味司 野村(岡山/かつ丼)岡山名物デミカツ丼!

岡山名物ドミグラスソースのかかったドミカツ丼!「野村」

味司 野村のお店の外観

岡山駅から路面電車沿いに歩くこと5分ぐらい。
大通りから曲がった小道に「野村」はありました。

岡山への移動中に岡山名物を調べてたところ、ドミグラスソースのかかったドミカツ丼なるものがあるようで、興味深く早速訪問してみた。B級グルメ的にもコレははずせませんよ〜!

外観は和風な佇まいで、店頭にある「カツ丼 野村」の看板が目印です。

落ち着いた店内

店内も和風な感じで、昔ながらの民家を思わせるような落ち着いた感じです。

テーブルでのオーダーではなく、食券制になっていますね。

店内の券売機

まずは券売機で食券を購入。

メニューは
カツ丼(ロース)750円 (ヒレカツ)850円
上カツ丼(ロース)1100円 (ヒレカツ)1200円)
などなど、基本的にかつ丼がメインのお店です。
卵とじのカツ丼とドミカツ丼と同じ値段で選べるようです。デミカツ丼でなくドミカツ丼なんですね♪

カツレツライス、カツサンドなんてのもありますね。

さらに、普通の卵とじカツ丼とドミカツ丼セットになったものがあり食べ比べができるのだ

食べ比べセットは小さめの器の、孫膳(ロース)900円、(ヒレ)1000円
普通のサイズのは、子膳(ロース)1200円、(ヒレ)1400円
小さい丼でも2つ食べれば十分だろうということで、「孫膳ロース900円」を押してみました。

テーブルに座り食券を渡し、10分ほどで料理が供されました。

カツ丼とドミカツ丼の食べ比べセット

いわゆる卵で閉じられたカツ丼と黒いドミカツ丼、味噌汁と漬け物がセットです。

普通の卵とじのカツ丼
まずは

普通のカツ丼を食べてみると、甘めの割下と卵でとじられたカツは、衣がしんなりとしています。

カツは器に比例してかなり小さく、一口カツって感じですね。

カツは衣がしんなりとしています

ロースということだが脂身もほとんどなく、ヘルシーに食べられるカツ丼ですね。

甘めの割下と半熟気味の卵を絡めて美味しく頂けます。

ドミカツ丼

ドミカツ丼は、黒く粘度の高いドロドロのソースがかけられて、上にはグリンピースが乗っかってます。ソースの下には湯通ししたキャベツが少々。

一口食べてみると、ソースは甘めの味噌の味にドミグラスソースの風味をつけた感じ。

ドミカツ丼のソースはドロドロです

なんとなく甘めの味噌を使うという部分では名古屋の味噌カツを彷彿とさせるが、味はドミグラス。
和風っぽさも漂うが、香りとしてはドミグラス。。。

うーん。複雑な味だが、普通のカツ丼のドミグラスソース版として捉えずに、「ドミカツ丼」っていうジャンルの食べ物と思えばストレートに受け入れられるのかも。

卵でとじたフツーのカツ丼と比較しないで、次回はドミカツ丼単体で食べてみたいですね。

店名:味司 野村 (のむら)
TEL:086-222-2234
住所:岡山県岡山市北区平和町1-10
交通手段:岡山駅、西川緑道公園駅
営業時間:11:00〜21:00(L.O)
定休日:無休、年末年始は除く(※要確認)

スポンサーリンク

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!