ナポリタン発祥店!横浜野毛の昔懐かしい洋食屋さん!センターグリル

center-grill-naporitan-yokohama0979-icon

桜木町から歩くこと5分ぐらい。
夜になるとにぎやかな酒場となる、横浜のTHE飲み屋街「野毛」の中に「センターグリル」さんはあります。

スポンサーリンク

センターグリル@桜木町

センターグリル@横浜野毛

店頭の看板には「米国風洋食レストラン」と書かれていて、どうもアメリカ版の洋食が食べられるようだ。

こちらのセンターグリルさんはナポリタン発祥のお店で、B級グルメ好きには素通りできないお店。

店頭に置かれたメニューの立看板

センターグリルのケチャップナポリタン
野毛「米国風洋食 センターグリル」は昭和21年の開業時よりナポリタンにケチャップが使用されていた。
Wikipediaより

なるほどぉ〜!
ナポリタン発祥の説は数々あるようで、こちらのセンターグリル説、ホテルニューグランド説、海軍持ち込み説、三越発祥説、などなど。。諸説あるようだが、B級グルメの王道ともいえるケチャップナポリタンの発祥の地は、センターグリルのようだ♪

お店は青いテント地に「CENTER GRILL」の文字が光ってる。ロゴはなんとなくアメリカンな感じだなぁ。

店内のセンターグリルのサイン

店内に入ると「2階へどうぞ」の案内が書かれてて、基本的には2F席が中心。
1Fは厨房と2人がけのテーブル席2つと事務机、レジカウンターがあるのみ。

角を曲がったところにあるセンターグリルのもう一つの入口

L字になったお店の中心に厨房があるみたいで、もう一方のお店(支店?)もお店の角を曲がったところにある。いうたら、客席2箇所に厨房1箇所だ。

昔懐かしいレトロな店内

店内はレトロ感アリアリな感じで、お店のサインがなんともアメリカンチック。

ガシャンガシャンと音がする昔ながらのレジ

レジもかなり年季が入ってて、デジタルのこの時代には珍しい「ガシャン!ガシャン!」と金額が出るタイプだ。なんだかレトロ感アリアリだ♪

スポンサーリンク

メニュー

センターグリルのおすすめメニュー

  • スパゲッティナポリタン 720円
  • 特製オムライス 850円
  • オムハヤシライス 850円
  • カツカレー 920円
  • イタリアンハンバーグ 970円
  • 浜ランチ 1050円

などなどのオススメメニューのラインナップ。

レギュラーメニューの数々

その他、魚貝料理、肉料理、サンドイッチなどなどの料理も準備されてる。

どのメニューも「洋食屋」としては割とお手頃で、料理を組み合わせた定食的なものでも1000円前後。
洋食屋というとお値段もソコソコ張る店もあるのだが、センターグリルさんは、まさに大衆洋食屋とでもいうべきか。

グランドメニューを見てると、美味しそうな料理の数々で思わず順番に眺めてしまう。でも、今回はナポリタンの原点を味わいたい!

メニューの中から選ばない理由が見つからない「ナポリタン」をお願いしてみた♪

卓上の調味料類

厨房の中からはオーダーが入るたびに威勢のいい男子の掛け声が響いてる。まさに体育会系の元気な厨房の声だ。

ナフキンに包まれたフォークとスプーン

そして15分ほどでナポリタンが供された。

ナポリタン

センターグリルのナポリタン

ぬぅおおお〜!

楕円のステンレス皿に盛られ、ケチャップでオレンジ色に染まったナポリタン。見た目、ハムとタマネギが沢山入ってて、具沢山な感じがウレシイ。しかもナポリタン発祥のお店ということもあり、感動もひとしおだ。

ナポリタンをフォークで巻いてあげてみた

まずはクルクルッとフォークで巻いて頂いてみた。

もっちりソフトな食感で、かなり太めのパスタを使われてるようだ。
なんというか、「ふくよかな感じ」とでも言うべきか。うまい。

これがナポリタンの原点と思うほどに、ホントに味わい深いなぁ。

ハムとタマネギがふんだんに入ったナポリタン

麺にはしっかりケチャップが絡んでるが、しつこさがなくスルスル入る。

ケチャップの甘味もさることながら、よーく炒められたタマネギの甘味が全体に回ってる。

ケチャップで染められたオレンジ色がビューティフル

具材は、ハム、タマネギ、ピーマン、マッシュルームのシンプルイズベストなフォーメーション。
ハムとタマネギが結構多めに入ってるのぅ。

定番の粉チーズは、あらかじめかけてある

ナポリタンのお供「粉チーズ」は提供時にあらかじめ掛けてある。
ケチャップ味にタマネギの甘味が効いてて、さらにその上からチーズのコクが効いてる。うまい♪

卓上のタバスコを掛けてみたが、これまた絶品♪ナポリタンにケチャップは、けっこうムセルことが多いのだが、タマネギとチーズの甘味の効いたナポリタンには、タバスコが非常に合う。

付け合せはポテトサラダと千切りキャベツ

付け合せはポテトサラダと千切りのキャベツ。

ポテトサラダはやさしい味わいの手作り感が伝わってくる味付け。
キャベツはシャキシャキで、ナポリタンの箸休めにイイカンジだ。(フォーク休めか。。)

けっこうシッカリ目の量のナポリタン

ナポリタンの量は見た目フツーに見えたが、食べてみるとけっこうシッカリ目。
けっこうお腹いっぱいになり完食だ。

センターグリルの店頭の行列

食べてみると、

もっちり太麺に炒めたタマネギの甘味が効いた、優しい味わいのナポリタン。日本独自のスパゲティでもあるケチャップナポリタン元祖の味わいは、なんとも懐かしい味わいで、なんだかホッコリとした気分になれる優しいスパゲティだった。

飲み屋がたくさん並んでる横浜野毛の飲み屋街

日本の洋食や喫茶店の定番アイテムとも言える「ナポリタン」。
今ではB級グルメの王道とまで言われ、世の認知度も高く、確固たる地位を確立してる料理だ。
最近ではナポリタン味のアイスなんてのもあるぐらいやし。。

大人から子供までみんな大好きナポリタン。その発祥たるセンターグリルさんで味わうナポリタンだけに、感動もひとしおだ。

横浜野毛の飲み屋街の入口にあるセンターグリル

お店のホームページを見ると、

当店は創業昭和21年、戦後間もなく野毛・柳通りにオープンいたしました。
「安くて栄養のある美味しいものを、沢山の人に気軽に食べてもらおう」をモットーに現在まで変わらぬ味を提供し続けています。
センターグリルHP

とのことだ。

戦後間もない頃から、「安くて美味しいものを」という思いでナポリタンを提供し続けてるセンターグリルさん。

JR桜木町駅

洋食屋さんにしては比較的お手頃な価格帯やし、特にナポリタンフェチには必食やと思うなぁ。

野毛で洋食気分の時はまたおじゃましたいな。

桜木町駅から見た、横浜ランドマークタワー

次回はオススメだったオムライスも食べてみたいなぁ。

ご馳走様でした〜♪

店名:センターグリル
TEL:045-241-7327
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1-9
交通手段:JR,横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅 京急日ノ出町駅
営業時間:12:00~21:15(L.O.)※ランチメニューは終日可能
定休日:月曜日(※要確認)

スポンサーリンク
center-grill-naporitan-yokohama0979-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!