うさぎ(神泉、渋谷/ラーメン)

usagi-shibuya-shinsen-ra-13-icon

渋谷から歩くこと10分ぐらい。京王井の頭線の神泉駅が最寄駅。
渋谷からだと、モヤイ像のある渋谷駅南口を出て、246号線沿いにてくてく歩いて、道元坂上を過ぎて右に曲がったところに「うさぎ」はあります。


うさぎ@神泉、渋谷

黒いサッシの飾らない外観で、店内はケッコウ暗めなんで分かりにくいかも。
店頭に掛けられた看板のウサギのキャラと「神泉のらぁめん屋 うさぎ」の文字が目印ですね。

店内に入ると券売機で食券を購入します。


券売機メニュー

基本メニューは、
ラーメン 700円、
辛麺 800円、
つけ麺 800円、
辛つけ麺 880円

味玉やワンタンメン、全部入った特製などで細かく分類されてますね。

その他、担々麺や担々とまと、麻辣担々麺、汁なし担々麺なんかもあり、どうも辛い系もおすすめのようだ。

メニューの中から基本であろうラーメンのトッピングが全部乗ってそうな「特製ラーメン980円」をぽちっと押してみました。

店内は暗めでオサレな感じ。
厨房に面したカウンター席のみで、店員さんは3人で切り盛りされてます。

▲アルコールやオツマミもあるよ

カウンターの前にはアルコールやオツマミ追加、御飯ものなどのメニューも貼られていて、席についてからの追加注文も可能のようだ。

ランチタイム15:00までは、ごはんものをお得にセットに出来るようで300円前後のトッピング御飯は200円で追加できるようだ。。

;

そしてオーダーから10分ほどで特製ラーメンが供されました。


特製ラーメン

ぬおおおっ!

トッピングたっぷりで麺が見えない!
これはウレシイ盛りつけだ〜♪


▲歪んだ丼は手作り感がある

ラーメン丼を横から見ると、歪んだり凹んだりしてる器で、なんだか手作り感が伝わってくる器だ。

まずはスープを一口頂いてみた。

鶏ガラベースの優しい味わいと、動物系のコクがふわっと漂い、これはうまい。
鰹節の豊かな風味が口から鼻にかけてふわ~っと広がり、スープが後を引く感じです。

いや〜
これは旨いっすよ〜♪

卓上のお店の説明にも書いてあるが、トリプルスープ醤油ダレ、などを使用して、かなりの厳選素材で作られてるようだ。
天然の素材だけで作られてて無化調のようだが、深みのあるスープの味わいに感動です。

麺は中細麺ストレート
チュルンと食べられる優しい麺だが、芯には弾力も残されてる。
長野県産の「ハナマンテン」という小麦で厳選素材のようだ。

ワンタンはけっこうたっぷり目に入っていて、皮は割と厚めなのだがピロピロとやらかい食感でチュルンと口に流し込める。
具の味付けは濃くないが、この自然な味わいのスープと絡めて食べると格別
これは是非ワンタンメン以上にして是非とも入れたいトッピングだ。

チャーシューは大判ではないが、厚みのあるものが1マイ。炙り焼豚という名前みたい。
箸で掴んだだけでほろっと崩れる柔らかさで、表面は炙りを入れた焦げ目が若干ついてる。

口に含むと炙った香りと肉の柔らかさが、ぶは〜っと口の中に広がる。
煮込んだ感じのやらかさでなく、肉本来の持つ柔らかさと炙りの加減がGOOD JOB!
これはウマすぎる。

味玉は味付けはケッコウ抑えめな感じで、自然素材のスープの邪魔をしないやさしい味わいだ。

そのほかトッピングは柔らか目のメンマと水菜もたっぷり目。

最後は残ったスープを完飲です。

食べてみると、無化調自然素材だけで作られたラーメンとしては、カナリ素材の旨さが凝縮された感じがしてホント旨かった。
トリプルスープ醤油だれやトッピングのチャーシューなど、全てにおいて満足度の高い味わいに悶絶♪

特筆すべきは、やはりチャーシュー(炙り焼豚)の旨さだろう。
炙りの香ばしさと肉本来が持ってるうま味は、ラーメンに入ってる「チャーシュー」というトッピングの概念を見事に崩してくれる。これはまさに、うまいを通り越してヤバイの一言に尽きるなぁ。。。

スープ、麺、トッピングともに、素材を選び抜いて作られた至福の一杯といっても過言ではないだろう。

渋谷に来る時はまたお邪魔したいと思う。

ご馳走様でした〜♪
まじ、うまかった~!

店名:うさぎ
TEL:03-3464-4111
住所:東京都渋谷区神泉町8-13
最寄駅:神泉駅 渋谷駅
営業時間:11:30~15:00,18:00~23:00,土11:30~15:00
定休日:日曜日(※要確認)

スポンサーリンク
usagi-shibuya-shinsen-ra-13-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!