上ロースかつ定食で1050円!早ウマ安いとんかつの聖地!豚珍館(新宿)

tonchinkan-shinjuku-jyourousu2519-icon

新宿駅西口から歩くこと5分ぐらい。
ヨドバシカメラとかがある電気街の一本都庁側の飲食通りに「トンカツの店豚珍館」はあります。

スポンサーリンク

とんかつの店 豚珍館「とんちんかん」@新宿西口

とんかつの店豚珍館@新宿西口

飲食店が多く立ち並ぶメインの通りから、一本細い路地に入ったとこのビルの2Fにお店があります。

階段下1Fにある写真付きのメニュー表

1Fの階段の前には写真付きのメニューも出されてて明朗会計。
よーく品定めして入店可能だ。

狭くて傾斜がきつい2Fのお店への階段

狭くて傾斜がキツイ階段をのぼり早速入店だ。

2Fお店入口の写真付きメニュー

ランチタイムだと、お店のある2Fから1Fの道路まで長い行列ができるほどの人気店。

今回はランチタイムではあったが、天気が悪いからか行列も少なく5名ほどで速攻入店だ♪

スポンサーリンク

メニュー

とんかつメニュー
  • とんかつ 900円
  • チキンカツ 860円
  • 紙かつ 620円
  • 生姜焼き 860円
  • ジャンボメンチカツ 800円

などなどのラインナップ。

2つのカツを組み合わせたセットものも準備されてて、

  • カニコロセット
  • 串かつセット
  • チキンセット
  • メンチセット

などなど。

しかも、どのメニューも御飯、豚汁はお代わり無料なのだ。

1000円以上の豪華メニュー。上ロースかつは1050円

階段に並んでいる間にオーダーを聞かれるので、写真付きのメニューから「上ロースかつ定食」をオーダー。

「上」ではあるが、ほぼ1000円というウレシイ価格。

豚珍館さん基本のとんかつ900円に150円アップで手が届く上ロースかつ。どれだけの「上」なのか、マジ楽しみだ。

豚珍館と書かれた店頭の行灯

豚珍館は、これまでにも何度か訪問したことがあるが、定番の「とんかつ」から、イカフライ定食や紙かつ定食などのリーズナブル系の安いメニューまで、ひじょうにラインナップも多い。

どのメニューにも御飯と豚汁のお代わり無料が標準装備なんで、財布の中身が少なくともガッツリお腹いっぱいになれる。

まさにサラリーマンやガッツリとんかつ派には聖地のようなお店だ。

お店の箸入れ。

店内はテーブル席が中心で、厨房に面したカウンター席が何席かある。

お昼時ランチタイムはサラリーマンを中心にほぼ満席状態で、相席なんかはほぼ当たり前の店内だ。

今回はサラリーマンの方と相席だ。

サラリーマン率の高い店内では、みなさん御飯や豚汁のお代わりをしながら、ガッツリとんかつを食らってる。

お茶と漬物

昔はお店を仕切るコワモテの大将がいたのだが、最近は見かけることがないなぁ。あの大将の激を入れるフレーズが好きなんだよなぁ。

でも昔と変わらずビシバシとトンカツを提供される店内。豚珍館スピリッツここにあり!という感じだ。

そして着席して1分ほどで上ロースかつ定食が供された。メチャはやっ!

上ロースかつ定食

上ロースかつ定食

おおおお~!

ナカナカの大きさのトンカツで、豚珍館さんの基本メニューでもある「とんかつ」とほぼ同じ大きさだ。

とんかつとキャベツ

まずは上ということもあり、ソースではなく卓上の塩で頂いてみた。

ロースかつの断面

おうっ!
ロースの脂の甘味が口いっぱいに広がり、御飯が欲しくなる。

御飯と一緒にかきこむと、ロースの脂の旨味と御飯が見事に融合される。うまい。

ロースとんかつの断面アップ

基本メニューのトンカツに比べ、脂のうまみがストレートに来る感じで、ロースかつフェチであればノーマルとんかつに150円アップで十分満足できる味わいだ。

厚みのあるロースかつ

厚みはトンカツの真ん中あたりで3センチぐらい。
断面からは薄っすらと肉汁が溢れてて、ぱさつき感のないトンカツだということが、ビジュアルでわかる。

卓上のソースの壺。木のフタに辛口と甘口と書かれてる

そして、卓上のソースで試してみた。
甘口、辛口2種類あるのだが、どちらかというと甘口の方がロース脂の甘味がかき消されずに美味しく頂けた。

ソースをかけたトンカツ

甘口ソース&辛子も試してみたが、これがグッドジョブすぎる!
御飯とのマッチングもよく、ガシガシとかきこめるトンカツライスだ。

とんかつ単体で食べるなら塩でもナカナカ美味しいのだが、やはり豚珍館さんでは、ソース&カラシで御飯をワシワシかき込むスタイルがサイコーだ。

スイートイタリアンソースをかけたキャベツ

トンカツの脇には千切りキャベツ。
こいつは卓上の「甘辛ソース・スイートイタリアン」という名のドレッシングをかけて頂く。

甘辛ソーススイートイタリアンのボトル

どろりと粘度の高いドレッシングで、甘くて辛い絶妙な味付けがキャベツをワシワシと進めてくれる。どこがイタリアンなのか良く分からんが、とにかくこのドレッシングは格別だ。

このドレッシングとキャベツだけでも、御飯が1杯ぐらい食べられそうな勢いのドレッシング。マジうまい

お代わり無料の御飯

ごはんはトンカツにマッチングのいい硬めの炊き加減。

お代わり無料の豚汁

豚汁は大根が大量に入ってて、たまに豚肉の細切れとニンジンが入ってる。

豚肉の姿はほとんど見えない豚汁なんだけど、豚肉のエキスがよく出ててて、甘めの野菜と煮込まれて、どこか懐かしさを覚える豚汁だ。

御飯も豚汁も無くなりかけると、店員さんがお代わりをガンガン薦めてくる。

目配り気配りがよく効いたホールの店員さんで、お代わりするか迷ってる人の背中を後押してくれる感じで、思わずがっつり行ってしまう。。。

漬物

最後は付け合せの漬物でご飯をかき込む。

柴漬けをミジン切りにしたような味わいなんだけど、柴漬けよりキリッと味付けが濃いタイプ。最後のごはんの相棒としてイイ仕事してくれる漬物だ。

食べてみると、

豚珍館さんの基本メニュー「とんかつ」に比べ、あきらかにロースの脂に甘みがあり、御飯と一緒にかき込むトンカツとして、サイコーのパフォーマンスやった。しかも「とんかつ」に比べ150円アップやし大満足!

特筆すべきは「上」でありながら、ほぼ1000円というお値打ち感だろう。

基本メニューのとんかつが900円と考えると、この味わいのロースであればフツーに1300円〜1500円ぐらいしてもおかしくない。

でも価格は1050円。
税抜きなら1000円以下972円というスーパースペシャル安い上ロースカツなのだ。しかも、ウマイし♪

肉の質が「上」にあがっても、基本の「とんかつ」と同じぐらいのボリューム感やし、基本のとんかつの150円増しで、この上ロースかつの旨味が味わえるのなら、断然お得だし選ばない理由が見つからない。

とんかつ好きで特にロースの脂フェチの方なら、是非もので食べてみるべき上ロースかつやと思う。

しかも他のメニュー同様に御飯と豚汁お代わり無料♪
ガッツリ満足のいくトンカツランチになるのは間違いないだろう。

新宿でトンカツ気分時は、またおじゃましたいな。

次回は価格的にも最高峰のヒレカツを食べてみたい。

ご馳走様でした~♪

店名:とんかつの店 豚珍館「とんちんかん」
TEL:03-3348-5774
住所:東京都新宿区西新宿1-13-8 高橋ビル 2F
最寄駅:新宿駅
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00(LO21:30)
定休日:日祝日(※要確認)

■これまでの豚珍館の記事
基本メニューのとんかつ定食の記事はこちら

紙かつ定食の記事はこちら
ジャンボメンチカツ定食の記事はこちら
イカフライ定食の記事はこちら

スポンサーリンク
tonchinkan-shinjuku-jyourousu2519-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!