絶品ざるそば食べ放題!製麺所直営!中世博多うどん春月庵 竹下本店

hakata-udon-syungetsuann1891-icon

博多駅からJRで一駅の竹下駅。
その竹下駅から5分チョイぐらいの川沿いに「春月庵」さんはあります。

スポンサーリンク

中世博多うどん春月庵@竹下本店

中世博多うどん春月庵@竹下本店

お店の目の前に駐車場が6台ぐらいあるんだけど、「本店」と呼ぶにはカナリ質素な佇まい。メチャ小さいお店だ。

横には製麺工場があり、まさに出来立てが頂ける空気感がひしひしと漂う。

博多でうどんか蕎麦かと言えば、ほぼ誰もがうどんを選択する、うどんLOVEな街だ。ごぼ天もあるしね!うどんLOVE!LOVE!

そんな中、うどん麺よりも蕎麦の方が定評のある「春月庵」を改めて訪問してみた。。
運営元はうどんや蕎麦の麺を製造してる「平和フーズ」さんだ。

最近は博多駅近くの「承天寺前店」たる2号店もあり、福岡の玄関口でも気軽に蕎麦が食べられるようになってる。

店内はメチャメチャ狭くて、相席モードの大きなテーブル席か、壁に向かったカウンターぽい席。
和風な若干暗めの店内で、BGMはユルーイJAZZが流れてて、落ち着いて食べられる空気感が漂ってる。

スポンサーリンク

メニュー

狭い店内に掛けられたメニュー
  • ごぼう天 うどん650円 そば750円
  • ざる うどん600円 そば700円
  • おろしぶっかけ うどん750円 そば850円
  • ごぼう天ざる うどん750円 850円
  • えび天ざる うどん950円 そば1050円

などなどのラインナップ。
うどんと蕎麦の両方準備されてるが、うどんの方が100円安い設定のようだ。。

値段的には、博多のうどんや蕎麦価格として若干高く感じるが、何玉にしても同じ価格なんで全然安い。

メニューの中から、ざるそばをオーダー。14時すぎの何玉でもOkのラッキー訪問だが、とりあえず3玉でオーダーだ。(ランチタイム14時までは3玉までみたい。)
注文の際、店員のオネイサンに確認したところ、あとからでも追加(替玉)大丈夫ですよ〜♥のこと。

もちろん博多定番「ごぼう天」も追加オーダーだ。

博多うどん屋の定番メシモノ「かしわのおにぎり」は残念ながら売り切れのようだ。。。

店内のメニュー2

厨房内とホールは、男女7人ぐらいで切り盛りされてる。
お店自体は小さいのだが、時間帯によっては外に行列が出来るほどの人気店なんで、店員さんも多いのだろう。

店内は休日ということもあり、若者からお年寄りの方までまで、思い思いに蕎麦をすすってる。まさに「老若男女そばを啜る」という感じだ。

博多というと「ウドン文化」の染み渡った街なのに、誰しもオーダーしてるものが「ざるそば」だ。
オーダーに耳を傾けると、だいたい100%蕎麦という感じやなぁ。。

博多でうどん以上に蕎麦に人気があるのは、タダナラヌことではない。

まずは「ごぼう天」が供された。

ごぼう天

別皿で供されるゴボウ天

博多のうどん屋の定番天ぷら。
人気の天ぷらやしアツアツ揚げたてやし、速攻提供もなっとくのゴボ天。フル回転で作ってるんだろなぁ。

サクッとした衣にゴボウの香ばしさがなんともうまい。
蕎麦のダシを衣に吸わせて食べると更にメチャうま!

そしてオーダーから5分ほどで、ざるそば3玉が供された。

ざるそば@3玉

ざるそば3玉

洗面器ぐらいのデカイ器にもりもりのお蕎麦が鎮座されとる。なんやねん、この蕎麦の量!スバラシすぎ!

まずはネギとワサビの薬味をツユに入れ頂いてみた。

薬味のネギとワサビ

ぬぅっ!おおおお〜!

製麺所直営だからなのか、蕎麦感がひしひしと伝わってくる。
白い麺には蕎麦殻なのか黒いツブツブが見える。

つけ汁にひたして麺を持ち上げてみた

水で締められキュッと締まった麺で、ダシ汁とともにズズズっとすすれるウマイ麺。
頂点には刻み海苔が掛けられてて、海苔の風味もいいあんばい。

薬味を入れたダシ汁

蕎麦つゆは、博多醤油をベースにしてるからか甘めで、シイタケとかのベースの旨味が効いててメタクタうまい。

お蕎麦にウルサイ関東人を何人か連れてきたが、お蕎麦文化の象徴みたいな人が「やばいよやばいよ!」と言って、うなって帰るほど、この蕎麦とダシ汁はイケてる。

刻み海苔が盛られた、ざるそば3玉

麺量は3玉というと結構な量だが、ウマイ蕎麦麺とサイコーのダシ汁でスルッと3玉ぐらい入る感じだ

3玉食べ終える寸前ぐらいには、ホールの店員さんから「麺のお代わりいかがですか〜♪」のコールがぁ〜〜・
うますぎる蕎麦やし、当然2玉追加でお願いしま〜す!計5玉!!

追加の替玉そば麺2玉です

そして、数分でお代わりの2玉追加だ。麺のお代わりの時はダシ汁も追加してくれる。

お代わりの2玉食べ終えるころには、またホールの店員さんからお代わりの有無を確かめられる。

自信の麺をどんどん薦めてくれる店員さん。メチャメチャ笑顔やし、心から「もっとお代わりして♥」が伝わってくる。

もっと食べたいのはヤマヤマやけど、毛穴から蕎麦が出てきそうなんで、「もう、大丈夫です、、」コール。

大丈夫ですコールをすると、すかさず「では、そば湯をお持ちしま〜す!」と店員さん。。。

お代わりの麺も目配り気配り、ギブアップにもちゃんと蕎麦湯に切り替えてくれるオバちゃん。いやオネイサン。
もう、感動しまくり♪

そば湯も持ってきてもらえます

こういうのを「いたれり、つくせり」とでも言うのかなぁ。。メチャメチャ接客が気持ちいいなぁ。

麺いくらでも食べていいんだけど、店員さんの対応が凄まじすぎて、お腹もいっぱいだが胸もいっぱいですよ〜・・

関東人もうなる絶品ザルそば

食べてみると、

製麺所直営ならではのウマイ蕎麦麺。甘めで最高のダシ汁。

「食べ放題」というと、得てしてソレナリな物が出てくるのことが多いが、春月庵さんの蕎麦は、本当にこの麺が食べ放題でいいのぉ〜?と思うほどウマイ麺とダシ汁だった。

うどん文化がメチャ根強い博多にありながら、蕎麦の人気が高いのも納得やなぁ。

博多は、うどん蕎麦の発祥の地の案内

春月庵さんのスバラシイ食べ放題システムに改めて感激した。
製麺所だからできるサービスかもしれないが、そこはやはり商売。

本来だったら企業的には麺量を抑えるべきところを、店員さんが笑顔で「どんどん食べて下さ〜い♥」モードなんで、もう遠慮せず頂いてしまうのだ。

やはり自慢の蕎麦をたくさん食べてほしいという平和フーズさんの自信の現れかと思われた。
まさに企業努力の賜物やなぁ。

うまいダシ汁で蕎麦をズズズっ〜とすする、

さるそば3玉。追加の替玉も何玉でもOK

博多というとウドン文化ありきの街だが、お客さんほぼすべてが蕎麦を啜る、博多の蕎麦文化ココニアリ!的な感じだった。

蕎麦好き関東人もツボにハマってしまう「春月庵」さんのざるそば。
蕎麦フェチであれば、MUSTで行くべきお店かと思うなぁ。。

天神にもお店ができてる案内ポスター

博多で蕎麦気分の時はまたおじゃましたい。
次回は海老天ものっけてみるかな♪もちろんソバで!

ご馳走様でした〜♪

店名:春月庵 竹下本店「しゅんげつあん」
TEL:092-431-1428
住所:福岡県福岡市博多区竹下1-9-12 平和フーズ内
最寄駅:JR鹿児島本線 竹下駅(博多駅からひと駅)
営業時間:11:00~16:00
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク
hakata-udon-syungetsuann1891-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!