元祖ニュータンタンメン本舗(綱島/ラーメン)川崎式の溶き卵担々麺

綱島駅から歩くこと3分ぐらい。
飲食店などが密集した繁華街の中に「ニュータンタンメン本舗」はありました。


元祖ニュータンタンメン本舗@綱島

店内にに入るとまずはビビッドな黄色のカウンター席が目に飛び込んできます。

メニューは麺類、ご飯類、餃子、おつまみなど、軽めの中華食堂としても利用できそうなラインナップだ。

基本メニューは、
タンタンメン 700円
醤油ラーメン 600円
タンメン 750円
サンマーメン 750円
などなどのライナップ。

焼肉定食などの定食系や餃子、チャーハンなんかもあり、中華食堂としてのラインナップは申し分ない感じだ。

まずは初訪問なんで基本メニューであろう「タンタンメン」をお願いしてみた。

辛さもオーダーできるようで、控えめ<普通<中辛<大辛<めちゃ辛、から選択できるようだ。
とりあえず真ん中の中辛でお願いしてみた♪

店内はカウンター席とテーブル席の構成なんで、一人メシにも良さそうだし、家族での食事にもイイ感じに使えそうだ。

そして10分ほどでタンタンメンが供されました。


タンタンメン

ぬうおおお〜!
真っ赤なスープと溶き卵の黄色がメチャメチャうまそう♪

まずはスープを一口頂いてみた。
鶏がらベースのような味もするけど、ニンニクと唐辛子の風味が勝っていて、かなり鋭い辛さだ。

スープ自体は真っ赤な色をしていて、唐辛子の効き具合もナカナカ。
中辛とは言えど汗がじんわりと出てきますね。

卓上メニューにも書いてあったが、唐辛子とニンニクでダイエットの効果もありそうだ♪

具材は挽肉と溶き卵。
溶き玉子がスープの辛さと絡まり、うまく辛さを中和させてくれてる感じだ。

玉子は固まる寸前のフワフワの状態でスープに浮いてる。
しかも麺が見えないほどスープにビッシリと敷き詰められた玉子。
ふわふわゆえ、麺への絡みもナカナカイイカンジだ♪

おそらく、この溶き卵がなければ、鶏がらベースのスープに唐辛子とニンニク味だけの単調な味なのだが、
ふわふわの溶き卵が加わることで玉子のコクと、辛さをマイルドにする効果がでてるのだろう。

挽肉の量はソコソコで、事前に下味がついてるようだ。

麺は中太のストレート麺。
ぷりっとした食感で、麺を啜るたびに溶き卵が絡んでくる。

そして最後はスープの中に残った、たっぷりの溶き卵をレンゲで頂きました。
最初は辛そうな感じだったが、唐辛子と玉子が中和された感じでコクもあり、最後まで飽きずになんだか美味しかったなぁ。

意外と最後は白飯なんかを投入して、雑炊チックに食べるのも良さそうだ。

食べてみると、世で言われる担々麺とは全く別物の「タンタンメン」だったが、唐辛子とニンニクの効いたスープに絡む溶き卵がナカナカ美味しく、ジャンクな感じもするけどナカナカ美味しいタンタンメンでした。

ふつう担々麺というと、中華料理メニューの1つとして、胡麻の風味やピーナッツの風味が効いたアレが定番だが、カタカナ表記の「タンタンメン」は全く別物だ。

しかも「ニュー」が付いているということは、本来の担々麺の新しいスタイルだという主張の現れかもしれない。

ニュータンタンメンというと川崎、横浜を中心に展開しているチェーン店みたいで、川崎市民は、昔から慣れ親しんで食べてきたソウルフードらしい。

ワタシの周りの川崎人は「これがフツーのタンタンメンだ〜!」と言って、本来の担々麺はタンタンメンではないと言って聞かない人もいるぐらいだ。

なかなかウマイので、川崎のソウルフードとして、また食べてみたいと思う。
次回は辛さを少しあげてみよっと。

ご馳走様でした〜♪

店名:元祖ニュータンタンメン本舗 綱島店
TEL:045-540-8881
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1-7-11 みなみ綱島ビル1F
最寄駅:東急東横線 綱島駅
営業時間:18:00~02:00,日祝日11:30~00:00
定休日:水曜日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事