特ロース2センチ厚!ゴハンがススム絶品とんかつ!おかむら(中央林間)

GR0004986df_icon

中央林間駅から歩くこと3分ぐらい。
大通りから一本入った静かな路地に「とんかつ専門店おかむら」さんはあります。

スポンサーリンク

とんかつ専門店 おかむら@中央林間

とんかつ専門店おかむら@中央林間

外観は和風なつくりで飾らない感じ。どことなくトンカツ屋らしい佇まいだ。

外から店内は見えない外観なのだが、店頭には手書きで書かれたメニューと価格が表示されてる。内容を確認して安心して入店可能だ。

店頭に飾られた盆栽

店頭には店主の趣味なのか盆栽が並べられてる。

そもそも「中央林間」って何処やねん?って方もいると思うが、都内だと東京メトロ半蔵門線に乗ると、田園都市線直通「中央林間行き」と書かれた電車の終着駅。小田急江ノ島線との乗換駅でもある。(説明でますます分からなくなるかも。。)

まずは「とんかつ」と書かれた白いノレンをくぐり入店してみた。

とんかつおかむらの店内

店内は間口は狭いのだが奥に長く伸びてて、厨房に面したカウンター席、テーブル席、奥の方には小上がり席が準備されてる。

お客さんは、近所から歩いて来られた感じの方がほとんどで、年齢層は若干高め。奥の小上がり席ではプチ会談などが行われてて、地元の集まりの場と化してて、ジモティに愛されてるのがわかる。

まずはカウンター席に座り、お茶とメニューが渡された。

スポンサーリンク

メニュー

とんかつ専門店という店名ではあるが、とんかつ以外のアラカルトも揃ってる感じだ。

とんかつおかむらのメニュー

基本メニューとしては、

  • 特ヒレかつ定食 1500円
  • ヒレかつ定食 1100円
  • 特ロースかつ定食 1300円
  • ロースかつ定食 1000円

のラインナップ。

とんかつ屋の基本のロースやヒレがあって、その上には特上と思える「特」があるのだが、特と普通の価格差があまりなく、しかも筆頭メニューとして君臨してる「特」!!。

1000円超えは少し値が張るが、とんかつ専門店として「特」で1300円と考えると安い気がしてならない。

これは「特」を頼んでみんとアカーン!!
ということで特ロースかつ定食をお願いしてみた

その他のメニューとしては、ニンニクかつ定食ビーフかつ定食なんてのもあるようで、飽きのこないラインナップになっているようだ。

漬け物とすり鉢のゴマ

オーダーが通ると、すり鉢のゴマと漬け物がまず供される。

卓上のソースなどの調味料類

待ってる間にゴマをすりつぶし、ソースを投入して出来上がりを待つ。

擦ったゴマ

厨房内では初老の男女が料理と配膳をされてる。あまり会話をしない感じで、おそらく夫婦だろうか、阿吽の呼吸でとんかつが作られてる。

店内は誰も見ていないテレビの音だけが流れていて、厨房側からはトンカツを揚げる音と、できあがったトンカツをザクザク切る音が聞こえてくる。

ワシの特ロースかと考えると、ザクザクとんかつを切る音まで美味しく聞こえてならない。早くロースカツ喰いたい!

そしてオーダーから15分ほどで特ロースかつ定食が供された。

特ロースかつ定食

特ロースかつ定食

おおおお〜!

大皿に盛られたキツネ色のトンカツ。
揚げ色はまさにトンカツのデフォルトといるような色合いだ。

特ロースかつ

手のひらサイズなんで見た目は大きくないが厚みが2センチほどあり、よく見ると見るとボリュームがありそうだ。

特ロースかつの断面

断面は豚肉のピンク色を若干残す感じで、肉の繊維がなんともウマそうだ。

まずは何も付けずに頂いてみた。

通常のトンカツの縦の切り方と、横にも切られてて、一口サイズで頂ける。

衣は大き目の衣を使ってあり、一口目のサクっと感がいい塩梅だ。

特ロースかつの断面の肉の繊維

肉自体の繊維が非常に柔らかく、しっかり肉感はあるのだが非常に口どけのいい肉とでも言うべきか。

ロース独特の脂の甘味が口に広がるのだが、脂なのにクドさが無くス~っと溶けていく。脂もウマイのだが、ロース肉本来の風味の方が勝ってシッカリした肉感がある。

すり鉢に入れたソース

ソースでも試してみたが、擦ったゴマの風味が甘味のあるソースに加わって、香ばしさすら漂ってくる。

ごま入りソースとカラシをつけて、ごはんに乗せてみた

カラシ&ごま入りソースを御飯と一緒にかきこむと、ワシワシと御飯が止まらなくなる。超うまい!

ふっくらゴハン

とんかつの相棒である御飯はふっくらと炊きあがってて、これがまたウマイ。

とんかつの相棒といえばまさに白飯なのだが、この御飯はトンカツに合わせることを前提に出されてるとしか思えないぐらいマッチングがイイ。

そして、とんかつと御飯をかきこむのだが、ロースの甘い脂とウマイ白飯が口の中で融合する度に、嗚呼シアワセ〜の心の声が鳴り響く。。

ロースかつの全体

「糖と脂質が気になる方へ、、」みたいなCMもあるが、うまいものに理屈は不要。

あまりの旨さのトンカツと御飯のマッチングの良さに、当然ゴハンをお代わりだ。

うまいロースかつ、うまい白米。これが1300円なら、間違いなくお得だろう。世のとんかつ専門店なら2000円以上してもおかしくないレベルのトンカツだし、きっと「とんかつ おかむら」さんの企業努力の賜物だろう。

お揚げとホウレンソウ入りの味噌汁

付け合せの味噌汁は、お揚げとホウレンソウ入りで、なんともホッとする優しい味わいだ。

漬け物はダイコンとキュウリの浅漬

漬け物はダイコンとキュウリの浅漬け。シンプルながらトンカツのあとのクールダウンにはこれがアリガタイ。

食後には温かいお茶を提供してもらえる。入店時に席に座った時に1杯、そして食後に1杯。心配りというか温かい真心みたいなものを感じる。

「とんかつ おかむら」と書かれた店頭の白いノレン

食べてみると、

甘味のあるロースをウマイ白飯とかきこむ。ただそれだけなのに満足度が高い。

ロースかつ好きとして当たり前の食べ方かもしれないが、1300円の特ロースかつが、こんなに旨くてイイのか?と自問自答してしまうほど大満足。中央林間に来てマジ良かった〜と思えるトンカツだった。

とんかつ専門店ともなれば、デフォルトメニューで1500円以上、特上ともなると2000円超えは当たり前の昨今ではあるが、とんかつおかむらさんの特ロース定食はある意味「特」であることはカナリ「得」であるトンカツかと思われた。

とんかつ おかむらの前の通り

これまでもロース+白飯の合わせ技は色々試してきたが、おかむらさんの特ロース自体のクドさのない脂とウマイ白飯の合わせ技は、まさに「絶妙」としか言い様がない気がする。

おかむらさんのフツーのロースかつは試したことは無いので何ともいえないが、「特」で1300円でこのパフォーマンスなら、選択しない理由がマジ見つからない。

小田急の中央林間駅北口改札

中央林間という街で、ご夫婦でトンカツを提供する「おかむら」さん。

外観や接客の物腰を含め、奇をてらわないフツーのトンカツ屋ではあったが、とんかつの中に込められた思いは十分に伝わってくるものがあった。

また、店頭にも書かれてた「とんかつ専門店」の名は、まさにその自信のあらわれなのだろと思う。

とんかつ好きで、とくにロース好きであれば是非試してみたはいかがだろうか。きっとゴハンがススム君状態になるので。。

中央林間駅に止まってる小田急江ノ島線

トンカツ気分のときは、またお邪魔したいな。ロースカツが恋しい時は遠征もアリだな。

ご馳走様でした〜!

店名:とんかつ専門店 おかむら
TEL:046-275-9115
住所:神奈川県大和市中央林間5-7-25
最寄駅:小田急江ノ島線、東急田園都市線 中央林間駅
営業時間:11:30~15:30(14:00L.O),17:30~21:30
定休日:火曜日(※要確認)

スポンサーリンク
GR0004986df_icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!