天ぷらも絶妙すぎる!渋谷の実演手打ちうどん!麺喜やしま円山町店

udon-yashima-shibuya1427-01-icon

渋谷から歩くこと10分ぐらい。
東急渋谷本店を通りすぎて、細い路地に入り込んだところに「麺喜やしま」さんはあります。

スポンサーリンク

麺喜やしま@渋谷円山町店

麺喜やしま@渋谷円山町店

円山町(まるやまちょう)の少し坂を登ったところのマンションの1F(半地下?)にあるお店で、奥まったところに扉があるだけ。

渋谷とはいえどカナリ目立たないロケーション。まわりはラブホが乱立する界隈で、昼時の人通りも少ない、まさに隠れ家的な感じだなぁ。

マンションの階段を降りたところにあるお店 通りに置かれたお店の立看板

通りにはお店の立看板が立ててあるので、これが目印。
正式名称は漢字の七を3つ書いた「」をつかった「麺㐂やしま」のようだ。

渋谷の宇田川のとこに、昔お店があったのだが、代々木八幡駅近くの富ヶ谷に移転し渋谷からは姿を消していた「やしま」。。
移転後、新たにこちらの渋谷円山町店がオープン。まさにカムバック渋谷という感じだ♪

店頭に置かれたメダルゲーム「カーレース」

お店の前には「カーレース」という駄菓子屋とかの前にありそうな、メダルパチンコ(?)らしき懐かしいものが置かれてる。レトロやなぁ♪

店内の卓上の調味料

店内は厨房に面したカウンター席4席ほど、テーブル席4卓ほどのこじんまりとした店内。

うどんやしまの箸袋

厨房の手前のカウンターから見えるところに、手打ちうどんの製麺室があり、タイミングが良ければうどんを打ってるところが見れるようだ。

スポンサーリンク

メニュー

うどんメニュー
  • あげ玉生しょうゆうどん 600円
  • ざるうどん 600円
  • 釜あげうどん 600円
  • かけうどん 600円
  • きつねうどん 750円

などなどのラインナップ。
追加のトッピングも100円〜200円で可能みたい。

その他、変わり種のミートソースうどんなんてのもあるようですねぇ♪

天ぷら、追加トッピングメニュー

天ぷらの追加も可能で、

  • げそ天 150円
  • 味付玉子天 150円
  • じゃこ天 200円
  • いか天 300円
  • えび天 350円

などなどから選択可能だ。

まずは初訪問なんで、メニューの中から筆頭メニューである「あげ玉生しょうゆうどん」、天ぷら追加は「げそ天」でお願いしてみた。

店内の壁に飾られた小物

若者のまち渋谷というロケーションではあるが、お客さんの年齢層はあまり若くない。
サラリーマンの方もいるが、意外とOLさんと思しき方が多く、女子に人気があるようだ。

店内の壁には、電車の吊革やキャラクター小物が雑然と飾られてる。
ゴレンジャーもいればマリオも居るという、世代を超えたコレクションともいうべきか。なんだか見てるだけでも楽しいなぁ。

そして15分ほどで、うどんとゲソ天が同時に供された。

あげ玉生しょうゆうどんWithげそ天

あげ玉生しょうゆうどんWithげそ天

うどん麺が見えなくなるほど、たっぷりと掛けられた揚げ玉。

薬味。ネギとおろし生姜

まずは薬味のネギとおろし生姜を投入し、よーくかき混ぜ、頂いてみた。

うどん

揚げ玉がタップリかかったうどん

ズシリと重量感のある麺。箸で持ち上げるとしっかり重量感がある。

太めの麺を持ち上げてみた

ズズズっと啜ると、もっちりした食感のあとに、しっかり強めの麺の弾力感がある。
イイっ!この食感がなんともタマラン。

生醤油と揚げ玉のマッチングがこれまたイイカンジだ。

もっちり、適度な弾力のあるうどん麺

揚げ玉が醤油を吸い上げてシンナリとなり、その揚げ玉がうどんに絡みついてくる。
生醤油ということだが、醤油というよりはダシ汁的なやさしい味わい。

揚げ玉のコクと醤油が合わさり、うどんをズズズッと啜る度に絡んでくるぜぃ。うまい。

げそ天

細かいトゲトゲ衣のついたゲソ天

衣が細かくトゲトゲになってて、箸でつかもうもんならサクサクと衣が崩壊してしまうほどの細かさ。

ひとくち食べると、まさにゲソで、イカの足が切られたものが中に入ってる。
細身のものを何本かまとめて揚げられてるのだが、黒いイカのワタを絡めて揚げられてるようだ。

ゲソ天の断面から中には黒いイカのワタが見える

イカの足だけ揚げたいわゆるゲソ天とちがい、イカの内臓のエグミも口の中に広がり、まさにイカMAX状態♪うほ〜、これはうまい♪

うどんの付け合せにもいいが、これはまさにビールのアテにピッタリという味わいだ。

エッジの効いた手打ちのうどん

そしてうどんを啜り続けるのだが、麺の量は意外と多めで食べ応えがある。世で言うフツーのうどん麺の2玉ぐらいありそうな勢いだ。

丼の底がすぼまってなく、ストレートになってるので、丼の底までずっしりと麺が詰まってる感じだ。

そして最後はげそ天から落ちた衣をうどんに投入。
ゲソの香りが付いたサクサクの衣を生醤油にからませ、シンナリしたところを、うどんに絡ませ一気に啜る。うまい!

食べてみると、

生醤油を吸い上げた揚げ玉がドロリと絡むうどんに悶絶状態。
げそ天もワタが絡んで何とも濃厚で、大満足の天ぷら&うどんだった。

昔懐かしいボンカレーの看板などの数々

特筆すべきは、手打ちの麺だろう。

もっちりとした食感に中心に適度に残る弾力。食感として、やさしさと力強さを兼ね備えてるという感じで、かなり満足度が高い手打ち麺だった。

見たことないようなレトロな看板にお目にかかれる

また、食感のみならず食べ応えも十分にあり、普通盛りうどんとしてはかなりの食べ応え。
ガッツリうどんを喰らいたいうどんフェチの方には大満足間違いなしだろうが、小食の方は少なめにしてもらった方がいいかも。

なんだか、自信の手打ちうどんを沢山食べて欲しいという、やしまさんの心意気が伝わってくるなぁ。

麺喜やしまの名刺

以前、代々木八幡にある「やしま」を訪問した時は温かい汁のうどんで、あまりインパクトがなかったが、この手打ち麺を味わうなら汁なしの「生醤油」とか「ざる」とかの汁のない方が麺の食感をストレートに味わえていい感じかと思われた。

けっこう多めの麺をガッツリ食べてる最中にも麺が伸びず、最後までもっちり弾力のある麺がたのしめるのではなかろうか。。

渋谷でうどん気分の時は、またおぢゃましたいな♪

実演手打ちうどん麺喜やしまのノレン

今度は気になるミートソースうどんを食べてみたいなぁ。

京王井の頭線、吉祥寺行き。神泉駅にて

ご馳走様でした〜♪

店名:麺㐂やしま 円山町店
TEL:03-6455-1533
住所:東京都渋谷区円山町10-13 サンライズ渋谷 1F
最寄駅:神泉 渋谷
営業時間:11:00 – 17:30 麺無くなり次第終了。
定休日:火曜日(※要確認)

スポンサーリンク
udon-yashima-shibuya1427-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!