麺の硬さは6段階から!カタメン派も安心な大分豚骨ラーメン!たまがった

GR0003720df-icon

横浜駅西口から歩くこと5分ぐらい。
ドン・キホーテやビブレなどがある通称「パルナード通り」から細い路地に入ったところに「たまがった」はあります。

スポンサーリンク

大分ラーメン たまがった@横浜西口店

大分ラーメンたまがった@横浜西口店の外観

店頭の看板には「九州・大分とんこつ味 たまがった」と書かれてて、九州の豚骨ラーメン感がぷんぷん漂ってる。

正式名称は「ラーメン」ではなく「らぁめん」みたいだ。

豚骨ラーメンというと博多や久留米ラーメンが筆頭格にあがるが、同じ九州の大分ということもあり期待感が高まる。

とくに横浜でラーメンともなると、家系ラーメンなどの豚骨醤油系が多く、ピュア豚骨を愛して止まない方にはオアシスと言える場所ではなかろうか。

まずは店頭の券売機で食券を購入。

スポンサーリンク

メニュー

店頭に置かれた券売機メニュー
  • ラーメン 710円
  • チャーシューメン 910円
  • 替玉 100円

の基本ラインナップ。

5年ほど前に訪問した時は650円という価格で、横浜という立地から考えてもカナリ頑張ってる感があったが、増税や時代の流れなのか若干値上げされてるようだ。

前回食べた、たまがったのラーメン、、大分ラーメン たまがった(横浜/ラーメン)
.

その他ラーメンの追加トッピングは、お好みで追加ボタンを押すシステムで、

  • 味付玉子 100円
  • チャーシュー 200円
  • 野菜 150円

その他、ねぎ、のり、高菜、きくらげ、なども100円でトッピング可能だ。

チャーシューメンにもトキメクが、メニューの中から基本であろうラーメンをぽちっとな!

店頭に貼られた「たまがった」の由来

店頭には「たまがった」の語源が書かれてて、大分地方でいう「びっくりした」「驚いた」「感動した」という意味と書かれてる。

どのくらいの「たまがった度」なのか楽しみだ。。食券を手にイザ店内へ!

店内のカウンター上のメニュー

店内は厨房に面したL字のカウンター席のみで、かなり狭いお店。

夜遅くの訪問にもかかわらずホボ満席状態で、ラーメン激戦区ともいえる横浜西口での人気の高さがうかがえる。

時間帯的にシメのラーメンと思われる方が多く、サラリーマンらしき方が多い。

カウンター越しに食券を渡す際に、麺の硬さを聞かれるので申告する。

麺の硬さは6段階に分かれてて、それぞれ茹で時間も細かく書かれてる。

店内に貼られた麺の硬さと茹で時間の案内
  • 粉おとし 3秒
  • はりがね 5秒
  • バリかた 8秒
  • かため 30秒
  • ふつう 45秒
  • やわめ 68秒

とりあえず麺の硬さは「バリカタ」でオーダー。してみた。

どうでもいいのだが、「やわめ」の秒数が68秒とカナリ細かい設定で、70秒でも良い気がするが、このあたりがコダワリなのだろう。。

しかも、かためとバリカタの間には秒数の谷間があり、他の茹で時間の間隔に比べかなり開きがある。

この間隔の差が、柔いか硬いかの運命の分かれ道なのかもしれない。。

店内に貼られた麺の硬さ、味の濃さオーダーの案内

店内の壁には、麺の硬さや味の濃さの調整可能の案内や、替玉時のスープ追加の案内が書かれてる。

スープを残しつつ麺のみを食べて、麺のおかわりを頂くのが替玉なのだが、たまがったさんはスープの追加ができる。

替玉をするためにスープを残しつつ食べる「替玉確信犯」的な食べ方でなくても、「麺も食べて〜、スープも飲んでみたら〜、替玉したくなっちゃった〜♥」的な刹那的な替玉もアリなのだ♪

そして待つこと30秒ぐらいでラーメンが供された。はやっ!

ラーメン

たまがった丼に入れられたラーメン

ピュア豚骨ラーメンの肌色を通り越した褐色のスープがなんともウマそうだ。

ラーメン丼の脇には海苔が2枚刺してあるのだが、これが大分スタイルなのだろうか。横浜で食べてるからか、どことなく横浜家系ラーメンの派生っぽさを感じる。。

まずはスープを一口啜ってみた。

褐色のスープをレンゲですくってみた

おうっ!豚骨が効いててウマっ!

豚骨ベースに甘味のあるカエシが全体を包む、まろやか系のスープ。
色目は博多豚骨の肌色に近い色よりカナリ褐色系の色をしてる。

博多や久留米ラーメンのようなTHEとんこつスタイルよりも円やかで、食べやすく仕上がってる感がある。

豚骨クササは抑えめなので、いわゆるTHE豚骨ラーメンが苦手な人にも食べやすいかも。。

バリカタの麺を箸で持ち上げてみた

麺は極細ストレート。博多ラーメンの極細よりもチョイ太めぐらいかな。

麺の硬さはバリカタでのオーダーに見事に答えてくれるポキポキ感。思ってた通りのバリカタ感。さすが茹で時間8秒だけのことはある。。

麺が硬い分、スープとともに啜っても小麦の香りもストレートに感じられる。

このバリカタ感こそ、豚骨ラーメンの醍醐味やと思うし、豚骨との相性が何ともいい博多ラーメン。。。あっ、ちがう大分ラーメンだ。。

チャーシュー2枚と海苔が刺さったラーメン

トッピングは割りと大判のバラロールのチャーシュー。

脂身抑えめの肉肉感があるチャーシューでやわらかい。まろやかな豚骨スープと合わさるとコレマタ格別だ。

海苔はスープに浸しつつ麺を巻いて頂いてみたが、これはアリ!

まろやかな豚骨スープがを吸い込んで、磯の香りも広がる。
これはもしかしないでも、御飯を頼んでヒタヒタ海苔で巻いて食べたらうまいに違いない。

たまがったらぁめんのおいしい食べ方。白ゴマ、紅しょうが、お好みでたっぷりどうぞ、と書かれてる

卓上にはゴマ、紅しょうがなどが置かれて、なにげに入れ放題なのがウレシイ。

卓上に置かれたゴマなどの追加調味料 紅しょうがとニンニク

そして甘味のある円やかな豚骨スープで、あっという間に麺を完食。

店内での替玉追加OKの誘惑もあるが、夜のシメラーメンなんで自粛をば。。

「ラーメン命」と書かれた壁の色紙

食べてみると、

まろやかなカエシが絡む豚骨スープ。絶妙な茹で具合のバリカタの麺。

まろやかに仕上げてあるスープではあるが、基本の豚骨もしっかり濃厚なので、シメの豚骨補給には十分すぎるウマサだった、。

まさに「たまがった〜!」だったなぁ。

壁に貼られた、たまがったらぁめんの特徴

特筆すべきは、絶妙な茹で加減の麺だろう。
店内に細かく表記された麺の茹で時間。

麺の硬さは人によって好みが分かれる人生最大の問題だが、6段階の秒数表記して提供してくれる安心感。

今回食べた「バリカタ」は、思ってた通りのバリカタ感をそのまま再現してくれてて、案内に書かれてた「茹で時間8秒」も納得のポキポキ感だった。

麺の硬さのオーダーは、えてして「これがバリカタ?」とか「やわすぎるやろ!」という感想に陥ることが多いのだが、ほぼ思ってた通りの硬さで出てきた。

やはり秒数を表記することで「だいたいコノくらいの硬さだろう。。」と容易に想定できるし、店側と客側の情報共有という部分が成立してるのかと思われた。

卓上の案内に「お好みでスープをブレンドしてください。秘伝のタレ、替玉のタレ。白ゴマ紅しょうが、どうぞ」と書かれてる

今回食べたのは大分のラーメンではあったが、大分に隣接するで豚骨ラーメンの聖地「博多」では、麺の硬さをオーダーすることは日常的にに当たり前の光景やし、同じ九州のラーメンとして麺を提供することへのコダワリを感じだ。

横浜というと探さなくてもラーメン屋が見つかるほどの、まさにラーメン激戦区ではあるが、家系ラーメンが多く九州のDNAが宿る豚骨ラーメン屋は数少ない。

そんな中、麺へのコダワリもかなり高い「たまがった」さんの存在は、横浜の中での「九州北部ピュア豚骨ラーメン上等!」の筆頭格にあるのではないかと思われた。(※オレ調べ。家系醤油豚骨は除く。。)

横浜西口のドン・キホーテなどがあるパルナード通り

横浜あたりで九州の豚骨ラーメンが恋しい方、とくに麺の硬さにコダワリのある方は是非試してみてはいかがだろうか。。

横浜西口でラーメン気分の時は、またおじゃましたいな。

次回はチャーシューメンも試してみたいなぁ。。

ご馳走様でした〜♪

店名:九州大分らぁめん たまがった 横浜駅西口店
TEL:045-311-4114
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-8-23
最寄駅;横浜駅(西口)
営業時間:11:00~翌朝5:00「スープなくなり次第終了」
定休日:年中無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0003720df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!