魚介中華そば 幸(木場/ラーメン、つけ麺)

木場駅から東陽町に向かって永代通り沿いに歩くこと3分ぐらいかな。
ローソンを目印に曲がってスグのところに「魚介中華そば 幸(さち)」はありました。


魚介中華そば 幸@木場

何気にこの界隈は、ラーメンつけ麺激戦区地帯で、吉左右、◯心厨房、美学屋、トナリのタンメンなど強者ぞろいですね〜。
激戦区の中なんで、なんだか期待しちゃいますよ〜♪

外観は塗り壁ぽい和風な佇まいで、店頭には立看板も置かれてますね。

店内に入るとまずは食券を購入します。
デフォルトメニューは、
中華そば 700円
つけそば 800円

つけ麺のことは「つけそば」と表記されてるようですね。

トッピングメニューもあり、煮玉子や焼豚ボタンがありますね。
全部入った「特製中華そば」と「特製つけそば」が一番ボタンも大きくおすすめメニューのようだ。

その他、「炎のつけそば800円」や「しなそば650円」なんてのもありますね。

メニューの中から「つけそば800円+煮玉子100円+大盛り100円=1000円」を押してみました。チョト高いなぁ。。。

店内は奥に長くのびていて、厨房に面したカウンター席のみ。
厨房内では年配の男子店員さんと若そうな女子店員さんの2人で切り盛りされてます。

そして15分ぐらいで「つけそば」が供されました。


つけそば大盛り+煮玉子

なんだか、つけ汁が泡だってますよ〜♪

まずはつけ汁につけて頂いてみた。

つけ汁は割と粘度も少なくサラリとした感じだ。
魚介ということだが、魚介の押し出しはそこまでなく、どちらかというとベースの豚骨の甘みの方が強い印象だ。

魚介の感じはホンノリという感じかなぁ。。

溫度はあつあつですね。

魚介系というとガッツリ濃厚でドロドロしたつけ麺が多い中、幸さんのつけ麺はベースの豚骨の方にウエイトを置いているのか、魚介の感じは至っておだやか。

つけ汁の中には一口大に切られたチャーシューが多めに入ってる。
麺を啜るといい塩梅にチャーシューが絡んできますね。

麺はもっちりとした食感の中太麺。
若干ウエーブがかかってて、つけ汁の絡みもイイカンジ。
小麦の香りもしてナカナカ美味しい麺ですね〜♪

麺の量は標準サイズのラーメンどんぶりにスリキリ一杯ぐらい。
今回の大盛りは普通の盛りの1.5倍ということだが、フツー盛りだと意外と少ないかも。。

トッピングの煮玉子は文字通り「煮たたまご」。
味付けは殆どされてないシンプルな煮玉子だ。
つけ汁が濃厚でない分、玉子はもうちょいパンチが欲しいなぁ。

最後はシメのスープ割りを頂きました。

もともとそこまで濃厚でないつけ汁なんで、そのままでも飲めそうだったけど、
やはりつけ麺の最後の儀式として頂いてみた。

食べてみると、魚介をウリにしてる「幸」さんのつけ麺だったが、魚介のパンチよりもベースの豚骨の押し出しが強い感じだった。

魚介系のパンチはおさえめだが、甘みのある豚骨ベースの出汁と魚介のバランスが取れてるという感じかなぁ。。

「魚介」という文字に魚介モード全開で訪問してみて、チョイ肩透かしな部分もあったけど、これはこれでなかなか美味しいつけ麺でした。

木場に行くときはまた訪問したいと思います。
次回は中華そばの方を試してみたいなぁ。

ご馳走様でした〜♪

店名:魚介中華そば 幸
TEL:03-6666-2103
住所:東京都江東区東陽3-6-2
最寄駅:木場
営業時間:11:30~15:0,17:00~24:00 
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事