麺や 璃宮「りきゅう」(錦糸町/つけ麺)

錦糸町から歩いて5分ぐらいのところ。
四ツ目通りに面した交差点のところに「麺や 璃宮」はありました。
場所的には住吉からのアクセスの方が近いかも。


麺や璃宮@錦糸町

外観は飾らない看板にデカデカと「璃宮」と書かれてますね。

正式店名は「離宮」ではなくて「璃宮」の漢字なんですね~
なんだか中華料理屋のような感じもする店名だなぁ。。

店内は厨房に面したカウンター席と、その後ろに同じようにカウンター席が並んでいる。
まるで学校の教室のような感じで、全員が厨房側を向いて食べるような感じだ。

メニューは、ラーメン、つけめん、油そばの3種類に絞られているシンプルな構成。
それぞれ、味玉入り、チャーシュー入り、全部入りのトッピング設定がされてます。

最近つけ麺ばかり食べているけど、またまたつけ麺をオーダーしてみました♪
定番の味玉を追加しようとしたが、こちらのお店味玉でなく、燻卵「くんたま」が設定されてるようだ。

厨房内では若い男女がつけ麺を作られてます。
チャーシューだろうか、ジュージューと焼いている音が聞こえてきますね〜♪

そして15分ほどで燻玉つけ麺が供されました。


燻玉つけ麺

黒っぽいつけ汁の上には海苔が浮いてて、その上には魚粉がのせられてますね。

まずは魚粉をつけ汁に広げ、一口いただいてみた。

濃厚な豚骨+魚介スープで、かなり魚介がたってる感じだ。
いわゆるオーソドックスな濃厚魚介つけ麺という味わいだが、ベースの豚骨もしっかりうま味が出ていてナカナカ美味しいです。

つけ汁は濃厚な魚介なんだけど、ドロドロした感じではなく、トロリとする程度。
麺への絡みはホドホドな感じだが、濃厚なつけ汁ゆえにこのくらいでちょうどいい感じだ。

麺は浅草開化楼の太麺。
もっちりとした食感で濃厚なつけ汁をグイグイたぐり寄せてくれる。

普通盛りの300gだがしっかり食べ応えアリですね。

トッピング類は全てつけ汁の中に収まってますね。

燻玉をパカっと割ると黄身はわりとシッカリ目に固まってますね。
口に含むと燻製された濃い目の風味が口の中にぶは〜っと広がります。
スモークチーズなんかの表面のアノ風味で、つけ汁と一緒に啜るとまた格別だ。

チャーシューはカナリ大きめで、つけ汁の底に沈めてあります。
チャーシューはバラ肉ロールで、引き出してみると、表面はこんがりと焼き目が入っていて、焼いた風味が引き立ってる。

丼の底に沈めることで温かさ保たれるはずだけど、あえて単独で焼いて温めて、こんがり焼いた風味を加える演出がステキです。

メンマは太めのタイプで、食感はゴリゴリっとした食感のメンマ。
食べ応えもナカナカありますね〜。

そして最後はシメのスープ割りをお願いしてみた。
魚介の風味がやわらいで、シメのスープ割りとして美味しく頂けました。

つけ麺のあとのカレー風味「わりめし」も準備されてるみたいでしたが、お腹いっぱいになったんで、次回試してみよっと。。

食べてみると、魚介と豚骨の濃厚なつけ麺で、いわゆる「濃厚魚介つけ麺」のスタンダード的なつけ麺だったけど、しっかりとした豚骨のうま味と強めの魚介風味にインパクトがあり、基本に忠実でありながらシッカリとした「濃厚魚介つけ麺」という感じだった。
また、チャーシューに焼きを入れて風味を出したり、味玉でなく燻玉を使うなど、細かい演出も光っていた。

濃厚な豚骨魚介つけ麺が好きな人にはかなりオススメですね。
時間が経つと、「基本の濃厚魚介」ということで、また食べたくなるような味だったなぁ。

次回はお店イチオシだった「油そば」の方も試したいと思います。
ご馳走様でした〜♪

店名:麺や 璃宮
TEL:03-5600-0038
住所:東京都江東区毛利1-18-6 錦糸町グリーンハイツ 1F
最寄駅:錦糸町、住吉
営業時間:11:30~24:00
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事