カラシビつけ麺 鬼金棒(神田、秋葉原/つけ麺)

刺激的なシビレが襲ってくる「カラシビつけ麺 鬼金棒」

カラシビつけ麺鬼金棒のお店の外観

神田駅から歩いて3分ぐらい。神田駅からほど近いオフィスビルが立ち並ぶところにありました。
秋葉原からでも歩いていけそうな位置ですね。

外観は黒一色で店頭には鬼が持っているデカイ棒が置かれています。

カラシビつけ麺鬼金棒の店頭の券売機 カラシビストへの道。辛さとシビレの案内

お店の外に小さい券売機があり、上には「カラシビストの道」なる説明書きが書かれてます。

辛さとシビレをそれぞれ設定できるようで、どちらも抜き、少なめ、普通、増し、まで同料金で、鬼増しに設定すると100円アップのようです。

メニューは基本のカラシビつけ麺850円を中心に、もやしカラシビつけ麺950円、味玉カラシビつけ麺950円、特製カラシビつけ麺980円、肉増しカラシビつけ麺1050円。

トッピングは味玉やパクチー、炒めモヤシなどの設定があります。

麺の量は並盛(160g)、中盛(240g)、大盛(320g)まで同じ価格。並盛のときは「半玉子」か「半もやし」が付くようで、特盛り(480g)にすると100円増しのようです。

辛さとシビレとオススメのあつもりの案内

麺は「あつもり」でも「ひやもり」でも可能でしたの「あつもり」でオーダーしてみました。

辛さとシビレは食券を渡す際に店員さんにコールするシステムで、初訪問にもかかわらず辛さもシビレも「増し増し」でおねがいしてみました♪

店内の鬼の人形

店内はケッコウ狭くて厨房に向かったカウンター席のみ。
目の前でつけ麺を作るところがよく見えます。

セルフのお水の場所には紙エプロンも置かれているので、つけ汁飛び跳ね対策もキッチリされてますね。

お客さんは場所柄なのかリーマンの方が多いのですが、意外と若い女性の一人客もいらっしゃいます。
辛いものって最近は若い女性にも人気があるのかなぁ。。

そして10分ほどで「つけ麺」が供されました。

カラシビつけ麺の麺大盛り

うわ〜!山椒と辛子がかけられて辛そう〜(@_@)

カラシビつけ麺の黒いつけ汁

つけ汁の中にはチャーシューとモヤシがタップリ入っています。上にはヤングコーンが乗っていて、その上からタップリと山椒らしきものがかけられてます。
豚骨魚介系ベースのような感じですが、辛さとシビレの方が先に襲ってきます。

まずは熱々の麺をつけ汁に投入して食べてみると、まず辛さが口の中を襲ってきて、次にジンジンとしたシビレが襲ってきます。

どちらかというと辛さより山椒のシビレのほうが刺激的〜♪

カラシビつけ麺のストレート平打ち麺。 麺を持ち上げてみた。

麺はストレートな平打ち麺で、もちもちしています。

具材はトロトロのチャーシューで、辛さとシビレの刺激の中で、柔らかい肉の旨味がイイカンジですね♪
量も意外とたっぷり目♪

生々しい炒めモヤシも入っていて、弾力のある麺の中にシャキシャキ感が加わりイイですね〜♪

麺の量は大盛320gりにしてみたが、ガッツリお腹いっぱいとまではいかないが、普通のつけ麺より若干多い感じでしたね。

最後はスープ割りを頂きました。
つけ汁の元のシビレと辛さがやわらいで、違った感触で美味しくいただけました。

お店を出てもしばらく山椒のシビレがしばらく口の周りに残り、ジンジンとしたシビレの余韻を楽しみながらお店を後にしました。

鬼金棒の黒いのれん

食べてみると、辛さとシビレの「カラシビつけ麺」ということで、今回はどちらも増し増しで食べてみたが、辛さのインパクトよりシビレのインパクトが大きいつけ麺でした。
辛いもの好きの人には「増し」でも辛さが足りないかもしれないので、鬼増し100円は必須ですね。
シビレは「増し」でも十分にジンジンと刺激的でした。麻婆豆腐などに入っている山椒のようなシビレが好きな人にバッチリな感じですね。

ナカナカ斬新でオモシロイつけ麺に出会うことが出来ました。

神田に行くときは、またお邪魔したいと思います。
次回は辛い方を鬼増しでまいりたいと思います♪くぅ〜(@_@)

店名:カラシビつけ麺 鬼金棒
TEL:03-6206-0239
住所:東京都千代田区鍛冶町2-10-8
最寄駅:神田、秋葉原
営業時間:月~土・祝11:00~21:30,日11:00~16:00
定休日:なし(※要確認)

1 個のコメント

  • 特製カラシビつけ麺を食べました。「カラ」と「シビ」の量が選べます♪ カラシビつけ麺 鬼金棒@神田(東京)

    お越し頂きありがとうございます♪ 

    2013年4月、出張先は東京神田に出没v^^v 

    この日は、午前に商談があり意外と早く終わったため早めの昼食を取ることに゙☆( +・`ω…