行列の先にあるウマウマ総本山!横浜家系ラーメン発祥の名店!吉村家(横浜駅)

R0001966df2-icon

横浜駅の西口から歩くこと10分ぐらい。
ダイエーやドン・キホーテなどが立ち並ぶ、わりとにぎやかな通り、通称「パルナード通り」を抜けたところに、吉村家はあります。

スポンサーリンク

家系総本山 ラーメン吉村家@横浜駅

家系総本山ラーメン吉村家@横浜

休日ともなると、お店の前にはモノスゴイ勢いの行列ができてて、並ぶかどうかいつも躊躇してしまう超人気店。

お店の前から5差路の交差点まで伸びる行列

周辺にはラーメン屋や、つけ麺屋が他にも立ち並ぶ、THEラーメン激戦区だが、吉村家の前だけはいつも行列が長くできてる。

お店の前から5差路の交差点のとこまでズラ~っと行列ができとるやん。。。

「どうしよう。。。超行列やし、これは時間がかかりそ〜。。
でも家系ラーメンの総本山を試してみたい!行列ができる理由を確かめたい♥」
そんな安直な理由で並んでみることにした。

お店に付いたら行列は気にせず、まずは店内の券売機で食券を購入だ。

店内に置かれた白い券売機2台

スポンサーリンク

メニュー

券売機のメニュー

  • ラーメン 660円(中盛760円、大盛り890円)
  • チャーシューメン 750円(中盛920円、大盛り990円)

の基本2ラインナップ。

店頭に貼られた、手描きのトッピング系のメニュー

その他はトッピング系のメニューを選択でき、

  • のり 50円
  • 味玉 60円
  • 野菜畑 70円
  • 辛みそネギ 100円
  • 玉ねぎ 70円

などなど。店頭に書かれた手描きのトッピングメニューもあり、ほぼ100円以下で好きなトッピングマシマシできるようだ。

中にはカウンターで現金決済アリなものもあるみたいだ。生玉子30円とか総本山の店として良心的すきるやろ!。。

基本のラーメンが660円で供されてて、まさに庶民のラーメン価格を守ってる感じがウレシイなぁ。トッピングに関しても、海苔50円とか味玉60円とかで良心的♪

横浜という場所柄、基本のラーメンが700円以上しそうなもんだが、基本形のラーメンが660円はカナリ安いしアリガタイなぁ。

食券のカラフルな札。ラーメン、のり、味玉

とりあえず初訪問やし、基本のラーメンをポチッとな。
ラーメン安いし勢いで、のり+味玉も追加でポチッとな。

交差点のところまで伸びる長い行列の最後尾

とりあえず5差路の交差点までズラ~っと並んだ列の最後尾に並んでみた!

行列でないことが理想ではあるが、待ち時間がどれだけかかるのか「並ぶ楽しみもありっ!」ということで、待ち時間を測ってみることにした。ちなみに、最後尾から先頭まで60人前後いるぜよ!!すげ〜、まじかよっw

店頭は大行列の吉村家

行列はお店の前まで来ると、ぐるりと1周ベンチが置かれてるので、座ることができる。

通りにならんで先頭で折り返し、さらに店頭のベンチで並ぶ

行列の先頭7人目ぐらいになると、食券の有無を確認され入店する。

ホントは食券を買ってから列の最後尾に並ぶのが基本らしいが、初訪問やったり食券買い忘れても、列の先頭まで来て購入できるので、ノープロブレムやね♪

また、カップルやグループで訪問の時も、必ず横並びグループ単位で案内してくれるので安心。

そして、行列に並ぶこと50分ぐらいで入店することが出来た!1時間まではかからないが、50分という絶妙な時間。。

行列の長さからなのか、空腹感が50分ぶん追加されたからか、ラーメンに対するテンションは上がりっぱなしだぜ〜♪

カウンター席につくと、食券を目の前に出し、ラーメンの好みを店員さんに告げる。

ラーメンのおいしい食べ方と、麺のかたさ、味の濃さの案内

  • 麺の硬さは、かため、ふつうめ、やわらかめ、少なめ
  • 味は、うす口、濃い口
  • 脂は、多め、少なめ

などなど選択可能だ。

とりあえず、麺だけカタメでお願いしてみた。

店内の赤いカウンター

店内はかなりの広さで、厨房に面したカウンター席がメイン。

脇には4人がけのオープン小上がり席(お座敷?)があるようだ。

卓上の調味料類

カウンターの上には、拉麺コショウ、ゴマ、北海道行者ニンニク、ニンニクチップ、カラシみそ、きざみ生姜、ラーメン酢などの調味料類が置かれてて、追加味付け上等感が漂ってる。

ニンニクは「ラーメン酢」にも入ってて、かなりニンニクが強化されてるようだ。

厨房内では、男子店員さん中心にラーメンが作られてる。白いTシャツに白い長靴。ラーメン屋さん定番のタオルのねじり鉢巻が、ラーメン職人感アリアリな感じだ。

卓上の調味料類の案内と、麺のかたさなどの案内

ラーメンは基本的に入店した人数分のロット単位で作られてて、5人分〜7人分位を一気に作られ、麺の硬い方から順番に供される。

そして着席オーダー後、3分ほどでラーメンが供された。

ラーメン

ラーメン@のり増し、味玉つき

ぬぅおおおお〜!
横浜家系ラーメンの基本形のビジュアルだぁ〜!発祥の店だからアタリマエか〜ww

黒いラーメン丼に褐色のスープ。脇には海苔がズラリと並べられ、真ん中にはホウレンソウ。家系のルックスはコレですよ、コレコレ!

鶏油が浮いた、褐色のラーメンスープの表面

提供時には「味の濃い薄いなどありましたら、調整しますので、どうぞお声がけください!」と案内される。客に対する味の嗜好を合わせてくれる、心地いいサービスだ。

まずはスープを一口すすってみた。

おおうっ!うまいっ!

豚骨醤油ラーメンということで、荒々しい感じかと思ったが、意外にも豚骨臭さは抑えめで啜りやすいスープだ。

スープを赤いレンゲですくってみた

味の濃さはフツーでお願いしたが、かなりガツンと来る味わいで、啜りやすさとハードパンチを両立した感じだ。うまい!

ホウレンソウ、味玉、海苔が入ったラーメンスープ

「豚骨と鶏ガラベースに特製醤油ダレ」らしいが、鶏ガラと豚骨の絶妙なバランス感で、豚骨ベースとは思えぬほど啜りやすいラーメンだ。

中太平打ちタイプの麺@カタメ

麺は中太で若干平たい、平打ち麺という感じ。
カタメンでお願いしたが、これがまた豚骨醤油スープにベストマッチング。

プリプリとまで行かない、小麦感が若干残る絶妙な硬さの麺。

中心に適度にコシの残る麺にスープが絡んでくるぜ。うまい。

ホウレンソウ

ホウレンソウを絡めて食べると、独特のホウレンソウ苦味とパンチのあるスープがコレマタよく合う。

ラーメンというと栄養のバランス感があまりない感じだが、野菜とのバランスを考えたトッピングが何ともウレシイ♪

燻製の香りがスバラシイ、大判チャーシュー

チャーシューは大判のものが1枚入ってるのだが、口に含むと「ふわっ」と燻製されたスモーキーな香りが鼻孔をくすぐる。

叉焼の食感自体は、肉肉しい感じと脂身を両立させたTHEチャーシュー的感じなのだが、燻製の香りがカナリ絶品で、燻製系チャーシューの中でも格段に上品かつ心地よい香り。

燻製チャーシュー、メチャうまし!

メニュー構成がラーメン&チャーシューメンなのが納得できるチャーシュー。まじうまっ!。

味玉の断面。黄身はしっかり固まってる

味玉ははパカっと割ると、ほぼ固まってる感じの味玉。

味付けは抑えめなので、ラーメンのスープとスルッと啜ると、口の中で心地よいラーメンスープと玉子がパラダイス銀河。

この味玉が60円で追加できるなんて、ラーメン屋としてステキすぎる♥

スープでヒタヒタにした海苔

海苔もいい仕事してくれてて、スープでヒタヒタにした海苔をパクツクと、磯の香りがフワ~っと口の中に漂う。

豚骨鶏ガラ醤油のハッキリしたスープの味わいに、海苔の香り。ウマウマ!

ラーメン丼の脇に差された海苔は家系ラーメンの証

海苔の乗ったラーメンはたくさんあるが、やはり家系のデカイ海苔が、丼の脇にズカズカ並ぶのを見ると壮観。これぞ家系の醍醐味やなぁ♪

見た目もそうだが、なんとなく海苔があるだけで、豪華絢爛なラーメンとして頂けるんだよなぁ。。

ラーメンに酢の案内

麺も少なくなった最後のほうで、卓上の調味料で一番気になる「ラーメン酢」を少量入れてみた。

「ラーメンに酢とか、どないやねん!」とも思ったが、意外にもサッパリとして全体を円やかな味わいにしてくれる。更にニンニクの香りがほんのり効いてきて、酢でサッパリさせつつニンニクガッツリ上等!という感じ。

中太平打ちのラーメン麺

そして、最後まで海苔を絡めたスープ&麺をすすり完食だ。

家系総本山吉村家のラーメン全体のビジュアル

食べてみると、

豚骨醤油ラーメンということで、はじめはハードな感じの豚骨かと思ったが、鶏ガラや鶏油(ちーゆ)も効いた、味わい深いラーメンに大満足。

豚骨具合は抑えめながら、全体としてはハードなパンチのあるスープに仕上がってて、食べ応えのある内容だった。

もちろん、ホウレンソウ、丼に差された海苔など、横浜家系ラーメンの発祥たる吉村家のラーメンを頂き大大満足♪

豚骨ラーメンでもない、醤油ラーメンでもない、まさに「家系ラーメン総本山、ここにあり〜!」という感じだったなぁ。

店頭に書かれた統将の言葉「お客様は我が味の師なり」のノボリ

特筆すべきは、横浜家系ラーメンの総本山「吉村家」の存在だろう。

吉村家の店頭の行列

家系総本山とは
1974年、横浜新杉田に一軒の小さなラーメン店がオープンした。
とんこつと鶏ガラをベースにしたコク深いスープに特製醤油ダレ。
この一品が、やがて驚くほどの評判を呼び、横浜ラーメンの名店として世に知られ渡ることとなる。その店こそ、いま“家系”と呼ばれる全国のラーメン店の頂点に立つ「吉村家」である。吉村家公式サイトより

全国に広がる、吉村家直系店の「横浜家系ラーメン」。その総本山と崇められてる吉村家。

今回、意を決してスサマジイ行列に並んで食べてみたが、行列に並んだことを忘れてしまうほどのウマサに大満足やし、「コレが家系の総本山なのかぁ〜〜!!」と思うだけだ感動もひとしおだ。

ちなみに「◯◯家」とか「家」がつくお店でも、吉村家の直系でないお店もあるようだ。(直系店は吉村家公式サイト参照)

直系でなくても「家」という文字がつく家系ラーメンのお店は世の中に多数存在するが、豚骨醤油ラーメン屋としてのステイタス的な部分が「家」という文字にはあるのだろうと思ったりした。

いろんな家系はあると思うが、やはり総本山の吉村家もしくは直系店のお店の家系ラーメンは、本来の横浜家系ラーメンあり方を確かめられるお店なのかと思われた。

ドン・キホーテとダイエーがある横浜駅西口パルナード通り

そしてなぜだか、3日後(平日)にも訪問してしまい、またラーメンを食べてしまったw
このウマサは、禁断症状があるのかもしれないなぁw。

平日だと行列もなく、店頭のベンチ待ちぐらいなので、待ち時間は10分程度。時間のない人は平日がオススメですね!

平日の吉村家の店頭。行列はない!

横浜で家系ラーメン気分の時は、また総本山を参拝したい。

横浜駅西口、相鉄線側

次回こそは、アノ燻製チャーシューのたっぷり乗った「チャーシューメン」を食べてみたいなぁ。。

横浜駅西口、バスロータリー側の横浜駅のデカイ文字

ご馳走様でした〜♪

店名:吉村家「よしむらや」
TEL:045-322-9988
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ1F
最寄駅:横浜駅、平沼橋駅
営業時間:11:00~翌0:30,日祝11:00~23:30
定休日:無休(年末年始、研修の日などはお休み ※要確認)

スポンサーリンク
R0001966df2-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!