朧月(銀座,有楽町/ラーメン)ザギンで頂く濃厚ドロドロつけ麺!

foodpic1348198-01-01-icon

地下鉄銀座駅から歩くこと5分ぐらい。最寄駅だと有楽町、日比谷も近いですね。
数寄屋橋の交差点のところか新橋側に曲がって、少し歩いたところに「朧月」さんははあります。

スポンサーリンク

朧月おぼろづき@銀座

銀座朧月のお店の外観

店頭には「銀座 朧月」と書かれた看板が掛けられてるので、すぐに分かりますね。
なんとなく銀座というロケーションからか、看板だけみると高級料亭のような感じがしますねぇ。

店内に入るとまずは食券を購入します。

お店の中の券売機メニュー つけ麺と中華そばのメニュー
スポンサーリンク

メニュー

  • 濃厚つけ麺 並800円 中・大850円
  • 辛つけ麺 並900円 中・大950円
  • 特製つけ麺 並1000円 中・大1050円
  • 中華そば 並750円 大二玉850円
  • チャーシュー麺1000円

などの設定ですね。

麺の量が並と中までが同じでなく、中と大が同じ価格なのはけっこう珍しいですね。
並で240g、中で360g、大で480gのようだ。

銀座という地代の高いロケーションでありながら、並の濃厚つけ麺が800円から頂けるなんて、ありがたい価格設定ですよね。きっと並で提供するのも銀座という土地柄大変なんだど思う。。。

今回は基本であろう濃厚つけ麺の並盛でお願いしてみた。

カウンター席のみの狭い店内

店内はケッコウ狭くて、厨房に面したL字のカウンター席のみで、7人ぐらい座ると満席な感じ。

意外とサラリーマンの方やOLさんなんかに人気のお店のようだ。

店員さんは男子店員さん2人で切り盛りされてます。
オペレーションの様子も客席から見渡せて、麺をゆでたり盛り付けをしたりと一連の流れを見ることができますねぇ。

一杯ずつ丁寧につけ麺が作られてますね。

なんとなくだが作られてる方が、お笑いのサンドイッチマンの金髪でない方のボケ役の方に似ているなぁ。。。富澤たけし、、だったっけ?

そして15分ぐらいで濃厚つけ麺が供されました。

濃厚つけ麺

濃厚つけ麺の麺並盛

まずは麺をつけ汁に浸して頂いてみた。

麺は普通盛りで240グラム

ドロドロのつけ汁は麺に良く絡み、ズルズルとつけ汁をたぐり寄せてきます。

濃厚でドロドロの魚介系つけ汁

つけ汁はいわゆる魚介系つけ麺の基本であるようなつけ汁で、動物系のコクと魚介のうま味がイイカンジにまとまってます。

麺はカネジン食品製ストレート麺

麺は太麺ストレート麺。
もっちりした太麺で、粘度の高いつけ汁がどろりと絡んできて、ワシワシと美味しく啜れる。

つけ汁の中にはチャーシュー、メンマ、タマネギ、そしてチャーミングなナルトちゃんが入ってる。
チャーシューは一口サイズに小さくされてて、柔らか目でイイカンジ♪

チャーシューは一口サイズでつけ汁に入ってる

タマネギは独特の苦味と甘さ、そしてジャクジャクとした食感が加わり、濃厚魚介系のつけ汁には珍しい食感。
このタマネギが意外にもウマすぎる。タマネギがなければただの魚介系つけ麺という感じだが、このジャクジャク感と甘味、ほろ苦さがイイ♪

そして無心につけ麺を啜り最後はシメの定番のスープ割りを頂いた。
三つ葉も少々加えられて、サッパリとした感じに仕上がって、シメのスープ割りとしてオイシクいただけた♪

スープ割りは三つ葉も入れてもらえます

食べてみると、

濃厚つけ麺というメニュー名どおり、動物系のコクと魚介系のパンチがうまく融合されたつけ麺でカナリ美味しかった。

特筆すべきはタマネギのジャクジャク感のあるつけ汁だろう。
濃厚なつけ汁だけで食べてもオイシイ濃厚魚介系つけ汁だが、タマネギが加わることで独特の甘味と苦味、そしてジャクジャク食感が、本来持ってるつけ汁に更に旨味を増してくれてる感じだ。。
さすが銀座で行列店になるだけの意味がここにあるのだと感心した。

銀座に来る時はまたお邪魔したいと思う。

次回はガッツリ大盛り480gの方も試してみたいなぁ。よんぱちぃ〜!

ご馳走様でした〜♪

店名:銀座 朧月 (おぼろづき)
TEL
住所:東京都中央区銀座6-3-5
最寄駅:銀座、日比谷、有楽町
営業時間:11:30~15:30,17:30~22:00
土11:30~15:30,17:00~21:00
定休日:日曜日

スポンサーリンク
foodpic1348198-01-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!