超極厚すぎる!特選ロースかつ定食!とんかつ赤城(相模原市/矢部)

tonkatsu-akagi0396-01-icon

横浜線、矢部駅から歩くこと20分ぐらい。
16号線を渡って暫く歩いた、比較的静かな通りに「とんかつ 赤城」さんはあります。

スポンサーリンク

とんかつ赤城@相模原市/矢部

とんかつ赤城@相模原市/矢部

駐車場も準備されてて、お店の前の道路を挟んだ駐車場と、お店の脇の細い路地に入ったところにもあるようだ。
駅から結構歩くので、この場所だと車の方が便利かも。

店頭には行列ができていて、人気の高さが伺えるなぁ。
お店の前には待ちの椅子が置かれてますねぇ。

お店の周りにはトンカツを揚げた香りが漂ってて、空腹を刺激してくれる。

暖簾をくぐり早速入店だ。

店内の様子

店内は厨房に面したL字のカウンター席のみで、かなり狭い。
10人ぐらいで満席になりそうな勢いだ。

スポンサーリンク

メニュー

とんかつ赤城のメニュー
  • ロースかつ 940円
  • 特選ロースかつ 1150円
  • ひれかつ 1150円
  • うすかつ 1050円
  • かつカレー 940円

などなどのラインナップ。

エビフライ、メンチカツ、ポークソテー、唐揚げ、ハンバーグなどなども準備されてるようだ。

メニューは単品価格の表示で、定食だと300円増しでできるようだ。

カツカレーにもトキメクが、ここは基本であろう特選ロースかつをお願いしてみた。
お願いすると「少し時間がかかります」と案内される。「大丈夫です!」と答えオーダー。
メニューにも25分ほどかかる旨書かれてありますねぇ。

カウンター上に盛られた、これから供されるキャベツ陣たち

まわりの常連さんはナゼだが「キャベツ少なめ」コールをされる方が多い。
目の前のカウンター上に準備されてる山盛りキャベツを見てからキャベツの多さは決めたほうが良さそうだ。

お持ち帰りのお弁当にも対応してるみたいで、常連さんは「◯◯時に取りに来るから!」でオーダーしてるようだ。

店内はガタイの良い男子を中心に、みなさんガツガツとんかつを食らってる。
カツカレーが何気に人気のようで、隣の方のカツカレー大盛りは、皿にてんこ盛りになったカレーが圧巻だ。すげぇ!

店内のシューマイなどのメニュー

厨房内ではご夫婦だろうか、男女2名と若手の女子1人で切り盛りされてる。家族経営っぽい、言葉少なげに阿吽の呼吸で調理されてる。
メインの料理を作るのは奥さんの担当みたいで、大将らしきオヤジは配膳などを担ってる。

カツを揚げる音とザクザクと切る音、そして誰も見てないテレビの音だけが店内に鳴り響いてる。

そしてオーダーから25分ほどで、特選ロースかつが供された。

特選ロースかつ定食

特選ロースかつ定食

ぬぬぬぉぉぉ〜〜!

30センチ角はあろう大皿に大きめのカツが鎮座。
とんかつを横から見てみると3センチほどの厚みがある!

ぶ厚いロースかつ

マジでかい!しかも、かなり分厚い〜!

横から見ると3センチぐらい厚みあるロースかつ

皿の上から見るだけでも明らかに大ぶりのとんかつ。手のひらサイズ越えで圧巻。しかも横から見た厚みがスバラシイ!

まずは一口頂いてみた。

特選ロースかつの断面

サックリと切れる柔らかいロースカツで、脂の甘みがイイカンジだ。
肉全体にサシの回ったロースと違い、しっかり甘みのある脂のカタマリが乗ってる。

一口一口がカナリ豪快に食べられるとんかつで、一口頬張ってはライスをかきこみ、ワシワシ御飯がススム!

このロースの脂の甘みと御飯と一緒にかき込むとビューティフル!
御飯がワシワシすすむ〜!

カラッと揚がった衣の大判特選ロースかつ

衣はサクっと揚がっていて、時間をかけて揚げてるからか、キツネ色より若干濃い色。
豚肉のシッカリとした旨味とサックリ衣がいい塩梅に口の中に広がる。うまい。

卓上のソースと七味

卓上にはソースと七味が準備されてる。

ソースをたらりとかけ、カラシをツンと効かせると、イイカンジにカツがススム。

圧巻の厚切り特選ロースかつ

卓上に塩は無かったが、このとんかつなら間違いなくソースにベストマッチなカツと確信できる味わいだ。どことなく荒々しい味わいのとんかつにはソースがベストマッチングやねぇ。

てんこ盛りキャベツ

キャベツはてんこ盛りに盛られていて、かなり多い。
とんかつの箸休めにかき込むのだが、食べても食べてもこのキャベツが減らない。。常連さんの「キャベツ少なめ」コールも納得の圧巻のキャベツだ。

卓所のドレッシングは3種類

卓上には3種類のドレッシングが置いてあるが、全て試してもまだ余るぐらいの圧巻のキャベツだ。

マカロニサラダも付いてるよ

キャベツの脇にはマカロニサラダも鎮座。
量はさほど多くないように見えるが、添え物としては十分な量。とんかつやキャベツの量が多いので少なく感じるのかもしれない。。

小さい茶碗に盛られた御飯

御飯はとんかつに合うよう若干硬めの炊き加減。

御飯にとんかつをのせてみた。茶碗からはみ出しとる

つやつやした炊きあがりで、とんかつのアシスト役としてイイカンジにかき込める。

小さい茶碗に盛られた御飯の上にとんかつを乗せると、茶碗からはみ出しそうな勢いだ。

とんかつの相棒、御飯はお代わりも無料なので、とんかつの量に比例して御飯追加も可能だ。

とんかつの食べ応えは、フツーのとんかつに比べ2.5倍ぐらいの感覚。
圧巻のキャベツ盛りのアシストもあり、かなり満腹になり完食だ。

味噌汁

味噌汁はフツーに定食屋の味わい的。
アツアツで供されてとんかつのお供として、美味しくすすれる。。

卓上に置かれたデザートの飴

食べてみると、
圧巻の厚みのロースかつに、てんこ盛りキャベツ、お代わり無料のご飯。
とんかつ好きには十二分に楽しめる「とんかつ赤城」さんのとんかつに大大満足。まさに、とんかつ好きの聖地と言えよう。

特筆すべきは、値段に相応しない妥協を許さない大盛りメニュー構成だろう。
今回食べた「特選ロースかつ」は、1150円とは思えぬほど満足度の高いとんかつだった。
しかも定食にしても1450円なんで、お得としか言い様がない。
フツーこのクラスのとんかつなら、定食でも2000円以上は絶対しそうな内容だし、これで1500円ぐらいなんで満足度も高すぎる。

しかも、隣で食べてた方の「カツカレー普通盛り」もナカナカの盛りっぷりで圧巻やったし、他の方の「うすかつ」なんてのも、盛りっぷりもカナリイイ感じやった。

まさに、盛りっぷりのイイとんかつを思う存分食べてほしいという、とんかつ赤城さんの心意気の現れなのかと思われた。

がっつりトンカツ大盛り気分の時は、またおじゃましたい。

次回はカツカレーを大盛りで食べてみたいなぁ。。。

ご馳走様でした♪

店名:とんかつ赤城「あかぎ」
TEL:042-758-7438
住所:神奈川県相模原市中央区千代田4-1-10
最寄駅:JR横浜線 矢部駅 淵野辺駅, JR相模線 上溝駅
駐車場:有り(お店の前の駐車場×1と脇道の駐車場×2)
営業時間:11:00~14:00,17:00~21:00
定休日:月曜・第1第3火曜(※要確認)

スポンサーリンク
tonkatsu-akagi0396-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!