とん太(高田馬場,目白/とんかつ)上ロースかつ

塩だけで楽しめるとんかつが絶品すぎ。「とん太」

IMG_2246-01.jpg

高田馬場から歩くこと5分ぐらい。
目白駅との中間ぐらいの新目白通り沿いにお店はありました。

外観はしっくい調の純日本風な佇まい。

看板には「とんかつ とん太」とだけ書かれています。

ガラガラと引き戸を開けて店内に入ると、やはり和風な店内です。
厨房に面したL字のカウンター席と小上がりのテーブル席がありますね。

IMG_2220-01.jpgIMG_2221-01.jpgIMG_2222-01.jpg

メニューは、特選定食、特選カツ重、定食、お昼の定食で分かれています。
特選は、特ロースかつ2100円、特ヒレかつ2200円、特ミックス(エビ×2、ヒレ魚)2500円。
定食メニューは全て「上」の表記があり、上ロースかつ1500円、上ヒレかつ1600円、上ミックス1750円。
お昼の定食は、ロースかつ1000円、ヒレかつ1000円、ミックス1300円、串かつ900円とリーズナブルです。

ロース好きには特ロースカツがトキメクが、初訪問なのでまずは試しに中間をとって「上ロースかつ1500円」をオーダーしてみました。

汁物は豚汁、シジミ汁、ワカメ汁から選べるようでしたので、豚汁でオーダーです。

厨房内では寡黙な大将が黙々とトンカツを揚げられてますよ。

IMG_2233-01.jpgIMG_2231-01.jpg

そして15分ぐらいで上ロースかつ定食が供されました。

揚げ色はキツネ色よりも若干薄めで白に近い感じ。こんもりと盛られたキャベツにもたれ掛かるように鎮座してます。

IMG_2242-01.jpg

断面はピンク色で、提供時間から考えると低温でかなりじっくり揚げられたとんかつです。
まずは何も付けずに食べてみると、衣はサクサクというよりフワフワな感じ。きめの細かいパン粉を使ってありますね。

その中から豚の脂の甘みがいい塩梅に出てきます。中心部分は生に近い状態で、豚肉本来の旨さが堪能できる感じでホントうまいです。

IMG_2226-01.jpg IMG_2227-01.jpg

その後は卓上にある塩2種類試して見ました。

ベトナム産天日自然海塩とミルで挽く完全天然塩鳳凰と表記されていました。鳳凰の方がロースの脂を引き立ててくれる感じで美味いですね。

IMG_2223-01.jpg

その後、すった胡麻にサラサラ目のウスターソースを注入。

とんかつにカラシを付けて、ソースをヒタヒタに付けて食べて見ましたが、豚ロースの素材感が薄れてソースの押し出しが強く感じられました。

やはりここのトンカツは塩で豚肉本来の旨味が堪能できるようです。

豚汁は豚肉たっぷりの美味しい豚汁。豚肉の香りが汁に出まくってます。
大根などの甘みの出る野菜もタップリ目で美味しいですね。

御飯はふっくら炊きあがってて、トンカツにマッチする、やや固めの炊き加減ですよ。

IMG_2225-01.jpg

漬け物はシンプルな高菜漬け。醤油をタラリとかけて御飯が進みます。

食べてみると、ピンク色の断面のとんかつは、豚肉本来の旨味が堪能でき、肉の主張を壊さない柔らかな衣と相まってサイコーでした。
ソースやカラシを付けずに、塩だけで豚の旨味を味わえるとんかつホントに感動しました。

食べた後のロースの脂のクドさも全く感じないのもオドロキでしたね。

高田馬場に行くときは再度お邪魔したいと思います。
次回は特上ロースをたべてみたいな。ウマイだろうな〜!

店名:とん太
TEL:03-3989-0296
住所:東京都豊島区高田3-17-8
最寄駅:高田馬場、目白
営業時間:月〜金11:30〜13:30(L.O.),18:00〜21:00(L.O.),土18:00〜21:00(L.O.)
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■関連記事

 ■みなさんのツイート!