天正「てんまさ」 (仲御徒町/天丼、天ぷら)ハミ出し穴子天丼

仲御徒町から歩くこと5分ぐらい。
最寄駅で行くと新御徒町が一番近いかな。


天正「てんまさ」@仲御徒町

すえひろレンガ通り商店街の中にあり、地元の方達のショッピングスポットになっていて、なんだか地元密着型。
アメ横からでも全然歩いていけるエリアだ。

外観は青いテントになっていて、なんだか居酒屋チック。

立看板には天丼メニューの内容と価格が記載されていて明朗会計。
安心して入店できますね♪

店内はわりと狭い感じで、厨房に向かったカウンター席が中心。
テーブル席も3席ほどあるようだ。

ランチメニューは天丼と天ぷら定食で、具材で細かく分けてありますね。

江戸前穴子天丼 1000円(朝じめの活き穴子が三尾!!穴子好きにはたまりません)
ミックス天丼 750円(穴子、エビかき揚げ)
江戸っ子天丼 850円(穴子とエビとイカ)
ジャンボ海老天丼 950円(ボリュームあります)
エビ天丼 750円
かき揚げ天丼 750円
いか天丼 750円
お野菜天丼 750円
大江戸上天丼 750円(穴子と海老、小柱のかき揚げ)
天麩羅定食 並1100円 上1700円
などなど。

大盛りは全て100円アップで対応できるようだ。

メニューの中から、お店のイチオシの穴子がのってて、穴子好きにはたまらない一品「江戸前穴子天丼」をオーダーしてみました。

オーダーした後に穴子の数が足りなくなって品切れ状態との告知があったが、なんとか三尾揃いそうな感じで、ギリギリセーフでオーダーできました。

ちなみに、あなご天丼は看板メニューぽい感じで超人気メニュー。アナゴ丼目当てで来られて、売り切れ告知されるだけで次の日を狙って再訪問されてる方達もいました。

どんだけ穴子が旨いのかと、期待感倍増ですよ〜♪

厨房内では家族経営なのか揚げ物担当の若い大将らしき人と、盛り付けの奥さんらしき人、ホールをやってる年配の方がいらっしゃいます。

天丼は基本的に2人前づつしか作っていないようで、ランチの混み時間によっては30分ぐらい掛かりそうな勢い。時間に余裕のない人は、オープン直後狙いが必須かと。。。

そしてオーダーから30分ほどで着丼です。


江戸前穴子天丼

うほほほほ〜!
わんだほ~♪

穴子が丼からはみ出しとりますよ〜♪まさに、はみだしチャンピオン♪(汗)

箸の長さより長い穴子が3匹。どんだけデカイんだ〜という感じですYo〜♪

3匹の穴子の三兄弟が鎮座されてて、上から見てもご飯が見えない状態。
ご飯の上に乗っかってるというより、丼の縁に乗っかってる感じだ。


箸より長い穴子が3匹も

まずは1匹めの穴子にかぶりつくと、サクッとした揚げ具合で、甘めのタレがほどよく絡んでクドさもなくイイカンジです。

穴子自体は肉厚ではないがカナリの大きさ。脂身は少なめでサクッとライトに頂ける穴子だ。。
ライトだが穴子の大きさはカナリのもんがあり食べごたえは十分すぎ。

穴子と御飯に染み込んだタレは、江戸前とはいえど醤油出汁っぽさはおさえめ。
甘みとサクッとライトな感じは関西風の天丼と関東風の濃いめのタレの中間ぐらいの感じかな。


穴子でご飯がまったく見えない

穴子自体の脂のくどさもなく、サクサク、ぷりぷり、ご飯ワシワシで頂ける天丼ですね。

卓上の説明書きに書かれてる「山椒をかけて食べるのが江戸っ子」ということなので試してみたが、うな丼に山椒を掛けたような風味になり、「うん、これが江戸っ子で~い!」というようなキリリとした味変も楽しめました♪

付け合せの味噌汁は、ライト目の感じで、甘めの天丼にイイカンジで合いますね〜♪

食べてみると、江戸前天丼ということで、タレも濃厚で穴子の脂もシッカリの感じかと思っていたが、当日朝活き締めの穴子は脂のくどさがなく、サクッとライト目のタレと絡まってイイカンジだった、

脂の乗りもライト目な穴子だったし、揚げた油くどさも残ってなくてヘルシー感も漂う。

天丼というとどうしても油の感じが強く感じられるのだが、天正さんの天丼は揚げてる油の香ばしさと、穴子の脂のノリの感じが絶妙でカナリ美味しかった。

ランチタイムでも料理の提供時間は結構かかるので、天丼フェチでこれから訪問される方は早めの訪問がオススメだ。

御徒町あたりに来る時はまたお邪魔したいと思います。
次回はジャンボ海老天丼を食べてみたいと思います♪えび〜!

店名:天正 (てんまさ)
TEL:03-3831-9553
住所:東京都台東区台東3-8-8
最寄駅;仲御徒町、新御徒町、御徒町
営業時間:11:00~13:45(オーダーストップ13:00すぎ)17:30~22:00、土11:00~13:45
定休日:日祝日(※要確認)

スポンサーリンク

 関連記事