天すけ(高円寺/天ぷら,玉子ランチ)

揚げたて天ぷらがタマラ〜ン!至福の玉子ランチ「天すけ」@高円寺

お店の外観 店頭の看板 店頭の立看板

平日の12:30頃に訪問。高円寺駅から電車の脇道を歩きつつ5分ぐらいの立地でした。
マイレビュアーの皆様の評価も高く、期待に胸を高鳴らせながらの訪問となりました。

お店に着くと店先には4人のリーマンが列んでいました。それから10分ほど店頭で待ち、お店に入ることができました。
入店後、後ろにも計7人待ち、、、おそるべしですね。

店内に入ると1席だけ席が空いていました。大将が天ぷらを揚げている目の前で、まさに相撲で言うところの砂かぶり席。最高の席に座らせて頂きました!
店内は満席状態で、上盛り合わせ定食+瓶ビールで楽しんでるスーツ姿のリーマンの方もいらっしゃいました。

店内に貼られたメニュー

そして大将に玉子ランチをオーダーしました。醤油と甘いタレ、どちらがいいですか?と聞かれ、
「どっちがオススメなんですかぁ?」と聞いたところ、
「どっちもオススメなんで、甘い方にしましょう。醤油は次回にしましょう、、」とのこと!

ステキです。もう完全にリピーターになりました。(笑)

たまごの天ぷらがのったゴハン

その後、待つこと5分ほどで玉子の天ぷらの乗った丼が出てきました。
大将曰く「この玉子、半熟なんでつぶして見てください。使用前と使用後でイイ感じに比較できますよ〜」とのこと。

たまごを割ってみたら半熟の黄身が飛び出し、ごはんに染み渡りました

そして真ん中にある黄身の部分を十字に割ってブチューッとご飯に広げると、見事に半熟玉子がご飯に染み渡りました。ビジュアル的にもすばらしいです。

ゴハンの上で広がった玉子をご飯に絡めて食べ続けると「タマラン!」しか言葉が出ませんでした。ご飯+半熟の玉子の黄身+衣に付いたゴマ油+甘いタレ。一緒にかき込むと絶品です。

気がついてみると玉子の乗ったご飯だけで半分以上かき込んでしまってましたね(汗)

天ぷらは別皿で盛られます

かき込んでいる間に天ぷらの盛り合わせが目の前に鎮座していました。

エビ天

まずはエビ天から。大振りではありませんでしたが海老の旨味はしっかり。

小エビのかき揚げ

続いて小エビのかき揚げ。小エビがゴロリと入ったかき揚げで衣のサクサク感と小海老のプリプリ感が最高。

キス天

キスの天ぷら。淡白な魚「キス」ですが、天ぷらにすることでこんなに美味しく頂けるのかと悶絶しました。
メニューに書いてあった「天すけ特製ゴマ油で旬を揚げます』がわかる美味さでした。

ピーマン天 ナス天 ブロッコリー天

その後ピーマン、ナス、ブロッコリーを頂きましたが、シンプルな野菜の素材感がそのまま残っている所にサクサクの衣の歯ごたえ。おいしいです。

イカ天。柔すぎて食感が良すぎです

最後に残った天ぷらを食べたのですが、はじめは何の天ぷらか分かりませんでした。
味と食感を確かめ、「カマボコ?まさか、、、ホタテ貝の柔らかいところ、、、?」やわらか過ぎて答えが出ませんでした。

大将に「これ何ですかぁ〜?」と質問すると「イかですよ〜。一匹づつ皮を取ってやってるので柔らかくて食感がイイでしょう!」とのお言葉が、、、良すぎです、、、イカの概念が変わってしまいましたよ。。

そして玉子天と天ぷらを堪能してお店を後にしました
天ぷらの素材感。半熟あげ玉子とご飯のハーモニー。最高でした。

オーダーの際に大将の言っていた「次の玉子ランチのときに醤油にしましょう。今回はタレでいってみましょう、、、いろんな意味で心に響きました、、、」
大満足の「てん助」でした。「再訪しまくり千代子」間違いなしですね。

次回はアルコールOKな時間で訪問してみたいです。できれば天ぷらをツマミに、シメで玉子丼で!

店名:天すけ (てんすけ)
TEL:03-3223-8505
住所:東京都杉並区高円寺北3-22-7 プラザ高円寺 1F
最寄駅:JR中央線高円寺駅
営業時間:火〜日12:00〜14:00,18:00〜22:00
定休日:月曜

 関連記事