貝がビッシリで満足すぎる駅弁!品川名物 貝づくし弁当(品川駅/駅弁)

kai-zukushi-shinagawa11-01-icon

品川駅から新幹線で出張にいく時に、お弁当を買い込む最後の砦となるのがコチラの駅弁売り場。

場所は新幹線乗換え改札にある「新幹線改札内南コンコース売店」だ。店頭には「この先ホームには売店ございません」とも書かれてますね。

スポンサーリンク

品川駅@駅弁売り場

新幹線改札内南コンコース売店

新幹線に乗り込む前に、地元にちなんだ名物弁当がないのか調べたところ、品川にちなんだ駅弁「品川貝づくし」があり、早速買ってみることにした。

お弁当屋のおねえさんに聞いたところ、けっこう人気のある駅弁らしい。

品川駅乗り換え口改札

ちなみに販売元のジェイアール東海パッセンジャーズの情報によると、

昔から海と密接な関係であった品川にちなみ、貝を主役に採用。ハマグリ、アサリ、しじみ、貝柱をたっぷり使った内容にしました。
豪快さの中に深い味わいの貝めしです。
ジェイアール東海パッセンジャーズHPより

とのこと。

いまでは高層オフィスビル群が立ち並び、都内への玄関口として人の出入りの激しい品川だが、昔は貝などの海産物が豊富にとれた場所のようだ。

新幹線

さっそく貝づくし弁当とお茶を買い込み、新幹線の中で頂くことにした。

品川名物貝づくしパッケージ

パッケージは海をモチーフにしたような青色で、「品川名物 貝づくし」と書かれてあり、下の方に角印のような文字で「粋 美味究極 江戸前の味」と書かれてますね。

早速フタを開けてみた。

スポンサーリンク

品川名物貝づくし

品川名物貝づくし弁当

おおお〜

ビッシリと敷き詰められた貝の数々。
貝の種類もかなり入っているようで、これはビジュアル的にも満足度が高い。

ハマグリ、しじみ、あさり、貝柱、そして紅生姜が御飯の上に一面に広がっとる♪

はまぐり あさり

ハマグリとあさりは、甘めに炊き上げられてて、貝のプルンとした食感がいい塩梅。

しじみ

シジミはシッカリ濃い目の甘露煮っぽい感じで、ごはんのお供にピッタリの味わい。

噛むほどにシジミのエキスが出てきて、御飯と絡まるとナカナカうまい。

なんだか量もしっかり入ってるので、お酒で疲れた肝臓なんかにヨサゲな感じだ♪

貝柱

貝柱は小さい小柱みたいなのが大量に入ってる。
繊維質の歯ごたえが何ともイイ食感ですねぇ。

御飯は茶めしのようで、上には海苔、錦糸たまごが敷かれてます。
貝と海苔の磯の香りを絡めつつ御飯とともに頂くと何ともうまい。

貝の大きさは一つ一つは小さいんだけど、御飯が見えないくらいに敷き詰められてて、満足度は高いなぁ。

駅弁のわりには「かなり食べた〜!」という実感がする。

お弁当の付け合せ

付け合せは、厚焼きの卵焼きと青菜、シイタケ、筍、蕗などの煮物。

こちらも少量ずつだが品数が多く、付け合せとはいえ満足度が高い。

パッケージに書かれた注意書き

食べてみると、

品川名物の貝が御飯の上にビッシリ敷き詰められた「貝づくし」。
貝の量もしっかり多めで、駅弁とはいえカナリ満足度の高い弁当だった。

はじめは、貝+御飯のヘルシーな組み合わせなので、サクっとイケるのかと思ったが、意外と食べ応えのある駅弁だった。

全体量としてはさほど多くないのだが、色んなモノを少量ずつ食べてお腹いっぱいになる方程式にあてはまるお弁当でした。

昔は海鮮物が盛んな街だったという品川の歴史の一面も楽しめ、なんだか賢くなった感じだなぁ。。。

品川から出張の時はまた食べてみたい。

ご馳走様でした〜♪

商品名;品川貝づくし 900円
販売場所:品川駅東京駅、弁当売店
販売元:ジェイアール東海パッセンジャーズ

スポンサーリンク
kai-zukushi-shinagawa11-01-icon

 ■コメントとかをどうぞ!


 ■みなさんのツイート!

2 件のコメント

  • 一泊二日の東京出張からの帰り、ヨメさんに何かおみやげのリクエストは?と聞いたところ、このページが送られて「貝づくし」と。

    さっそく買わせていただきました。

  • ささきサン

    コメントありがとうございます。

    駅弁なんで、お土産とは想定外です。。
    でも、これだけの種類の貝がビッシリのってるし、
    海産物が名物だった品川ということなんで、
    お土産にもアリですね♪

    B級グルメ気分の時は、またお越しください。

    りっきー