饗 くろ喜「もてなし くろき」(秋葉原、浅草橋/ラーメン)

秋葉原から総武線沿いに浅草橋方面に歩くこと5分ぐらい。
清洲橋通りに面したところに「饗 くろ喜(もてなし くろき)」はありました。


饗 くろ喜「もてなし くろき」@秋葉原

看板に書いてある正式名称は、昔の漢字で七を3つ書いた「くろ㐂」のようだ。
外観は白木を使った純和風な佇まい。
ガラガラと引き戸をあけて店内に入ります。

店内に入るとまずは食券を購入します。

基本メニューは、塩そば750円と味噌ラーメン750円の2通りで、細かくトッピングで分けられてます。

一番のオススメは一番上にあるでかいボタンの「特製塩そば」と「特製味噌ラーメン」のようだ。

塩ラーメンにもトキメクが、濃厚に頂けそうな「特製味噌ラーメン」を押してみました。

店内は厨房に面したカウンター席のみで、白木を使った純和風という感じ。
男子店員さん2人で切り盛りされてます。

店員さんのラーメン一杯に対する一つ一つのオペレーションに細やかさが伺えます。
出来上がりが楽しみだ〜。。

メニューには、自家製麺でスープ具材に化学調味料は使ってない旨の案内が書かれてますね。

卓上には塩そば用の乾燥梅干し、みそラーメンに入れると旨い香味オイルが置かれてます。

そして15分ほどで特製味噌ラーメンが供されました。


くろ喜 特製味噌ラーメン

たっぷりのトッピング具材で、麺もスープも殆ど見えない状態。コレはウレシイ♪

麺の上には2つに切られた味玉、大きめのチャーシュー2マイ、そして野菜がてんこ盛りで、キャベツ、ニンジン・もやし、ネギなどがたっぷりと盛られてます。ネギの上には赤黒い豆板醤らしきものが盛られてますね。

まずは一口麺を頂いてみると、シッカリとした太麺のに絡みつくスープが濃厚。
豚骨と鶏がらの他に、風味を倍増させるようなザラツキ感のあるピーナッツのような感じもあり濃厚。
クリーミーさもあり麺への絡み具合もイイカンジだ。

濃厚だけど化学調味料不使用ということが分かる自然な味わい。

麺は太麺で黒いつぶつぶが見えるほどの全粒粉。
ガッツリ濃い目のスープにとても合いますね。食感もシッカリとした噛みごたえだ。

野菜もたっぷりはいってるので、お野菜補給もバッチリ♪
どっしりとした太麺に絡めて食べると、シャキシャキ感が加わってイイカンジ。

ネギの上に盛られた豆板醤らしきものは、どことなく酸味とフルーティーな感じがあり、なんとなくチリソース的な感じがする。

野菜に絡めて食べるのもいいけど、スープに広げると濃厚なパンチのある味噌に更にピリリとしたアクセントが加わってコレもいい塩梅だ。

チャーシューは大判で脂身もほどほどに抑えてあり、どことなくヘルシー。
大きさ厚みもあり、食べ応えのあるチャーシューですね。

味玉は黄身が半分固まり始めてるぐらいの茹で加減で、シッカリ濃厚目のスープに絡めるとうまい♪

食べてみると、豚骨と鳥がらで取られたシッカリ濃い目のクリーミースープがカナリ美味しかった。
化調を使用しないスープや全粒粉の麺、そしてたっぷり目の野菜など、体にもやさしい素材でまとめられてるのもウレシイですね。

濃い目でクリーミーな感じのスープを麺に絡めて食べる感じなんで、「ラーメン>つけ麺」的な感じもした。

いつも行列ができてる「くろ喜」さんだったけど、今回訪問して行列ができるのも納得でしたね。うまいっすもん。

こりゃー、塩そばの方も是非試してみたいですね。
ご馳走様でした〜♪

店名:饗 くろ喜「もてなし くろき」
TEL:03-3863-7117
住所:東京都千代田区神田和泉町2-15
最寄駅:秋葉原 浅草橋
営業時間:11:30~15:00,18:00~21:00 水のみ11:30~15:00
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事