東京トンテキ(渋谷/ステーキ)

渋谷駅東口から明治通りと246号線を交差する歩道橋を渡ってスグ。
ビルの2Fに「東京トンテキ」はありました。
渋谷ヒカリエからもスグですね。


東京トンテキ@渋谷

階段を上がるとスグに店内にたどり着きます。

店内は割とキレイ目で、オサレに食事をしたい女子にも使いやすそうだ。
厨房に沿ったカウンター席と、奥にはテーブル席もかなりありますね。
オープンキッチンになっていて、フライパンで豚テキを焼いてるところが見れます。

メニューは基本的に豚のステーキ「トンテキ」、豚のハンバーグの「トンバーグ」2種類だ。
アルコール類も充実しているようなので、ディナーで肉をつつくにも良さそうだ。

カウンター席に座り、メニュー中からトンテキ定食200gの1000円をオーダーしてみました。

そして10分ほどでトンテキ定食が供されました。意外と早いなぁ
焼いたフライパンのままアツアツで目の前にデーンと出されます。


トンテキ定食200g 1000円

フライパンの中には200gとは思えないほどのデカ肉が。。。
その大きさは手のひらサイズぐらいで、厚みは2センチクラス。でかい。

見た目に200gといいうことを疑ってしまうほどの大きさです。
お肉には切れ目が付いているが、自分で一口大にナイフでカットして頂きます。

一口食べると、肉質は豚肉にしてはケッコウ柔らか目。味わうとナカナカ美味しい豚肉です。
低い温度のラードでじっくり焼かれてるようで、「この柔らかさはホントに豚肉か?」という感じだ。

ソースはワインをベースにしているような感じで、B級グルメチックというより、どことなく上品さが漂う。甘みと酸味とほんのりとしたコクが漂い、サッパリと頂けるソースです。


▼トンテキ200g

豚肉は手のひらサイズでデカイのだが、脂身の量は肉の大きさの割には意外とひかえめ。
キャベツの千切りはけっこうな量で、豚肉の2倍近くありそうだ。お肉だけガッツリという感じでなく、シッカリお野菜補給できるのはありがたい。

卓上にはバルサミコソースとマヨネーズ、一味唐辛子があるので、味の変化も楽しめる。
バルサミコソースでさっぱり味に仕上げたり、マヨで酸味とコクを出したりと、まさにマイフェイバリット「トンテキ」に仕上げるのも可能なのだ〜。

ライスは大きめの茶碗に結構な量で盛られてますね。
トンテキの量にも十分対応できるライスの量だ。お漬物はシッカリ味の柴漬け。

味噌汁は豚汁で、豚肉は殆ど入っていないが、豚肉の端切れの小さい肉が豚肉のコクを出してくれてます。

食べてみると、「東京トンテキ」という店名を聞くだけでは、「結構ガッツリ食べれるB級グルメちゃうん?、、、」と思っていたが、ソースや豚肉の感じが本格的でなかなかパフォーマンスが高かった。良い意味で裏切られた感じだな~♪

お店の雰囲気もわりとオサレ目なので、女性にも入りやすい感じですね。もちろんガッツリいきたい肉野郎もOKなのだ。

200gでもしっかり大きめの肉だったし、コダワリのソースもなかなか美味しく大満足のトンテキでした。
渋谷駅前でこれで1000円はカナリお得かと。。。

ガッツリお肉気分の時はまたお邪魔したいと思います。
次回は500g特大トンテキかな〜。。。がっちゅり♪

店名:東京トンテキ
TEL:03-3797-9589
住所:東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル2F
最寄駅:渋谷駅
営業時間:11:00~15:00(L.O.15:00),18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事