メガ盛り焼きめし650g!横浜のガッツリ男メシ屋!焼メシ焼スパ 金太郎

GR0004603df-icon

横浜駅西口から歩くこと5分ぐらい。
飲食店などが多数入る横浜ムービルの1Fに金太郎はあります。

スポンサーリンク

焼メシ焼スパ 金太郎@横浜駅西口

焼メシ焼スパ金太郎のお店の外観

ビルのインフォメーションには、一際目立った「並盛り550円」の文字が目立ってて、ビルの一番奥地にありながら存在感アリアリだ。

前回、お店に訪問した時は「焼きスパ」の中でもお店の一番オススメかと思われるナポリタンの大盛りを頂いた。ニンニクの効いた男メシ的ナポリタンは記憶に新しい。

お店の外観は、赤と黄色を基調した外観で、ビルの奥地にありながらカナリ目立ってる。でかいナイフとフォークが飾られてて、なんともB級グルメ感がプンプンと漂ってくる。

店頭のサンプルケース。大盛りも飾られてる

店頭にはサンプルケースも置かれてて、並盛りや大盛りなどのサンプルが飾られてる。大盛りのサンプルが飾られてる時点で、かなりのガッツリ感が漂ってくるなぁ。

店頭のオレンジ色の立看板。金太郎のキャラが載ってる

お店のロゴなのか「金太郎」のキャラクターが書かれてるのが、カワイイのかコワイのか分からない、ビミョーな感じだ。

とりあえずガッツリしたものを頂くべく入店してみた。

店内のテーブル席

店内はテーブル席とカウンター席の構成で、意外と広い。奥に厨房を構え、鍋振りをする音が聞こえてくる。

まずはテーブル席に案内され、メニューを見てみた。

スポンサーリンク

メニュー

金太郎 基本メニュー
  • ナポリタン 550円
  • 明太焼スパ 600円
  • 中華焼スパ 550円
  • 和風梅焼スパ 550円
  • 焼メシ 550円

などなどのラインナップ。すべてスープ付きのようだ。

メニュー価格は350gの並盛りの値段で、大盛り500gで150円アップ、メガ盛り650gで250円アップでガッツリ仕様も可能なようだ。

一品料理、ドリンクメニュー

スパゲッティと焼きめしを組み合わせた「ハーフ&ハーフ」や、焼メシとニラレバやマーボーなんかを組み合わせた「合盛り」なんかもあるようだ。

前回は焼スパの洗礼にガッツリいけたので、今回は焼きめしのメガ盛りをお願いしてみた。

壁に書かれたメニュー

店内のお客さんは男子率がかなり高めで、心なしか体格の良い方多い気がする。

厨房側からは「ジャージャー♪」というスパや焼きめしを炒める音が聞こえてくる。

厨房側のカウンター席。上には「ニンニク抜き希望の方はお気軽にどうぞ」の文字が

厨房の上には大きな文字で「ニンニク入りの商品が多いので、抜きご希望の方はお気軽にどうぞ!」と書かれてあるなぁ。

横浜駅界隈だと、割りとオサレな店やニンニクには縁遠いお店が多いが、堂々と「ニンニク入り」で提供するあたりは、やはり只者ではないオーラが漂ってるなぁ。

店内の「フェイスブックやってます」の案内

店内を見回してみると、フェイスブックで「いいね!」すると50円引きと書かれてある。どことなくアナログチックなメニューと店内だが、意外とネットにも力を注いでいるようだ。

そしてオーダーから10分ほどで、焼メシが供された。

焼きめし@メガ盛り

焼きめしメガ盛り

ステンレスの大皿にたっぷりと盛られた焼きめし。

横から見た焼きめしメガ盛り

25センチほどの大き目の皿なので、一見普通な盛りに見えるが、横から見ると富士の裾野のように横に広く広がってる。

まずは一口いただいてみた。

焼きめしをスプーンですくってみた

口に含むとパラっと口の中で御飯が広がり、玉子の風味がフンワリと広がる。

味付けは意外とやさしい感じで、塩コショーのみかと思われるぐらい、ほんのりとした感じだ。

玉子がタップリ入った焼きめしの山

中華屋のチャーハンのような独特の課長の味わいもおさえめで、玉子と叉焼のみの味わいが前面に立ってくるシンプル焼きめしという感じだ。

店内やメニューに表記された「ニンニク上等!」な感じは焼きめしには一切ない感じだ。

チャーハンや焼きめし、ピラフなどの製法の問題もあるが、焼メシでありながら、どことなくピラフ的感じがしないでもない。

叉焼と玉子がタップリ入った焼きめしの山2

具材は叉焼、玉子、少量のネギ。
やさしい味わいの中なので、叉焼の味わいがなんとも際立ってくる感じだ。

皿の脇に盛られた真っ赤な紅ショウガ

皿の脇には真っ赤な紅ショウガが盛られてて、シンプルな味わいの焼きめしにキリッとしてジャンクな紅ショウガの味わいが妙に合う。

そして焼きめしを食べ進めるのだが、半分食べたぐらいが普通盛りという感じで、後半戦がやはりメガ盛り部分だということが実感できる。

やさしい味わいでサクサク食べ進められるのだが、やはり焼きめしオンリーだと若干飽きがくる。

卓上の調味料類。粉チーズ、タバスコ、オリーブオイル、黒胡椒

卓上に調味料が置かれてるが、タバスコ、粉チーズ、オリーブオイルなど、どれもスパゲッティ用前提の感じ。焼きめし用は黒胡椒が使えそうだ。

黒胡椒をガリガリ挽いて掛けてみると、これが意外にもベストマッチング。

なんでもっと早く気づかなかったのかと後悔するくらい、キリリと締まってイイカンジの焼きめしに変化する。

カップスープ

そして後半戦の焼きめしは黒胡椒をガリガリしながらスープで流し込み完食だ。

焼きめしメガ盛りスープセット

食べてみると、

「焼きめし」という男メシ的な呼び名とは裏腹に、シンプルでやさしい味わいには若干驚きがあったが、本来ヤキメシとはこうゆうものだと再確認できる味わいだった。

何よりも、今回食べたメガ盛り650gはガッツリ感アリアリで、かなりの満腹モードだ。

新商品のメニュー。焼きスパサンマーと焼きめしヒーハー

特筆すべきは、金太郎の独特の存在感だろう。

横浜で食事ともなると高くてウマイものはいくらでもあるがソコソコ値が張るし、全国チェーン的なお店が多いのも事実だ。

そんな中、横浜ムービルの奥地という隠れたロケーションで、安くガッツリ飯を提供する「金太郎」。

横浜ムービルのフロアガイド

にんにく入りを前提としたメニューのラインナップは、ガッツリ栄養補給したい諸氏にはウレシイ存在だし、どのメニューも大盛りメガ盛りまで選択できるのも大食い派にはウレシイところだ。

横浜ムービルの外のテナント案内。焼メシ焼スパの文字が目立ってる

何よりも350gで550円から食べられるラインナップは、横浜駅界隈の飲食では数少ない「安くてお腹一杯」の方程式に当てはまる数少ない存在ではなかろうか。

金太郎のキャタクター

まさに、横浜西口のB級グルメの筆頭格という感じだなぁ。。

横浜駅西口から見たパルナード通りへの道

横浜でガッツリ焼メシ焼スパ気分の時は、またお邪魔したい。

次回はハーフ&ハーフでガッツリいってみたいなぁ♪

ご馳走様でした~♪

店名:焼メシ焼スパ 金太郎
TEL:045-324-1615
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル 1F
最寄駅:横浜駅
営業時間:11:30~21:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク
GR0004603df-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!