とろとろチャーシューが絶品すぎる!ラーメン 豚とろ(鹿児島中央駅)

鹿児島ラーメン豚とろのチャーシューメン

九州新幹線の終着駅、鹿児島中央から歩くこと2分ぐらい。
飲食店が立ち並ぶ「西銀座通り」に鹿児島ラーメン豚とろはあります。

スポンサーリンク

鹿児島ラーメン豚とろ@鹿児島中央駅

鹿児島ラーメン豚とろの外観

駅前のロータリーから一本入った細い路地にあり、間口は狭く目立たない外観。アミュプラザを出て郵便局側の方に歩いた場所で、店頭の光る看板が目印だ。

鹿児島中央駅のそばにある、西銀座通り

こちらの「豚とろ」さんは鹿児島市内だと天文館本店と天文館アーケード店、鹿児島中央駅前店の3店を構えるラーメン屋さん。

鹿児島というと黒豚とんかつ、しゃぶしゃぶなど、豚肉に関してはかなりテンションが上がる街ではあるのだが、豚肉の王道であろう「豚トロ」がネーミングのラーメン屋だけに、なんだか期待感がMAXに高まる。

ランチタイムともなると店頭に行列ができるほどで、このあたりでは人気のラーメン屋だ。

まずはお店の扉を開けて入店してみた。

お冷やとカウンター席の上

店内は奥に厨房を構え、かなり狭い。
壁に面したカウンター席とテーブル席2卓のキャパ。

まずは空いてる席に案内され、メニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

ラーメンのメニュー
  • 豚とろラーメン 750円
  • 半熟玉子入り豚とろ 870円
  • チャーシューメン 950円(人気No1)
  • ワンタンメン 950円

などなどのラインナップ。

ゴハンものも準備されて、チャーシューめし、チャーマヨめし
なんかがあるようだ。

つけ麺と思われる「豚そば」や、まぜそばと思われる「あえそば」なんかも準備されてて、麺フリークの飽くなき要求にも応えられるラインナップのようだ。

つけ麺とあえそばのメニュー

「豚とろ」というネーミングのお店なら、間違いなく豚を堪能できそうなメニュー「チャーシューメン」一択しか思い当たらず、早速オーダーしてみた。

味のセレクトもできるようで、

  • コッテリorアッサリ
  • こい味orうす味
  • かた麺orやわ麺

から選択可能だ。とりあえず初訪問でもあるし、一番優柔不断な選択肢「全部普通!」でお願いしてみた。

鹿児島ラーメン豚とろの外観

厨房内では、おばちゃんたちがラーメンを作られてて、3人の店員さんで切り盛りされてる。

卓上の調味料類。すりごまもある。

テーブルの上には、ラーメンに入れる調味料の他に、漬け物が置かれてて、これ食べ放題のようだ。

食べ放題の漬け物

まずは、ラーメンが来るまで漬け物をつまんでみる。

薄くスライスされた漬け物は、甘みが先行する味付けになってて浅漬け仕様で止まらない感じ。これが無料で食べられるのは嬉しい限りだ。

皿にとった漬け物

どうでもいいのだが、鹿児島でラーメン屋に行くと、なぜだか漬け物系が食べ放題な店が多い。

以前食べた「ざぼんラーメン」もそうだし、「こむらさき」なんかもそうだ。

コノ漬け物食べ放題なのは、鹿児島のラーメン屋では当たり前なのか、付いてて当たり前な感じすらするなぁ。

そして、なんだかんだで漬け物をつまんでいると、ラーメンが供された。

豚とろチャーシューメン

鹿児島ラーメン豚とろのチャーシューメン

白濁したスープは、肌色というより若干褐色ずいた色目のスープ。誰が見ても間違いなく「とんこつ」と思える安心できるビジュアルだ。

チャーシューなどのターメントッピング

トッピングは、ねぎ、きくらげ、揚げネギ、そしてチャーシュー。

まずはレンゲでスープを頂いてみた。

白濁した豚骨スープ

豚骨のストレートなうまみがガツンとくるのだが、鶏ガラもベースになってるようで、思ったほどの豚骨臭さはなく、わりとスーっと入ってくる食べやすい系の豚骨という感じだ。

中太の麺

麺は中太ストレート麺。
博多の豚骨ストレートよりは若干太いのだが、スープの絡み付きも良く、ズズズっとすすれる。

麺は普通の固さでお願いしたが、プリプリ食感でいわゆる世の中では標準的な食感。博多とんこつのような粉っぽい感じが好きなら硬麺の選択肢でもスープに合いそうだ。

とろとろのチャーシュー。脂身の少ないところ

そして今回のお楽しみでもあるチャーシューを頂く。

完全に煮崩れてて、チャーシューとしての形状はほぼ無い状態だが、このトロトロまで煮込まれた食感がたまらない。音で例えるなら、とぅるんとぅるん♪という感じだ。

レンゲですくうだけでホロホロに煮崩れるし、口に入れるだけでホロっと溶けてしまいそうな食感。

さすが店名にもなってる「豚とろ」の「とろ」の意味がわかる「とろとろ食感」だ。うまい。

今回チャーシューメンの選択としたが、これが正解。

ラーメンの姿見からはチャーシューの量が分からなかったが、スープの中にはタップリとトロトロのチャーシューが隠れてる。

麺をすすりながら、とろとろチャーシューもかき込む。

豚とろのラーメン2

なんやろう。
豚肉の王国「鹿児島」ならではのチャーシュー麺とでもいうべきか、このトロトロ感、ガッツリ多めの量。かなり満足度が高いラーメンだ。

そして麺をすすりながら目の前を見ると「極細麺替玉100円」の文字がぁ〜!

極細麺替玉のメニュー

一杯目の若干太い麺と違い、極細麺も楽しめるとは、これいかに!

しかも「2杯目からは細麺で!」の文字が輝いてるではないか!

これは食べてみんとアカーン!ということで、替玉をオーダーしてみた。固さも効いてくれるので、極細麺に合いそうなカタメンでお願いしてみた。

そして1分ほどで、白い皿に盛られた替玉が供された。

替玉の極細めんが白い皿で出される

早速ラーメン丼に投入すると、1杯目の麺よりも明らかに多めで、これは嬉しい。

替玉の極細麺をラーメン丼に投入

卓上にあるスリゴマを入れて早速すすってみると、1杯目の食感とはまた違った味わいが楽しめる。

替玉の極細麺

若干粉っぽい感じの極細麺。キホンの豚骨ベースにあってて、ズルズルと麺が止まらない。

しかも替玉の時まで、とろとろのチャーシューが丼の底に残ってて、チャーシューメンで頼んだことが、ここでアドバンテージを発揮する。

とろとろのチャーシューをレンゲで持ち上げてみた

どんぶりの底にある細切れ的な部分も麺に絡んできて、これはうまい。

最後はトロトロのチャーシューが残るスープを完飲だ。

鹿児島ラーメン豚とろの店頭のノボリ

食べてみると、

とろとろに煮込まれたチャーシューが惜しげもなく盛られた「豚とろ」のチャーシューメン。

チャーシューのうまさも光るが、極細麺の替玉までつけられ、楽しみ方も2通りなのがいい。
まさに1敗目は鹿児島ラーメン、2杯目は極細麺で博多。一気に九州の南と北を堪能できるラーメンという感じだったなぁ。

豚とろのある鹿児島中央駅の西銀座通り

特筆すべきは、チャーシューの絶品とろとろ具合だろう。

ラーメン屋でチャーシューメンといえば、メニューの中でも1クラス上の一目置かれる憧れのラーメン。

ラーメンにチャーシューたっぷり乗せて、。そんな贅沢ができるのがチャーシューメンの大義だろう。

鹿児島ラーメン豚とろのチャーシューメン

そんななか、今回「豚とろ」さんでセレクトしたチャーシューメンは、世のラーメン屋のチャーシューメンとは一線を画してて、とろとろチャーシューがメインのラーメンと言っても過言でない気がした。

世の「チャーシューメン」は星の数ほどあるかもしれないが、やはり豚肉王国の鹿児島で食べるチャーシューメンは、ひと味もふた味も違い格別だったなぁ。

とろとろに煮込まれたチャーシューを堪能するラーメン。

チャーシュー好きの方であれば、是非いちど試してみてはいかがだろうか。トロケ具合は感動もんですよ〜!

鹿児島に来るときはまたお邪魔したいな。
次回は、つまみチャーシューで一杯やってみたいなぁ。

ご馳走さまでした〜♪

店名:鹿児島ラーメン 豚とろ 鹿児島中央駅前店
TEL:099-258-9900
住所:鹿児島県鹿児島市中央町3-3 神宮ビル1F
最寄駅:鹿児島中央駅 徒歩3分ほど
営業時間:11:00~24:00
定休日:不定休(※要確認)

スポンサーリンク
鹿児島ラーメン豚とろのチャーシューメン

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!