喫茶店のお手頃ナポリタン650円!何気に大盛りすぎて感涙!さぼうる2(神保町)

sabor2-jinbocho2143-01-icon2

神保町駅のA7出口から歩いて10秒ぐらい。
書店などが沢山立ち並ぶ神保町の1本裏手の細い路地に「さぼうる2」さんはあります。

スポンサーリンク

さぼうる2@神保町

神保町駅からスグの「さぼうる2」の外観

外から見ただけで歴史を感じる佇まいで、店頭に掲げられたオレンジ色の看板のフレンドリーな書体が出迎えてくれる。

店頭に掲げられたオレンジ色の看板

お店の隣には「さぼうる」という喫茶店もあり、コーヒーなどの飲み物中心か、お食事中心かで分けられてるようだ。2の方がお食事メインかな。。

さぼうる2の入る建物全体。

今回訪問する「さぼうる2(つー)」さんは、東京都内、神保町でもカナリの歴史のある喫茶店で、提供メニューの中でもナポリタンの旨さには定評がある。

歴史の重みを感じる扉をあけ、早速入店だ。

暗く歴史を感じる店内

店内に入るとまずは「お食事ですか?」と尋ねられる。
ここらで、座る席を決めているみたいで、「はい、食事です!」と答えると席に案內される。

店内の照明は暗く、昔ながらの「ゆっくりと時が流れる喫茶店」という感じだ。窓から差し込む外光がとてもまぶしく感じるぐらいだ。

席は、1Fのテーブル席と地下の席があるようだ。

スポンサーリンク

メニュー

お昼のランチメニュー

お昼のメニューは、

  • ハンバーグ
  • ポーク生姜焼き

は750円。ライス、スープ付きだ。

  • ビーフカレー
  • エビピラフ
  • ナポリタン
  • ミートソース
  • イタリアン
  • バジリコ

は650円でサラダ付きとなる。

飲み物付きのセットは、どちらも200円アップで可能みたいだ。

ナポリタンをオーダーすると、すぐに塩とタバスコと粉チーズが準備される

今回もやはり「ナポリタン」をオーダーだ。
オーダーをすると、食卓塩、粉チーズ、タバスコが卓上に置かれ、ナポリタンの準備が整う。

店員さんは昔からいる女性がレジ係と客席全体を仕切ってるようだ。

ホールの店員さんは若い店員さんで、歴史ある喫茶店らしくビシッとカッコよくキマってる。

厨房の方からはナポリタンを炒める音なのか、ジュージューと料理をする音が聞こえてくる。外から見ると厨房はメチャメチャせまく見えるなぁ。

店内のだるまの置物

店内はサラリーマンの方やOLの方、場所柄学生さんと思しき方で満席状態。

お昼時ランチタイムから過ぎた時間でも、店頭には待ちの行列ができるほど、人気のさぼうるさん。

しかし、店名にもなってる「さぼうる」って、喫茶店の店名としてスゴクいい響きやと思うな。
時間つぶしに喫茶店で「さぼる」から「さぼうる」やったらサイコーなんやけどね。

そしてオーダーから10分ほどでナポリタンが供された。

ナポリタン

ナポリタンとサラダセット

ぬぅおおお~!
皿はあまり大きくないが、山のようにテンコ盛りに盛られたナポリタン。

ケチャップで炒められたビビッドなオレンジ色が何ともうまそうだ。びびっと来るぜぃ。。
見た目に具材もたっぷり目ということが分かる。

まずはフォークでくるりと巻いて頂いてみた。

普通盛りだが山のように盛られたナポリタン

プリっとした麺は、細麺を使ってあり、満遍なくケチャップ味が回ってる。
油の量は控えめで、わりとヘルシーな感じで頂けるナポリタンだ。

ロメスパやガッツリ系スパゲティ屋だと太麺を使ってあることが多いが、さぼうる2さんのスパは細麺。

やはり「大食い上等!」的なお店とは違う、喫茶店としてのプライドが見え隠れするナポリタン。。
とはいいながら、結構な山盛り感だ。。

具材もタップリ入ったナポリタンの山

具材は、ハム、ウインナー、タマネギ、マッシュルーム。
シンプルイズベストなナポリタンという感じだ。

途中からは卓上の粉チーズを掛けて頂く。これがまた、ヤバイくらいウマイ。

粉チーズを大量に投下したナポリタン

ケチャップ味で若干酸味が立ったところに、粉チーズのコクが加わる。
この酸味とチーズのコクが中和されると、なんとも言えない旨さへと早変わりだ。

チーズは大量にかけてもOKで、ボトルの出口を半分塞ぐなどの工作はされてない。
まさにチーズ好きにはタマラナイ世界と言えよう。

タバスコも試してみたが、やはりケチャップの酸味+タバスコの酸味がチョトキツイ感じなんで、チーズとともに掛けるとイイカンジに仕上がる。これもまたウマイ。

付け合せの野菜サラダ

サラダは小さめの皿に入ってて、レタス、トマトなどが入ってる。

ナポリタンの圧巻の山盛りに比べると、インパクトは控えめだが、炭水化物の鎌足ともいえるナポリタンなんで、お供としての野菜はウレシイ限りだ。

皿の径はさほど大きくないが、標高が高過ぎるナポリタンの山

そして山盛りのナポリタンを食べ進めるのだが、やはり見た目同様かなりの量で、最後の方は若干きつくなってくるが、粉チーズとタバスコの味変を楽しみながら完食だ。

さぼうる2のお会計の伝票

食べてみると、

細麺にケチャップが絡んだ喫茶店さぼうる2のナポリタン。
基本に忠実な具材と味付けなんだけど、時折にムショーに食べたくなるこのナポリタン。やはり「さぼうる2」さんのナポリタンは、中毒性があるのかと思われた。

ナポリ650円と書かれた伝票

特筆すべきは、その圧巻の量だろう。
フツー盛りを頼んで出てくるのは、あきらかに大盛りと思える山盛りのナポリタン。

「喫茶店のナポリタン」というくくりで考えると、軽食というジャンルが想定され、文字通り「軽い食事」になるのがフツーかと思う。

それなのに、出てくるナポリタンはテンコ盛りで、大盛り感アリアリ。

「さぼうる2」さんの位置する「神保町」という街は、学生やサラリーマンが中心のロケーション。
そう考えると、フツー盛りでも大盛り感があるのは、自然な流れなのかと思われた。

行列のできてる、さぼうる2の店頭

また、以前は増税前5%時に訪問したのだが、8%増税後の今回も変わらぬ650円でナポリタンが食べられるのは嬉しい限りだ。

とくに「盛り」が減ったというわけでもなく、以前の価格、以前の量で、いつものナポリタンを供してくれる「さぼうる2」さん。やはり、学生とサラリーマンのフトコロ事情も考慮して、昔の価格で提供してくれてるのかと思われた。

昔ながらの居心地のいい店内の雰囲気は、喫茶店ファンにはタマランと思うし、ナポリタン好きの方、とくに喫茶店系ナポリタン好きの方には大満足間違いなしかと思う。

これからも、この神保町で大盛りナポリタンファンや、「さぼうる2」ファンのために頑張って欲しいと願うばかりだ。

神保町A7出口とさぼうる2の距離感

神保町でスパゲティ気分の時は、またおじゃましたいな。
次回はミートソースの方も試してみたいな。やはり大盛りクラスなのだろうか。。。

ご馳走様でしたー ♪

店名:さぼうる2「さぼうるつー」
TEL:03-3291-8405
住所:東京都千代田区神田神保町1-11
最寄駅:神保町駅 最寄り出口A7
営業時間:9:00~23:00,ランチタイム11:00~14:00
定休日:日曜日(※要確認)

スポンサーリンク
sabor2-jinbocho2143-01-icon2

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!