生めん食感がタマラナイっ!渋谷の焼きそば専門店 真打みかさ

渋谷から恵比寿方面に歩くこと10分ぐらい。
明治通りの並木橋交差点の近くに、焼きそばの「真打みかさ」はあります。

スポンサーリンク

真打みかさ@渋谷

焼きそば真打みかさ渋谷店の外観

場所的には黄色い看板のターリー屋から青山学院大の方に曲がり、10歩ほど坂を登ったところ。

並木橋のターリー屋と真打みかさの外観

間口の狭いお店だが、店頭には白い看板が掲げてあるのでスグにわかる。

都内にも何店舗か展開している焼きそば専門店「みかさ」。

焼きそば一本で勝負してる専門店とはコレは気になる!早速訪問してみた。

白い暖簾をくぐり店内に入ると、まずは券売機で食券を購入だ。

スポンサーリンク

メニュー

店内の券売機
  • ソース焼きそば 750円
  • ソース焼きそばイカとエビ入り 850円
  • 塩焼きそば 750円
  • 塩焼きそばイカとエビ入り 850円

のシンプルなラインナップで、イカとエビ入りがスペシャル版のようだ。

焼きそば真打みかさのメニュー

麺の量も書かれていて、中は170g、大は220g。

なんと大盛りは無料の文字もあり、これは大盛り派としては何ともウレシイ!

しかも麺の特徴がメニューにかかれてて、、

北海道産小麦粉100%仕様のモチモチした生麺。秘伝のソースが自慢の生麺を引き立ててくれます!

と書かれてる!

生麺使用とは、これはますます期待感アップ!

まずは焼きそばのキホン「ソース焼きそば」をイカとエビ入りでポチッと押してみた。

店内のカウンター席上

店内は厨房に面したL字のカウンター席のみで、かなり狭い。9人も入れば満席な店内。

店員さんは女性2名で切り盛りされてて、テキ屋の人が着るようなシャツがなんともヤキソバ感を醸し出してる。

目の前の大きい鉄板では焼きそばがガシガシと作られてる。

目の前の鉄板の上で焼かるる焼きそば

麺はダイレクトに鉄板で炒めるのではなく、目の前に寸胴で湯がいてから鉄板に載せる方式。

麺を湯がいて鉄板に乗せたなら、早速麺を炒めていく。麺の脇では、肉屋イカなどの具材が別に炒められてる。

サササッと手早く麺を炒めて、皿に盛ったなら、肉や野菜などの具材を上から乗せていく、具材は後乗せ方式で作られていく。

ヤキソバはやはり目の前で鉄板で焼かれると、何とも食欲をそそり美味そうに見えてくるよなぁ。。

そしてオーダーから10分ほどで、焼きそばが供された。

ソース焼きそば

目玉焼きの乗った焼きそば

結構大きめの楕円ステンレス皿に盛られた焼きそば。

麺が見えないほどに具材がたっぷりと盛られてて食べごたえもありそう。

麺の上に盛り付けた具材の上からも更にソースがかけてあり、何ともうまそうだ。

まずは具材をかき分け、麺を頂いてみた。

ソースが絡んだ麺を箸で持ち上げてみた

麺は炒める前に寸胴で茹でているだけのことはあり、普通の焼きそば麺に比べモッチリムッチリとした弾力の食感がイイ。

麺には事前にソースの味付けがなされてるが、意外と優しい味わいに仕上がってる。

卓上には追加のソースも置かれているので、追加しての調整も可能だ。

豚肉、白髭ネギ、目玉焼きなどの具材がタップリ乗った焼きそば

具材は豚のバラ肉、キャベツ、もやし、白髭ネギ。

豚バラ肉は麺が見えないほどにタップリと盛られてて、食べごたえもバツグン!

プリプリのエビとイカ

プリプリのエビとイカもなかなかうまい。これ入ってるとシンプルな焼きそばが一発で豪華版になるなぁ。

焼きそばの頂上には半熟の目玉焼きも盛られてる。

目玉焼きをクラッシュさせ黄身が流れ出ている

黄身をクラッシュさせて食べると、ソース味をマイルドにしてくれ、独特の玉子のコクが加わる。なかなかオツで、これもイイなぁ。

卓上に置かれた紅しょうがとイカ天かすのケース

卓上には、焼きそばの相棒紅しょうがとイカの天かす(揚げ玉)が置かれてる。

紅しょうがとイカ天かすを焼きそばに乗せてみた

イカの天かすは、焼きそばの中に新たな食感を加えてくれ、サクサク食感が何とも楽しい。

紅しょうがは、焼きそばの相棒としてまさに「正義」と思える味わい。

自家製の甘めのソースとキリッとした紅生姜のコラボ!

焼きそばのために紅生姜があるのかと思えるほどマジでコレは相性抜群だ。

自家製ソースと辛子マヨネーズのボトル

卓上に置かれてる追加のソースをかけてみたが、コレがいい!

甘めのソースなのだが、元々のシンプルなソース味にガツンとくるソース味を追加してくれる。ソース好きなら必須アイテムだ。

焼きそばに掛けたからしマヨネーズのマヨビーム

からしマヨネーズの追加もコレまたイイ仕事をしてくれる。

辛子の割合が多めのツーンと来るオトナの味で、ソース焼きそばの味の変化球としてサイコーの相棒だ。

マヨネーズなのだが辛子が多いので、意外とサッパリとした口当たりだ。

マヨビーム感のビジュアルもなんだかイイなぁ。

大盛りの焼きそば麺がこんもり盛り上がってる

そして焼きそばを食べ続けるのだが、大盛りにした分ナカナカの食べごたえ。

最後は追加の甘めのソースと、からしマヨネーズ、紅しょうがで味に変化をつけながら完食だ。

ソース焼きそばイカとエビ入り大盛り

食べてみると、、

素朴なソース感がイイ、真打みかさの焼きそば。

シンプルな一品ではあったが、シンプルだからこその焼きそば本来の味わいが堪能できて大満足。

「ソース焼きそば」と言えば、たまに無性に食べたくなる中毒性のある一品かと思うが、ヤキソバはやはり奇をてらわないフツーな味でこそ、味わい深いものだと実感できた。

焼きそば真打みかさのお店の外観

特筆すべきは、真打みかさの焼きそば麺へのコダワリだろう。

麺をそのまま鉄板で炒めず、寸胴で湯がいた後に鉄板で炒める。

直炒めではなく、あらかじめ茹でる感じは、どことなくラーメンやつけ麺のジャンルと同じなのか?という錯覚すら覚える作り方だ。

出来上がった麺の食感は、やはり通常の麺を炒めるだけの焼きそばとは違い、モチモチ感があり、焼きそばとして非常に味わい深いものがあった。

渋谷の並木橋の交差点

今回頂いた真打みかさの焼きそば。

シンプルなソース焼きそばの味わいではあったが、麺へのコダワリがヒシヒシと伝わってくる生めんの食感は、焼きそば好きであれば是非一度は試してみるべきかと思った。

渋谷で焼きそば気分の時は、またお邪魔したいな。

次回は塩焼きそばの方も試してみたいなぁ。

ご馳走様でした~!

店名:焼きそば 真打みかさ 渋谷店
TEL:03-6427-9964
住所:東京都渋谷区渋谷3-14-4
最寄駅:渋谷駅(新南口、東口)
営業時間:11:00~麺切れしだい終了
定休日:日曜日

スポンサーリンク

 関連記事