激辛牛すじ煮込みがマジヤバイ!品川駅港南口の隠れ家的居酒屋!路地裏

rojiura-shinagawa-izakaya2383-icon

品川駅港南口から歩いて3分ぐらい。
ちょうど居酒屋や韓国料理屋、パチンコ屋とかが密集したところに「路地裏」さんはあります。

スポンサーリンク

居酒屋 路地裏@品川

居酒屋 路地裏@品川

お店はメインの通りから一切見えず、人しか通れない細い路地を通り抜けた突きあたりにあります。

細道をズンズンと進んで裏路地へとススンデいく。。品川にもこんな道があるんやなぁ。

通りにはいちおう立看板があるのだが、目印といえばコレだけだ。

お店に向かう細い路地は人1人ぐらいしか通れない

自販機とフェンスの間の細い小路を通りぬけ、お店の方へ。。

この細道の奥に居酒屋路地裏があります。

細い路地のいわゆる交差点とでも言うべき場所にあり、細い路地には他にも小さな飲食店が立ち並ぶ。

なんというか、◯丁目◯番地◯番よりも更に細分化されてて、都会の中の毛細血管番地のようなところだ。

「品川駅」の近くにいることを忘れてしまうほど、昔ながら町並みを残すの裏路地という感じだ。

品川駅近くの飲食街が軒を並べる地帯にある、居酒屋路地裏

品川駅というと、新幹線や山手線などの在来線が多数の乗り入れるマンモスステーション。
空の玄関口羽田空港からの京急の乗り入れなどもあり、駅はいつも大混雑だ。

品川駅のコンコース

そんな品川駅も港南口側に出ると、高層オフィスビルが整然と立っている。

品川駅港南口にあるオフィスビル群たち

まずはガラガラと引き戸を開けて、入店してみた。

店頭にはメニュー内容や、メディアでの出演履歴などがペタペタ貼られてますねぇ。

裏路地にある居酒屋とはいえ、明朗会計で安心して入店できますね♪

お店の店頭に飾られた、メディア出演の数々の案内

店内は厨房に面したカウンター席と、少しだけテーブル席もあるようだ。なんだか外の階段からは2階にも行けるようだ。

「路地裏」という店名、細い路地にポツリとあるロケーション。なんとも狭い店内なんだけど、都会の雑踏の中でホッとさせてくれ居心地が何ともイイ。

昼飲みする人、ランチする人、みな思い思いに自分の時間を過ごす、都会の中の隠れ家。いいねぇ〜♪

店内のおすすめメニュー一覧

店内は厨房内を仕切る大将と思しき男性、ホール担当の男女、計3名で切り盛りされてるようだ。

店内でのやりとりは、どこかタドタドシイ日本語で話されてるのだが、よく聞くと中国語っぽい感じかなぁ。
料理提供時やお客さんの出入り時など元気に対応されてて、なんだか気持ちがいいなぁ。

スポンサーリンク

メニュー

ランチメニュー1
  • 激辛牛すじ煮込定食 800円
  • 石焼牛すじ丼定食 750円
  • カルビ鉄板焼定食 800円
  • 石焼ピビンパ定食 750円

ランチメニュー2

その他、日替わり定食のラインナップも曜日ごとに設定されてて、ランチ使いにも夜の居酒屋使いにもOKな感じだ。

日替わり定食メニュー

メニューの中でもお店イチオシはどうも「激辛牛すじ煮込み定食」のようだ。

売れ筋ランキング1位やし、28年この味で貫いてるようだ。これは気になるぜぃ。。

メニューの中から「激辛牛すじ煮込み定食」をオーダー。なんとなく激辛に合いそうな生ビールもお願いしてみた♪

ジョッキに入った生ビール

まずは生ビールが供され、そして3分ほどで激辛牛スジがが供された。はやい!

激辛牛すじ煮込定食

激辛牛すじ煮込み定食

わりと大きめの深皿に盛られた激辛牛スジ。頂上にはネギが散らしてあり、ネギと赤黒い牛スジ肉のコントラストが何ともウマそうだ。

まずは牛スジを一口頂いてみた。

赤みを帯びた牛スジ煮込み

ひぃいいい〜!!
口に含むとホロっと崩れるほど煮込まれた牛スジ。一口サイズよりも若干大きめの牛スジがゴロリと入ってる。
肉の繊維に沿ってほろりと口の中で崩れ、肉の旨味が口に広がる。

味付けは名前通りカナリ辛めに仕上げてあり、2口目ぐらいからビールをグイグイ進めてくれる辛さ。
ただ辛いだけでなく、煮込んだ牛スジから出てくる味わいがいい塩梅や。

ビールにも合うが、当然ゴハンのお供としても最高。ビバ牛すじ♥

御飯に乗せた牛スジ煮込み

辛味の効いた牛スジ肉でライスをかき込む、かき込む。
うまい!ライスが止まらないし、食前酒のビールがなければチョト御飯の量が足りないぐらいの勢い。。

牛スジの他にも大根、コンニャクなんかも入ってる

フツー居酒屋さんの牛スジというと、1人前とかでも器が小さく量が少ないこともあるのだが、こちらの路地裏さんの牛スジは器も大きくシッカリ量が多め。

御飯やビールのお供として、ガッツリと牛スジを喰らうことができる。単品の設定もあり、この量で600円ならマジ安いのではなかろうか♪

でも、かなり辛味の効いた牛スジなんで、辛いものを御飯で中和させて食べる人は、ご飯大盛りは必須かも・・ビールに合わせる人は飲み過ぎ注意報が発令されるかもね。。うぇ〜い♪

牛スジのほかに柔らかく煮込まれた大根、コンニャクなんかも入ってますねぇ。
牛すじだけでなく、コリコリっとした内臓的ホルモンなものも入ってて、食感のアクセント的にもイイカンジや♪

見た目に食べきったかと思う煮込みなのだが、汁の底にはトロトロに煮ほぐれた小さいお肉がわんさかと沈んでる。

こいつを残った御飯に掛けると、コレまたサイコー。残り物に福ありとはこういうことなのか。ちがうか。。

なんでもイイのだが、辛味の効いた汁の中に残る牛スジの細切れがいい塩梅。まさに福アリ♥

たっぷりの牛スジにネギが盛られた「激辛牛スジ煮込み」

そして最後の方は、くちびる付近にもジンジンと腫れるような辛さが効いてくる。

千切りのキャベツも付いてる 汁物はわかめスープ

最後は付け合せのキャベツの千切り、わかめスープ、漬物で、火照ったお口をクールダウンだ。

居酒屋路地裏の店頭の赤ちょうちん

食べてみると、

しっかり辛味が立った「激辛牛スジ煮込み」は、定食のおかずとしてもアリやし、ビールのツマミにもサイコー。

居酒屋で出てくる「牛スジ煮込み」としては量もナカナカ多く、大満足の逸品だった。

路地裏さんのおすすめ筆頭メニューであることが納得の「激辛牛スジ煮込み定食」だった。

お店に続く細い路地、その2

特筆すべきは、牛スジの旨さもさることながら、路地裏さんのステキなロケーションだろう。

品川駅港南口側にある、飲食店などが密集するエリア

品川駅港南口側というと、どうしても「ビジネスの街!!」の印象が強いのだが、少し入り込むと路地裏さんのような庶民的雰囲気でナイスな居酒屋もあるんだなぁ、と関心した。

品川駅港南口側の高層ビル群

ビジネス街の品川にありながら、この細い路地に入り込むスタイル。知る人ぞ知るという隠れ家的ロケーション。。。

ひっそりと目立たぬロケーションで、自慢の牛スジを提供する路地裏さん。

なんだか路地の奥に宝物でも発掘しに行くような気持ちになり、子供心に帰れるのも何だかヨサゲだなぁ♪

品川駅港南口の入口

品川で居酒屋気分のときはまたお邪魔したいな。
次回はアルコールの方でガッツリと牛スジを食べてみたいな。。

品川駅ホームの山手線と京浜東北線

ご馳走様でした~♪

店名:居酒屋 路地裏「ろじうら」
TEL:03-3450-3030
住所:東京都港区港南2-2-4
最寄駅:品川駅 港南口
営業時間:ランチタイム11:00~14:00,
夜17:00~24:00,金17:00~翌8:00,土日祝17:00~23:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
rojiura-shinagawa-izakaya2383-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!