博多うどんの定番!ごぼう天うどんが東京で食べれる!ウエスト町田店

west-machida-udon0729-01-icon

町田市内を走る町田街道沿い。
桜美林大学の近くの大通り沿いに「ウエスト」はあります。

スポンサーリンク

ウエスト@町田店

ウエスト@町田店

最寄駅だと横浜線淵野辺なんだけど、歩くとけっこう遠い。
駐車場も完備してるので、車での訪問が便利かも。

町田街道沿いのウエストの看板

目の前の通りにはファミレスやら、お弁当屋などが立ち並び、まさに国道沿いのうどん屋という感じだ。

ウエストというと福岡博多を中心にうどん屋をチェーン展開する、福岡では知らない人はいないぐらいの普段使いうどんのビッグネーム。
まさか東京町田でウエストのうどんが食べられるとは、なんだか胸が高鳴るなぁ。

ちなみにうどんの発祥の地は福岡であり、福岡人はアタリマエのようにうどんを啜るのが日常だ。

店内のカウンター席

店内は厨房に面したカウンター席、テーブル席、小上がり席も準備されてて、ゆったりくつろげる環境も整ってる。

壁には夜のオツマミメニューも貼られてるが、基本的に17時からしか提供してない。昼飲みはあまり推奨してないのかなぁ。。

スポンサーリンク

メニュー

うどんもあるのだが、あくまでもメインは蕎麦のようだ。

ウエスト町田店のメニューは蕎麦が充実

 

つけそばのメニュー 期間限定メニューのあなごメニュー

基本となる蕎麦とうどんの価格も若干ちがうようで、

メニューの最後のページにうどんがあります
  • かけうどん 320円
  • かけそば 390円
うどんメニューその2

福岡では「うどん」のウエストとして有名なのだが、やはり関東のお蕎麦文化の中に出店すると、メニュー内容も変わるのかなぁ。
うどんをメインに蕎麦を併設してる店が福岡のウエスト姿だが、ところ変われば提供内容も変わるのかなぁ。
でも博多うどんの名物「ごぼう天」や「丸天」があるのはなんだかウレシイ♪

うどんセットのメニュー

メニューの中からごぼう天と肉が入ってるオトクそうな「ごぼう天+肉うどん」をオーダー。

ごはんものもメニューにはあるのだが、博多でうどんを食べるときの相棒「かしわめし」のオニギリは置いてないようだ。
飯ものは、高菜葉巻きおにぎり、白おにぎり、の2種類のみ。。。

卓上の食べ放題の高菜の漬物

テーブル上の取り放題のネギ、天かすもココにはないようで、取り放題なのは高菜の漬物だ。
まずは小皿に高菜をとり、うどんができるのを待つ。

小皿にとった高菜漬け

店内は休日ということもあり、家族連れを中心にケッコウにぎわってる。
蕎麦とうどんを食べてる人は半々ぐらいかな。。

時折お客さんの中に「ゴボテンうどん」とオーダーする方を見かける。
「ごぼう天」でなく「ごぼ天!」、これが博多で使われてるごぼう天の呼び方だ。

そして5分ほどでうどんが供された。

ごぼう天+肉うどん

ごぼう天+肉うどん

肉とごぼう天がたっぷりと乗っていて、うどんが殆ど見えないぐらいだ。

まずはスープを頂いてみた。

うどんのスープ

若干濃い目の色をしたスープにみえるのは、蕎麦併設という部分での先入観から目の錯覚だろうか。。。
博多で食べるウエストのうどんに比べると、若干色が濃い感じがするなぁ。。

色目は濃いのだが、意外とあっさりな味わいのスープ。
甘く煮てある肉の汁が流れだし、ナカナカうまい。

うどん麺

麺はウエストらしい、プリっとしたエッジの立った麺。うまい!

ごぼう天(通称ごぼ天)

ごぼ天はサクサクの状態でうどんに盛られてる。

汁を吸い上げて柔らかくなった衣のごぼ天

そのまま食べてもサクサク美味しいが、やはりうどんのスープでシンナリさせて食べるのがうまい。

肉

肉は甘辛く煮込まれてて、非常にやわらかい。
味付けは甘味をつよくされてるみたいで、このあたりは九州仕様なのかもしれないなぁ。。

ゆずこしょう

そして肉を平らげたところで、柚子胡椒を投入だ。
卓上には置かれてないが、お願いすると持ってきてもらえる♪

スープに柚子胡椒を広げると、もともとのスープの味わいがサッパリかつキリッと締まった感じになる。

柚子胡椒をうどんに入れるなんて、、と思う方もいるかも知れないが、博多では、うどんや餃子、水炊きなんかにも柚子胡椒を入れる。

なにも入れないノーマルのダシ汁も味わえ、柚子胡椒を入れたキリッと締まったダシ汁も味わえ、同じスープで2度たのしめる。
まさにウレシサ2倍2倍〜♪だ。

そして最後はスープまで完飲で美味しく頂けた。

壁に貼られたセットメニュー。写真は蕎麦を使用してある。。

食べてみると、

福岡のうどんチェーン店「ウエスト」のうどんが関東でも食べられ、感動もひとしお。プリッとした麺にサクサクのごぼ天うどんが、東京で食べられるのは感動もんだ。

メニュー構成的に、うどんがメインでなく、蕎麦がメインに立ってるのは、やはり関東お蕎麦文化色のあらわれかと思われた。

看板の「うどん」の文字の上に「博多」と書いてあったのだが、ごはんもののなかに「かしわめし」がない事だけが残念だ。

博多でうどんの相棒といえば「かしわめし」が定番で、うどん屋で「かしわ飯」もしくは「かしわのオニギリ」を置いてない店なんてない程の定番メニューだ。

ウエストの関東と書かれたメニー

関東お蕎麦文化にちなんだメニュー構成は、なんとなく分からなくはないけど、博多伝統のうどんの相棒「かしわめし」が無いのだけが、福岡のウエストのファンの1人として残念だったなぁ。

是非とも関東でも絶品のかしわのオニギリ披露して、世に広めてもらいたいもんだ。
マジウマなのにぃ。。

ウエスト町田店のお店の外観

今回東京の町田という地で、ウエストのうどんを頂いたのだが、ごぼ天のサクサク感やウエストらしいプリッとした麺。どちらも「福岡のうどんウエスト」らしく、美味しく頂けた。

町田で「ごぼ天」気分のときは、またおぢゃましたい。
できれば「かしわめし」も置いて頂けるとウレシイなぁ。

生そば、博多うどん、ウエストと書かれた看板

ご馳走様でした〜♪

店名:ウエスト 町田店
TEL:042-789-6388
住所:東京都町田市忠生4-8-2
最寄駅:JR横浜線淵野辺駅
駐車場:あり
営業時間:11時から23時
定休日:年中無休(※要確認)

スポンサーリンク
west-machida-udon0729-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!