中川家(港北NT、川和町/ラーメン)

横浜市営地下鉄グリーンラインの川和町駅が最寄駅。
川和中学校とか都田公園の裏を走る、比較的静かな道路沿いに「中川家」はありました。


中川家@港北NT川和町

駅からだと歩くとケッコウかかるし、駐車場も6台ぐらいあるので、車のほうが便利かも。
川和台の交差点近くにあるセブンイレブンの横で、赤い看板が目印ですね。

駅前でもなく、賑やかな通りでもなく、静かな国道沿いにぽつりとあるラーメン屋さんですね。

店内に入るとまずは食券を購入します。

▲店内の券売機メニュー

基本は豚骨醤油と書かれているので「家系ラーメン」ということだろう。
メニューは、
ラーメン 690円
味玉ラーメン 840円
にらもやしラーメン 840円
キャベツもやしラーメン 840円
チャーシューメン 890円
中川スペシャル 1000円
お子様ラーメン 280円
の設定だ。

メニューの写真を見ると、基本のラーメン690円でも玉子半分入ってるが、味玉ラーメンになると840円で玉子2個分入ってるようだ。
基本のラーメンに半分でも味玉が入ってるのは嬉しいけど、基本のラーメンが690円はチョト高いかなぁ。味玉840円にすると2個だとチョト多すぎてて高いし。。。

その他、つけ麺、担々麺、味噌ラーメンなんてのもあるようだ。

まずは基本であろうラーメンのボタンをぽちっと押してみました。

ラーメンは家系らしく、味の好みが選べるようです。
麺の固さ、味の濃さ、油の量、きざみねぎの量、の4種類オーダー可能だ。

味も選べるようで、醤油の2つから選択可能だ。

とりあえず全てノーマルで、麺だけ固めで、家系の基本形「醤油」でお願いしてみた。

店内は厨房に面したL字のカウンター席とテーブル席が4つほど。
休日の訪問だったが、港北ニュータウンというロケーションからか、家族連れの方が多いようですね。

厨房内では、若い男子店員さんと女性2名の3名で切り盛りされてるようです。

そして15分ほどでラーメンが供されました。


ラーメン@690円

ルックスは明らかに家系ラーメン。
ほうれん草が入ってて、丼のフチには海苔が差してありますね。

まずは、スープを一口いただいてみた。

おおっ!
若干とろみのある肌色のスープは、パンチの効いた味わいでナカナカうまい。
豚骨と鶏油の香りがふわーっとして、醤油などのカエシのパンチが効いてる感じだ。

油もノーマル仕様だが、しっかり浮いとります。

スープ全体としては、濃厚な感じではなく、わりとライト目な印象。

麺は家系の少しつぶれた感じの太麺ではなく、若干細めの中太。
しっかり固めの芯の残る茹で加減で、ワシワシと美味しく啜れる。

ラーメン丼が若干小さく、麺の量はチョイ少なめ。
ガッツリ行きたい人は大盛り2玉100円アップは必須かも。

チャーシューは見た目ワイルドな硬めのものかと思われたが、
意外にも柔らかくて、ほろっと崩れる感じでうまい。

玉子は半分に切られたものが入ってて、黄身はほぼ固まりかけてる。
黄身への味付けはアッサリとした感じで、スープのパンチのある感じにチョイ負けてる。

ほうれん草は独特の苦味が良いアクセントになっててイイカンジ。
メンマはコリッと歯ごたえがあるが割と少なめ。家系でメンマがあるのは結構珍しい。

海苔はスープに浸して柔らかくして食べるとコレはうまい。
大判のものが3枚も入ってるので、ノーマルラーメンといえど満足感が高い。

最後の残ったスープを飲み続けると、醤油などのカエシのパンチが強いので、若干塩っぱく感じてくる。
ライスなんかと組み合わせて食べると良さそうなスープという感じだ。

食べてみると、ルックス同様まさに家系ラーメンの味わいで、豚骨よりも醤油などのカエシが強めの家系ラーメンだった。
濃厚とまではいかないが、醤油などのカエシが結構効いてる分、キリッとした家系ラーメンを食べたい時には良いかと思う。

今回はラーメンのみだったが、最後のスープはライスなどと組み合わせて食べるとイイカンジだと思う。

次回はラーメン+ライスでも試してみたいと思う。

ご馳走様でした〜♪

店名:中川家
TEL:045-944-0183
住所:神奈川県横浜市都筑区川和台12-9
最寄駅:横浜市営地下鉄グリーンライン 川和町駅
営業時間:11:00~翌0:00
駐車場:店頭3台あり、お店の裏3台あり
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事