなんだか楽しみです。

店内は厨房に面したカウンター席とテーブル席の構成。
一人飯にもいいが、家族でのラーメンなんてのも良さそうだ。

店内に貼られたメニュー
スポンサーリンク

メニュー

  • 長崎チャンポン 560円
  • 大盛長崎チャンポン(玉子入り) 770円
  • ラーメン 450円
  • 大盛りラーメン 600円
  • チャーシューメン 700円
  • 野菜炒め 550円
  • 餃子 250円

などなどのラインナップ。

ラーメンとチャンポンの併設店は博多では旨いことが多く、期待感が高まる内容だ。

しかもラーメンやチャンポンのみならず、餃子や野菜炒めなども取り揃えてる、定食系でガッツリいける感じもいいなぁ。。

今回はチャンポン気分なので、長崎ちゃんぽん、もちろん大盛りでお願いしてみた。

注文すると「玉子が入ってますけど、、」ときちんと説明されます。きっと玉子がダメな人への配慮なのだろう。

卓上の調味料と紅ショウガ

厨房内では若い店員さんがチャンポンを作られてます。
大きな中華鍋で野菜やチャンポン麺を炒められてて、5人分ぐらいドドーンと一気に作られてますねぇ。

そして10分ぐらいでチャンポン大盛りが供されました。

長崎チャンポン大盛り

長崎ちゃんぽん大盛り

ノーマルのちゃんぽんよりカナリ大きい丼に盛られてます。
写真の玉子はうずらの卵でなく、フツーの卵なのでその大きさは圧巻だ。
レンゲの大きさもやたらデカクて、すごい勢い♪

まずはスープを一口頂いてみた。

豚骨ベースの肌色のスープ

豚骨ベースのチャンポンで、大衆料理店的な味わい。
ラーメン併設店ならではの豚骨のコクの効いたウマイちゃんぽんだ。

大量の野菜と生卵

盛られたヤサイはシャキシャキしてますね〜。
キャベツ、モヤシ、豚バラ、イカゲソ、ピンクカマボコなど。。
これでもかと言わんばかりの盛りっぷりだ。

チャンポン麺

麺はオーソドックスなチャンポン麺だが、かなりヤワメでプルプルとした食感。
シャキシャキ目のヤサイと絡めると、プルプル目の麺との相乗効果でナカナカうまい。

麺の量は大盛りと実感できるカナリの量。圧巻の食べごたえだ!

玉子は食べる前にクラッシュしてみたが、これがナカナカいい塩梅。
肉やヤサイのエキスがでたスープが、マイルドかつコクのある仕上がりになっててワシワシいける♪

最後は野菜と豚肉のエキスの出たスープ完飲です。

店頭に掛けられた赤いのれん

食べてみると、

ラーメン併設店ならではのチャンポンの味わいで、コクのある豚骨のスープに野菜と豚バラ肉の旨味が染み出して、かなりウマイチャンポンだった。

大盛りゆえ、食べ続けると飽きが出てくるが、卓上の黒胡椒をササッとかけると、これまた絶品♪
普通のコショーと違い、キリッと締まった感じのちゃんぽんスープとなり、味変して最後まで楽しめた。

店頭の赤い袖看板

味もさることながら、特筆すべきは安いお値段だろう。
ノーマルのチャンポンなら560円、ラーメンも450円から提供されてるアリガタイ価格。
今回の大盛りは770円だったが、価格以上の大盛り感で、大満足の一杯だった。

次回はシメのラーメンでもおぢゃましたいな♪

ご馳走様でした〜♪

店名:長崎亭 薬院店
TEL:092-791-7115
住所:福岡県福岡市中央区薬院1-7-1
最寄駅:薬院駅
営業時間:11:00~24:00
定休日:不定休(※要確認)

スポンサーリンク
nagasakitei-yakuin-chanpon02-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!